MINI BLOG

2019.03.17

【ヘリテイジコレクションって何?】ローバーミニのノスタルジーな魅力を徹底解説!

 

今日は久しぶりにローバーミニの話題をお届けします。

今年(2019年)は、初代ミニ(オースチン・セブン、モーリス・ミニマイナー)の誕生から60周年を迎える年です。

今でこそBMWブランドに移行したミニですが、2000年でローバーミニが生産終了した41年の間、ほとんど形が変わらず生産され続けました。

そんな歴史があるクラシックミニは、ボディシルエット自体は大幅に変わらなかったものの、年代と共にパワートレインやグリルやテールライトなどの外装品、タイヤサイズ等など時代と共に少しずつ変遷しています。

歴史ある車と言うことで、あえて90年代のモデルを60年代の外観へモディファイするカスタム(Mk1仕様など)も人気がありますが、こういったカスタムはボディの板金加工など大幅な改造が伴い、当時の仕様にこだわればこだわるほど費用も非常に高額となるため気軽にオーダーできるカスタムではないのではないでしょうか。

「大幅な改造は嫌けど、折角ミニに乗るならノスタルジックな雰囲気がいい!」と言う、ちょっと欲張りな方にオススメしたいのが、1997年以降の最終モデルで登場した『ヘリテイジコレクション』です。

 

目 次

  1. そもそもヘリテイジコレクションとは・・・
  2. ヘリテイジコレクションのボディカラー
  3. 内装カラーとボディカラーの特別な組み合わせ
  4. 2台のヘリテイジとケンジントンが同時に入庫!

 

 

そもそもヘリテイジコレクションとは

iRでもたびたび在庫するローバーミニのヘリテイジコレクションの中古車。ボディと内装の組み合わせや選べるカラーなど、きちんと仕様を理解している方も少ないのではないでしょうか?

 

ヘリテイジコレクションとは、1997年以降(最終モデル)のミニクーパーとミニケンジントンに設定された、60~70年代に販売されていたボディカラー(ヘリテイジカラー)を復刻し、専用内装を組み合わせたモデルのことです。

 

 

ボディカラー毎に組み合わされる4系統の内装カラーが特徴で、シートの形状も通常モデルよりもフラットな形状に変わるなど、97年モデルの快適性はそのまま、ノスタルジックな雰囲気を楽しめる人気モデルです。

 

ヘリテイジコレクションのボディカラー

 

サーフブルー

1

 

アーモンドグリーン

20

 

ホワイトホールベージュ

 

チャコールブラック

1

 

ユーコングレー

1

 

ホワイトダイヤモンド

1

 

アンスラサイトブラック

21

 

以上の7色がヘリテイジコレクションのカラーです。

登場した際は、「アーモンドグリーン」、「サーフブルー」、「ホワイトホールベージュ」、「ユーコングレー」の4色でしたが、

  • ホワイトホールベージュ ⇒ ホワイト・ダイヤモンド
  • ユーコングレー ⇒ チャコールブラック(アンスラサイト)

といった具合に途中で変更されました。

 

ちなみに、ヘリテイジコレクションはミニクーパーとミニケンジントンのみのラインナップですが、メイフェアでもレギュラーカラーとして「チャコールブラック」や「ホワイトダイヤモンド」を選ぶ事が出来ました。ですが、組み合わされる内装は通常のメイフェアと同じチェック柄のシートです。

 

内装とボディカラーの特別な組み合わせ

ヘリテイジコレクションは、ボディカラー毎に設定される『カラードレザー&カーペット』の組み合わせが特徴。ボディカラーによって内装色が変わるのもヘリテイジコレクションならではの魅力です。

 

ポースリングリーン

アーモンドグリーンのボディに組み合わされるのがこちらの『ポースリングリーン』の内装。ポースリンとは磁器と言う意味です。

 

ホライゾンブルー

サーフブルーのボディと組み合わされるのが『ホライゾンブルー』の内装。ホライゾンとは水平線という意味。

 

タータンレッド

ホワイトホールベージュ、又はホワイトダイヤモンドに組み合わされるのがこちらの『タータンレッド』の内装。カタログでは「スコットランド調」と表記されています。

 

キュミラスグレイ

ユーコングレー、チャコールブラック、アンスラサイトブラックのボディカラーに組み合わされるのが『キュミラスグレイ』。キュミラスとは積雲という意味。

 

 

2台のヘリテイジコレクション&ケンジントンが同時に入庫!

 

さて、ここまで読んでいただいて、「ヘリテイジコレクションのミニが欲しくなった!」という方に朗報です!

以前からブログでお伝えしていますが、個体数がどんどん減っているローバーミニ。年々買い付けが難しくなっています。しかし、3月は車の売買が最も盛んになるシーズン。ローバーミニについても、泣く泣く手放されるお客様からのご相談が増える時期です。そんな背景もあって、3台のローバーミニがiRへやってくる事になりました。そして、なんと3台中2台がヘリテイジコレクション!

在庫一覧ページに掲載するまで少し時間が掛かるので、こちらのブログで撮って出しの先行情報をお届けしたいと思います!

 

ローバーミニ ケンジントン/ホワイトホールベージュ

 

こちらのケンジントン、注目して頂きたいのはそのボディカラーです。写真で見るとお馴染みの「オールドイングリッシュホワイト」のように見えますが、実際はもう少し暗めの『ホワイトホールベージュ』。

 

 

ヘリテイジコレクションはクーパーとケンジントンで選択可能ですが、ホワイト系のボディカラーはケンジントンしか設定されていません。更にこのホワイトホールベージュはヘリテイジカラーの中でも1年ちょっとで廃盤となってしまい、カタログ設定されていた期間が短くとってもレアなカラー!

その証拠にホワイトホールベージュがiRに入庫するのは過去5年で2台目という少なさです!

 

 

上の写真の奥に見えているオールドイングリッシュホワイトのミニクーパー40thと比べると、その色味の違いが伝わるかと思います。(写真で伝わるかな? 笑)

 

 

 

 

 

内装は赤でコーディネートされているのが特徴。シートやドア内張り、カーペットまで真っ赤です!ミニに似つかわしくないほどど派手なイメージですが、赤い内装はベントレーやロールスロイスなど英国の高級車で伝統的に採用されるデザイン手法。この辺は高級志向のケンジントンならでは。

 

■詳細スペック

モデル:ローバーミニ ケンジントン

ボディカラー:ホワイトホールベージュ

ルーフカラー:ホワイトホールベージュ

年式:1997年

走行距離:27,342km

シフト:4AT

車輌本体予想価格:2,500,000円(税込)

 

■整備履歴

平成10年11月 2,530km

平成12年08月 6,786km

平成13年08月 9,171km

平成14年02月 9,568km

平成16年08月 14,268km

平成18年08月 16,083km

平成21年03月 16,286km (弊社工場 iRMAKERS)

平成23年03月 19,947km (弊社工場 iRMAKERS)

平成25年03月 23,221km (弊社工場 iRMAKERS)

平成27年03月 24,918km (弊社工場 iRMAKERS)

平成29年03月 26,607km (弊社工場 iRMAKERS)

 

 

さらにこちらの車輌はiRで販売したミニで、ご納車以降、当社の工場iR MAKERSで定期的にメンテナンスされてきた車輌ですのでお墨付き!!

2年間で約3,000kmのペースで2年毎に欠かさず車検整備のためのメンテナンスを実施されてきて、走行距離も27,342kmと22年経ったローバーミニとしてはかなりの低走行車両。

 

ローバーミニ クーパー(ヘリテイジコレクション)/ユーコングレー

 

やさしい色合いで人気の『ユーコングレー』のミニクーパー。ユーコングレーと組み合わされる内装は『キュミラス・グレー』。赤いパイピングとの組み合わせは、独特の色合いでクラシカルな雰囲気を高めてくれます。

97年式のこちらのミニクーパー、塗装には年式なりのヤレ感がありますが、佇まいはしっかりとしていて、前オーナー様の愛情を感じることが出来きるコンディション。

 

 

 

 

 

 

 

純正ボンネットストライプを取り外して、ドアバイザーを追加した以外は、ほぼノーマルの内外装。オーディオも純正カセットのまま。クラシカルな雰囲気を壊さないように、ETCや電源ソケットは目立たない位置で取付されています。

こちらのミニクーパーも過去にiRで販売した管理車両なので、iRメーカースでの点検記録もしっかり残っており、機関状態は良好です!

 

■詳細スペック

モデル:ローバーミニ クーパー

ボディカラー:ユーコングレー

ルーフカラー:ホワイト

年式:1997年

走行距離:38,676km

シフト:4AT

車輌本体予想価格:1,950,000円(税込)

 

■整備履歴

平成10年06月 1,275km

平成11年06月 2,343km

平成13年06月 4,468km

平成23年01月 12,623km (弊社工場 iRMAKERS)

平成24年01月 15,979km (弊社工場 iRMAKERS)

平成25年01月 19,755km (弊社工場 iRMAKERS)

平成26年02月 24,111km (弊社工場 iRMAKERS)

平成27年01月 27,216km (弊社工場 iRMAKERS)

平成28年01月 29,825km (弊社工場 iRMAKERS)

平成29年01月 33,489km (弊社工場 iRMAKERS)

平成30年02月 36,318km (弊社工場 iRMAKERS)

 

 

H23年以降は全て弊社工場iRメーカースで点検整備を行っています。年間約3,000kmペースで、毎年欠かさずに1年毎の点検整備を受けて頂いていました。大事に大事に乗られていたことが分かる一台です。

 

 

ローバーミニ ケンジントン/ブリティッシュレーシンググリーン

 

走行距離が僅か18,500kmのミニケンジントン、こちらはなんとワンオーナーの車両です。ミニの定番中の定番といえるのが『ブリティッシュレーシンググリーン(BRG)』の塗装状態も艶やかで輝きがあり、とても大切に乗られていたことの分かるコンディション。

 

 

 

 

 

 

 

ウッドパーツには年式なりの日焼けはありますが、ケンジントンの特徴バーティカル・フルーティング(縦溝)のベージュレザーシートは綺麗な状態。フェンダーモールやワイパー、ドアインナーハンドルなどメッキーパーツで統一して、高級感をより一層演出。外装ではさざ波グリルや3ポイントヘッドライトなど、クラシカルな雰囲気を高めてくれるローバーミニの人気パーツを備えています。ステアリングはMOMOの希少なウッドタイプ。太めのグリップは操作性もGood!

 

■詳細スペック

モデル:ローバーミニ ケンジントン

ボディカラー:ブリティッシュレーシンググリーン

ルーフカラー:ブリティッシュレーシンググリーン

年式:1998年

走行距離:18,473km

シフト:4AT

車輌本体予想価格:2,250,000円(税込)

 

■整備履歴

平成11年02月 5,158km

平成24年11月 17,265km

平成27年04月 17,313km

平成29年04月 18,265km

 

 

保管されていた記録簿の点数こそ少ないですが、ほとんど走っていない走行距離ながら車検整備はきちんと受けていた事が分かります。新車から21年目で18,473kmの1オーナー車両。どれだけ大事にされていたのかを感じて頂けると思います。

もちろんご購入頂いた際にはiR MAKERSにて、徹底的な納車点検整備を行いますので安心してお乗りいただけます。

 

 

 

今回入庫した3台は、メンテナンス履歴がしっかりと残っており、愛情もって保有されていた事が分かる車両です。前オーナー様が大切にされていた気持ちを大事に受け継いでいただけるお客様に乗って頂けたら幸いです。

また、偶然にも3台ともATモデルとなりました。ATは壊れやすいのでは?と気にして敬遠している方も一部いらっしゃるようですが、きちんと整備して、尚且つ車への気遣いを忘れずに乗っていただければ、過度に故障を心配する必要はありません。実際に過去iRで売れているローバーミニの販売比率は、AT7:MT3とATモデルの方が多くなってます。

最近はAT限定免許と言う方も増えているのに加え、渋滞の多い都市部で使うにはATが楽という意見も人気の理由のようです。

 

今回はたまたま幸運にも3台まとめて入庫する事になりましたが、年間を通じてお買い付けできるローバーミニはどんどん減っています。

40年以上も生産されてきたミニですので、どんなコンディションでも良ければいくらでも仕入れることが出来ますが、これなら安心しておすすめできる個体は本当に少なくなってきています。

保存状態が良く、メンテナンスをきちんと受けてきたローバーミニの希少価値は上がる一方で、最近では海外に輸出されるミニも多く価格も年々上昇しており、特にここ2〜3年はかなり高騰していますので、購入を検討されている方はぜひお早めに行動に移して頂けたらと思います。

 

今回入庫した3台、在庫掲載はこの後随時行う予定ですが、既にショールームには展示中です!在庫掲載まで待ちきれないと言う方は、直接ショールームまでご来店下さいませ♪

 

関連ブログ

【保存版】覚えにくいローバーミニの内装について徹底まとめ!
【保存版】ローバーニのボディカラー徹底解説!(1997~)

 

この記事が良かったら
いいね ! をお願いします。

Twitter で