iR03-5797-2288iR MAKERS03-3766-3232

BLOG/ミニクーパーブログ

2017.11.16

限定車ハンプトンのジョン・クーパー・ワークス!?特別なクラブマンが2台も入庫中!!

名称未設定-1

 

R55型ミニクラブマンの中で、とくに引き合いの多いモデル『ハンプトン』。専用カラーで彩られた豪華仕様の内外装は、大人の色気を漂わせるシックなモデルです。2011年から2012年に掛けて限定生産され、既に生産から5年以上経過したモデルながら、iRでも非常に人気が高く、入庫後すぐに売切れてしまうことも・・・。

 

そんなハンプトンがこの度、2台同時にiRへ入庫したので、今日は少し紹介させて頂きたいと思います。しかも、2台ともただのハンプトンではありませんよ。

 

そもそも『ハンプトン』とは・・・

 

ハンプトンは、BMWミニクラブマンの前身ともいえる「モーリス・ミニ・トラベラー」や「オースティン・ミニ・カントリーマン」の誕生から50周年を記念したアニバーサリーモデルです。

 

162666l

 

モデル名の「ハンプトン」とは、ロンドンのハンプトン地区に由来します。ハンプトンコート宮殿などは観光地としても有名で、このハンプトン地区をイメージした、エレガントな豪華装備が特徴です。

画像引用:wikipedia

 

ハンプトンの特徴はなんと言ってもカラーリングと豪華な内装。ブラックを基調にしながら、ボンネットストライプやドアミラーキャップ、レザーシートのパイピング等の内外装至る所に専用色のダムソン・レッドが施されています。

※ダムソンとは「プラム」の意味

 

 

 

 

 

ハンプトン専用装備

  • 専用ダムソン・レッド・ボンネット・ストライプ
  • 専用ダムソン・レッド・ライニング・ミラー・キャップ
  • 専用サイド・スカットル
  • 専用Bピラー“H”ステッカー
  • 専用17インチ ツイン・スポーク・レッド・ライニング・アロイ・ホイール
  • MINI Clubman50周年記念グリル・バッジ
  • ブラック・リフレクター・バイキセノン・ヘッドライト(クーパーはオプション)
  • ホワイト・ターン・シグナル・ライト
  • 専用アンスラサイト・スピード&タコ・メーター
  • 専用ブラック・レザー・ラウンジ・シート(ダムソン・レッド・パイピング、オレンジ・ステッチ、“H“タグ付き)
  • 専用フロア・マット(ダムソン・レッド・パイピング)
  • 専用ダムソン・レッド・ライニング・インテリア・サーフェス
  • 専用ドア・シル・プレート
  • カラー・ライン:サテライト・グレー(シルバー・ホイールの場合)、カーボン・ブラック(ブラック・ホイールの場合)
  • マルチ・ファンクション・ステアリング
  • クローム・ライン・インテリア
  • ヘッドライナー・アンスラサイト

 

さて、そんな人気モデルのハンプトン。設定は「クーパー」と「クーパーS」の2グレードのみ。

ハンプトン専用装備だけでもノーマルモデルに対して約73万円分相当(クーパーS)の内容ですが、今回入庫した2台はそれだけでは終わりません。

 

ジョンクーパーワークス・ハンプトン!?

先ずは1台目の車両から。

 

 

 

えっ!?ジョンクーパーワークス?と思った方、惜しいです。グレードはクーパーSですが、JCWのエアロパーツとホイールを装備したハンプトンです。低く構えたフォルムがリーフブルーのボディカラーと相まって、なんだか悪っぽい印象も受けてしまいますが、変にゴテゴテとしていないのは純正パーツならではのクオリティの高さ!

 

ちなみにエアロパーツだけでも約27万円、18インチアルミホイールに至っては約40万円もします。内装の豪華なハンプトンにあって、エクステリアにここまで手を掛けている車両は希少です!

車高調キットでローダウンしているので、ロードクリアランスも問題ありません(しかも減衰調整可能です)!

 

ハンプトンの皮を被った・・・

そして2台目の車両がこちら。

 

一見するとノーマルに見えますが、こちらのハンプトンが凄いのはその中身!エンジンフードを開けると分かります。

 

 

MINIエンブレムの上に張られたオーナメント。純正JCWチューニングキットがインストールされている事を示すシリアルナンバーです!

マフラーやエアフィルターも専用品に交換されており、誇らしげな『JOHN COOPER WORKS』のロゴが!コンピューターも専用チューニングで最高出力・レスポンスともにノーマルからUP!

   

 

 

エンジンの最高出力はクーパーSの135kW(184ps)に対して、147kW(199ps)までアップします!

外観のノーマルとの違いは、バンパーのJCWバッジと、チラッと見えているスポーツマフラーのテールパイプのみ。あえて性能を主張しない姿は、まさに「羊の皮を被った狼」といった感じでしょうか。ちなみにこのJCWチューニングキットの価格は約35万円!

純正パーツなので、購入後も正規ディーラーで整備可能なのも嬉しいポイントですね。

 

在庫車両情報

BMWミニクラブマン ハンプトン(JCWエアロダイナミックパッケージ)

年式:2011年

走行:70,000km

車検:平成30年9月

車両価格:1,570,000円(税抜)

 

BMWミニクラブマン ハンプトン(JCWチューニングキット)

年式:2012年

走行:76,000km

車検:平成31年5月

車両価格:1,520,000円(税抜)

 

更に今ならお得なキャンペーンも開催中です!

そんな特別なハンプトン、お求め安い価格も中古車ならではの魅力。更に今なら年末限定キャンペーンを開催中です!

 

  
※ご不明点はiRスタッフにお問合せ下さい

 

大変お買い得なこのキャンペーン!そして、こんな特別なハンプトンは2度と手に入らないかも知れませんので、是非このチャンスをお見逃しなく!!

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~ LIFE with MINI ~
ローバーミニ・BMWミニ・ミニクーパーの中古車専門店 iR:イール
 
Stock List
iR(ショールーム) 東京都世田谷区上野毛4-39-7
tel:03-5797-2288 / info@ir-japan.net
 
iR MAKERS(サービス工場) 東京都大田区大森西4-4-16
tel:03-3766-3232 / front@ir-japan.net
株式会社インフィックス
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
 

 

2017.11.09

【今年も参加してきました!】国内最大のクラッシックミニの祭典!25th JAPAN MINIDAY in 浜名湖

 

JAPAN 25th MINIDAY in 浜名湖

行ってまいりました!25th JAPAN MINIDAY in 浜名湖(以下 ミニディ)

私は今回が初めて参加するミニデイとなります! 今年はミニデイ25周年、シルバージュビリーということで、例年と違うレイアウトやコンテンツなど、広大な敷地のキャンプ場でのんびりミニとの時間を過ごす、と~っても笑顔が溢れるピースフルなイベントでした!事務局からの公式発表によると、なんと、総入場者数3500人!クラシックミニだけで2000台以上の来場数になったそうです!

それでは当日の様子を、撮影してきた写真と一緒に紹介致します♪

 

 

 

イベント概要

まずはどんなイベントなのかを改めてご紹介。JAPAN MINI DAYとは、iRも加入する日本国内のクラッシックミニのスペシャルショップで構成される JMSA が開催するイベントで、毎年4月に筑波サーキットで開催されるサーキットイベントと、11月に静岡県の浜名湖渚園キャンプ場で開催されるフィールドイベントの2つからなります。どちらも言わずと知れた日本最大級のクラシックミニのイベントですが、11月に浜名湖で開催されるMINI DAYは、全国から様々なミニが一同に介し、ミニオーナーが思い思いにドレスアップした自慢の愛車を披露したり、フリーマーケットで掘り出し物のパーツを売り買いしたり、豪華景品ありのミニゲームがあったりと、全国のミニオーナー交流をメインとしたピースフルなイベントです。ここ数年は海外からの参加も多く見かけるようになり、イベント内容も年々進化!まさにミニのため、ミニ好きのためのBIGイベントです!

 

 

 

 

一般のゲートオープンは8:30からでしたが、フリーマーケット&ショップ出展の方々や、クラブサイト参加の皆様は早朝から自慢のミニで今か今かと会場内にてスタンバイ。

キャンプ泊を利用したミニマガキャンプでは前日に会場入りし、自身のミニ横にテントを張り一夜を過ごす前夜祭的なイベントとなっています。キャンプサイトはミニディ当日もそのまま利用可能なので、広い会場を歩き回る拠点としても最適♪大好きなミニと一緒に前日からキャンプ泊ができるなんて夢のようですね~♪皆さん周りの方と声を掛け合い、ミニ話に花を咲かせていました♪

 

 

 

 

 

8:30 ゲートオープン!

今年も日本全国、そして海外からのお客様も含め多くのお客様が一斉に入場されました。天候は暑くもなく寒くもなくといった秋らしい気温で、絶好のイベント日和♪ 

オフィシャルショップの数量限定グッズ(お守り、イヤープレート、限定ミニカーなど)を手に入れるために、オープンから行列ができていました。

その他にも、フリーマーケットあり、ケータリングありで、午前中から大盛況でした!

 

 

 

会場内はたくさんの人と、様々なミニが集まりお祭り騒ぎ!古今東西の見たことが無いようなカスタムミニもたくさん見ることができました!どのカスタムもカッコ可愛く決まってますね〜!ミニはやっぱり元の素材が良いからでしょうね♪

 

 

  IMG_0239 (750x500)

 

「スーパーキッズロッカーカバーレーシング」

それぞれ好きな1台を選び、スタートの合図で坂を下り、その先のゴールまで早くたどり着いた方が勝ち!スタート時の一瞬の判断が勝敗を分けます!みんな真剣勝負!

 

 

 

「うなぎのつかみ取りレース」

高級うな重をかけて、掴んで走って一等賞を目指します。ウナギを素手で触れるかたならどなたでも参加可能です。簡単そうに見えますが、これが中々上手くつかむことができません!さすが浜名湖のウナギは活きが良いですね!!(浜名湖産かどうかは未確認です)

 

 

 

 

 

「ペイントミニ」

毎年恒例のペイントミニは今年はこんな感じに仕上がりました♪まさに世界で一台だけのミニですね♪ミニをペイントする子供達の目は真剣そのもの。未来のポール・スミスは君かもしれない!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0217 (750x500)

 

会場内のそれぞれのブロックにキレイに並べられたクラブサイト展示は圧巻!同モデルや同色を集めた統一感のあるクラブサイトから、とにかく台数に圧巻されるクラブサイトまで、個性豊かなチームワークを楽しむことができました。参加された皆さんは、どのクラブサイトがお好きでしたか?

 

 

 

 

 

 

 

今年のメモリアルミュージアムのテーマは、登場から50年の「Mk-2サルーンシリーズ」です。「Mk-2サルーンシリーズ」はミニの誕生から初の大きなマイナーチェンジを受けたシリーズになります。貴重なミニ達だけあってたくさんの人が記念に写真を撮っていました。iRでは1997年以降のインジェクション最終モデルのミニを販売していますので、普段見ることができないミニ達に非常に興奮しました!

ちなみに25周年ということで、展示は上空から見て「25」の数字にレイアウトされていました♪

 

 

 

ミニデイ限定のオフィシャルショップグッズ売り場はオープンから大行列でした!

一番人気は「ミニデイ神社限定お守り」。京都の工房に特注し、ご神体は三島大社にて御祈祷されています。ミニ好きならこれは並んででも手に入れたいですね!

 

 

 

 

ここでしか手に入らない掘り出し物のパーツも多数展示されていました。根っからのミニ好き、iR代表の綾部もしっかりチェックしていました♪(後ろ姿で失礼します)

 

 

 

毎年大人気の「ふわふわキリン」。残念ながらお子様限定です!

個人的にはトト◯のネコ◯スみたいに、大人でも中に入って遊べればいいのにな〜と思ったりします。

 

 

 

例年と違い今年は大きなセットが組まれ、アーティストライブも見やすく大盛り上がりでした!

 

 

 

「ワキあいあい!じゃんけんポン!」ミニデイ名物大じゃんけん大会。今年の1位の商品はなんと!「ホンダモンキー50周年記念ヘルメット」です! ミニなのになぜヘルメット・・・? 

 

 

 

 

 

 

他にも、毎年恒例のミニデイ凧揚げ体験、ビッグベアーミニお絵描き大会、限定品オークションなど、多くのコンテンツで盛り上がりを見せたミニディin浜名湖は、気がつくと終わっている程、あっという間の1日でした。

 

ミニというクルマを通して集まったイベント。そこからつながるコミュニティー。

今回のイベントに参加することでミニというクルマが、ただ可愛いという理由だけで愛されているのではなく、世代を超え、国境を越えたコミュニケーションツールの1つであるということを再認識することができました。

たったひとつの車種で、こんなにもたくさんの愛好家が集まるクルマは、全世界でもミニだけだと私は思います!

ミニオーナーもミニ好きも、もちろんその家族や初めて参加された方も、誰もが楽しめるミニのイベントなので、是非一度、いや二度三度と遊びに来て下さい♪

 

次回はぜひ「ミニマガキャンプ」でテントを張って、前日入りでお酒を飲みながら楽しみたいと思います♪(できれば有給で)

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~ LIFE with MINI ~
ローバーミニ・BMWミニ・ミニクーパーの中古車専門店 iR:イール
 _
Stock List
iR(ショールーム) 東京都世田谷区上野毛4-39-7
tel:03-5797-2288 / info@ir-japan.net
 
iR MAKERS(サービス工場) 東京都大田区大森西4-4-16
tel:03-3766-3232 / front@ir-japan.net
株式会社インフィックス
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
2017.11.03

ミニの魅力ってなんだろう?インターンの私から見たミニ!

 

車に詳しくないからこそ思うミニの魅力

 

お久しぶりです。インターンの大里(おおさと)です。前回の私のブログではイールというお店についてお伝えしましたが、今回は私の目から見たミニの魅力をお伝えしていきます。

といっても、車のことはほとんど分からないので、今回も、見たまま、感じたままを伝えていきたいと思います。

 

まずイールのショールームに飾られているミニはとっても綺麗なんです!

この何年経っても中古と感じさせない美しいデザインも人気の1つだと思います。飾られている車がこんなにも綺麗な状態なのは、前の持ち主が大切に乗っていた証拠(だと思います)。そんなミニをローバーミニとBMWミニに分けて、車に馴染みのない私の目線でご紹介していきます。

 

ローバーミニ

外見

ローバーミニを見てまず思ったことは、とにかくおもちゃみたいで可愛い!ということでした。小さくカクカクした車体、丸くて大きな“目”は特に女性に好まれそうなデザインですね。このミニは私が特に気になっているイチオシのミニです!全体から漂うクラシック!レトロ!という雰囲気がたまりません。そんなミニ中でも私が特に魅力を感じたレトロな部分をピックアップしてみました!

 

後ろにワイパーがない!

後ろからローバーミニを見てはじめに思ったことです。後ろに屋根のような返し?が無く、加えてワイパーもないとなると、雨天時などは後方確認がしにくく危なくないのかな?と率直に思いましたが、この簡素な感じがおもちゃ感をより引き立てているのではないでしょうか。私はローバーミニのこの後姿が特に好きです。

 

鍵付きの給油口

私が馴染みのある給油口には鍵ではなく室内からレバーで開ける蓋がついているタイプ。昔の車の名残なんだと思いますが、専用の鍵で開けるっていうのが不思議な感覚です。鍵を無くしたら給油できないの!?

 

初心者に優しい大きさ

 

 

車の幅は私の両手を広げたよりもさらに小さいので狭い道でもぶつける心配がなさそうですね。運転が得意じゃない人に向いてるのでは!?と感じました。実は私がはじめて運転した車は8人乗りの大型車だったので、車幅や車高サイズの小さいローバーミニは運転の不安が少なそうで魅力的です。

 

乗車してみると

低身長にピッタリ

 

 

乗車して感じたのは低身長の私にピッタリであるということ!私の身長は152㎝なので、男性スタッフが言っていた「信号が見にくい」という難点は全く感じなかったです。

 

 

左右の狭さは感じますが目の前の空間は想像していたよりも開放感があって、ストレスは全くありません。

 

 

後部座席に乗る時は、私でも結構かがまないと乗れませんでした。座ってみたところ、足元が特に狭い状況で、座れる人は限られてきてしまいそう・・・。もちろんシートをもう少し前にずらせば余裕は出ます。ローバーミニがこんなに小さいのは昔の人が低身長だったからなのでしょうか…?

 

ハンドルやクラッチの位置

 

ハンドルを握ってみるとなんだか傾いた感覚になりました。写真でよく見てみると、ハンドルが内側に少しだけ傾いているのがお分かりいただけると思います。クラッチを操作する時も少し前傾姿勢になります。私の姿勢が歪んでいて低身長だから?と思ったのですが、これはハンドル自体が傾いていて、クラッチも少し遠めの位置であるからだそうです。初めは違和感を感じるかとは思いますが、乗車するに連れて次第に慣れていくらしいです。へぇ~そうなんだ!

 

ローバーミニまとめ

ローバーミニは一世代前の外車というのもあって、私には少しクセのある車だと感じました。しかし、このレトロさが他にはない“味”を出していて、何十年もの間、見る人の心をくすぐってきたのではないでしょうか。街を走っても存在感を発揮しそうですね!こんな素敵な車に乗ったら、1回1回のドライブやメンテナンス、トラブルでさえも良い思い出になりそうです。

 

BMWミニ

 

外見

レトロなデザインのローバーミニに比べてBMWミニはずっしりとした安定感があり、モダンなデザインに進化しました。

鍵付きの給油口のローバーミニから進化し、BMWミニは給油キャップに進化しました。しかし給油口を開ける為のレバーは無いそうです・・・どうゆうこと?どうらやら車の鍵と連動していて、鍵を開ければ外から手で開けられるそうです。ハイテクですね。

タイヤも“目”も何もかもが丸く、そして大きくなった感じがします。

 

後ろがしっかり

 

簡素なローバーミニの後部から進化して、BMWミニは後ろにワイパーが取り付けられていました。当たり前?笑

収納スペースも充実しています。さらに後ろのランプ関係は遠くからでも確認できるくらいの大きさに拡大していますね。BMWミニの後部はローバーミニから一番進化した部分じゃないかと思います。遠出をたくさんするお客様には特に魅力に感じるもではないでしょうか。

 

乗車してみると

 

ローバーミニでハンドルを握った時の違和感(?)はなくなり、男性スタッフが運転しているのを見る限り、身長によって信号が見にくいということもなさそうです。背丈の高い方や他の車から乗り換えたばかりの方でもスムーズに運転ができると思います。

 

スピードメーター

 

中央に大きく速度メーターがある室内のデザインは、他では見たことのないモノだったので衝撃的でした。ナビなどはどこに取り付けるんだろうと思いましたが、インパクトのあるデザインで速度には気を配れそうですね。これは第2世代までのミニに起用されていたデザインらしく、購入できるのは中古車のみという現状。可愛らしいデザインなので、もう新車で製造されていないのは残念です・・・。

 

 

 

また、後部座席は足元が少し広くなったことでより乗りやすくなっています。4人で乗るならBMWミニの方が快適です。といってもすごく広いわけではなさそう・・・後部座席の背もたれはほぼ90度くらいの角度で、リクライニング出来ないので、眠ったりするのは難しそうです。

 

 

あとはドアなどにすごく厚みがあるので、ローバーミニと比べて、もしもの時の安心感が大きくアップしました。

 

酔いにくい

先日、BMWミニの助手席に乗せていただきましたが、乗り心地は道路を滑っているようにスムーズで、車にすぐ酔う私が全く酔いませんでした!ドライバーの腕なのかな?笑 新車独特のあの匂いも酔いやすい原因の1つだと思うので、中古車であったことに感謝ですね!笑 酔いやすい方も安心して長時間乗車できそうですし、座席もローバーミニと比べて大きく、包み込まれるような感覚。きっと座っていて疲れにくい構造になっているのだと思います。

 

BMWミニまとめ

BMWミニは安定感と実用性に加え、未だに残るローバーミニの特徴が国産車には無い個性を引き立たせています。可愛いだけじゃ物足りない!という方にはピッタリの車だと思います。ご家族でお出かけする際に、楽しい思い出のサポートとして大いに活躍するんじゃないでしょうか。LIFE with MINI!(・・・言ってみたかっただけです)

 

レトロとモダン

 

レトロなローバーミニとモダンなBMWミニ。時代の違いを感じる両者ですが皆さんはどちらに魅力を感じますか?

それぞれに良さがあるので迷いどころですね。ちなみに私は、オシャレな車に乗れば普段の生活の気分も上がりそうなので、ローバーミニ派です!

どちらを購入するか迷っている方は、お気軽にイールまでお越しくださいませ!

安心と信頼のスタッフと共にミニがお待ちしております。

2017.11.02

GBって何の略?MINIに関する略語辞典

 

GBってなに?

突然ですが皆様、ローバーミニのおしりについているこのバッヂ。「GB」ってなんのことかご存知ですか?

 

ギガバイト?

ゲーム・ボ〇イ?

ジャイア〇ト・馬場?

 

 

もう過去に何度もイールのブログで取り上げてきているので、ご存知の方も多いと思いますが。

正解はイギリス本土のグレートブリテン島を現す

G=Great

B=Britain

の略語です。イギリス産まれのミニが、英国車であることを誇らしく掲げている証なんですね。

 

 

このようにMINIには英語の略語(正確には頭字語:とうじご)がたくさん存在します。

今回はMINIにまつわる略語を思いつく限りまとめて見ました。あなたはそれぞれの略語の意味と、省略されている単語、いくつ答えられますか?

 

 

クラシックミニ偏

 

MG

 

M=Morris

G=Garages

 

MG(エム・ジー)は1910年に発足したモーターサイクル製造販売と自動車販売を手がけるイギリスのスポーツカーブランド。一般的にMGは「モーリス・ガレージ」(Morris Garages )を略したものとされています。

 

BMC

 

B=British

M=Motor

C=Corporation

 

1952年より1966年まで存続したイギリス資本で、当時最大の自動車メーカー。

1952年 モーリス社のライバル企業であったオースティン社がナッフィールド・オーガニゼーションに吸収されBMCとなりました。その後、BMCに在籍していた技術者アレック・イシゴニスの指揮するチームの元、ミニが設計され、1959年にミニの第一号である「オースチン・セブン」「モーリス・ミニ・マイナー」を発表。1967年からはBMCはBMH(British Motor Holdings)となります。

 

BLMC

 

 

B=British

L=Leyland

M=Mortor

C=Company

 

1967年にBMCからBMHとなったBritish Motor Holdingsと、レイランド・モータースの合併により、1968年「British Leyland Mortor Company」として設立。同社のもとにはローバー、ジャガー、デイムラー、MG、オースチンなど、当時のイギリスの主要自動車メーカーの大部分にあたる10ブランドが存在。1975年にはBritish Leyland(のちにBL Cars)と変遷。

 

BSCC

 

B=British

S=Saloon

C=Car

C=Championship

 

「BSCC」はブリティッシュ・サルーン・カー・チャンピオンシップの頭文字をとったもの。MINIで言うところのBSCCといえば、1968年にミニクーパーがサルーンカーレースでタイトルをとった歴史的事実にちなんだ特別限定車のことを指します。ボディカラーはダークグリーンが印象的な「ブルックランズグリーン」。内装にもダークグリーンの本革レザーをシート、ステアリングホイールリム、シフトレバーノブ、パーキングブレーキグリップに採用していることに加え、ドア内貼りとフロアカーペットもグリーンでコーディネートされているのが特徴。外装はBSCC専用デカールをサイドストライプ、サイドデカール、ビットマーカー部に装着。足回りには13インチアルミホイールが標準装備され、それに伴いフェンダーはワイド化され、当時モータースポーツシーンで活躍したころのイメージを盛り込んだ限定車となっています。生産台数750台の希少車。

 

 

BMWミニ偏

 

CVT

 

C=Continuously

V=Variable 

T=Transmission

 

無段変速機または連続可変トランスミッションのことで、歯車以外の機構を用い変速比を連続的に変化させる動力伝達機構(トランスミッション)のこと。

BMWミニのCVTは、初代BMWミニ3ドアハッチバック(R50)のワン、クーパーに設定されています。なおミニのCVTについてはトラブルが多く修理代も高額となり、お客様に安心してオススメする事が出来ないため当社ではお取り扱いはしておりません。

 

JCW

 

J=John

C=Cooper

W=Works

 

1923年、レーシングカーを修繕する小さな工場を経営していた父チャールズ・クーパーの元に生まれたジョン・クーパー。 1946年、父とともに、レースに参戦する愛好家にシングルシートのレーシングカーを製造・販売する仕事を始め、1947年クーパー・カー・カンパニーを設立。以降、彼らの手がけたレーシングカーが1950年代のグランプリレースを席巻、瞬く間にその存在を決定づける。当時、ブリティッシュ・モーター・カンパニーでデザイナーを務めていたMINIの生みの親、アレック・イシゴニスとやがて親交を深めた。二人の間で、ジョン・クーパーはMINIに秘められたポテンシャルを見いだす。こうして1961年、最初のミニクーパーの開発が始まり、早くも翌年にはブリティッシュ・サルーン・カー・チャンピオンシップ(BSCC)で勝利を飾る。ここからJohn Cooper Works の歴史が始まった。

BMWミニでいう「JCW」は、ミニの持つポテンシャルを更に引き上げる純正チューニングとして用いられる他、最上グレードのことを指す。

 

PDC

 

P=Park

D=Distance

C=Control

 

車体後方に取り付けられたセンサーにより、バック時に後方の障害物との距離を、音(ビジュアルブースト装備車の場合はモニター表示)で警告してくれる安全装置。コンバーチブル(R52/R57/F57)には全車標準装備、その他のモデルでは追加オプションとなっている。高額オプションの為、これがついている中古車はお得!

 

CBS

 

C=Condition

B=Based

S=Service

 

車の利用頻度、運転スタイル、走行距離などによって、次回の点検・整備の必要性が決まります。いつ、点検・整備を受ければいいか、それはミニ自身が知らせてくれます。ミニはさまざまなセンサーを使って、ブレーキパッドやブレーキディスク、エンジンオイルやブレーキ液の状態を残らず把握し記録しています。更に特殊なプログラムを使い、次回の点検・整備時期を計算しオンボードコンピューターに表示します。

 

TLC

 

T=Tender

L=Loving

C=Care

 

BMWミニのメンテナンスサービスパッケージです。
新車のミニ購入時に加入料を支払うことで、3年間あるいは5年間(距離無制限)といった長期にわたりメンテナンスをサポートしてくれるもの。(期限内で新車保障継承することで次オーナーも引継ぎ可能)
例えば3年プランの場合、年間走行距離が15,000km以下で、オイルサービスが1年ごと車検時を含む3回適用されます。
パッケージにはエンジンオイルの他に、オイルフィルター、マイクロフィルター、スパークプラグ、エアクリーナーエレメント、ワイパーラバー/ブレード、ブレーキ液の交換サービスが含まれており、クルマにかかる維持費を大幅に軽減することができます。なお交換時期はCBSが知らせてくれます。

 

RSC

 

R=Run flat 

S=System

C=Component

 

タイヤのサイド・ウォールが強化されたタイヤ。パンク時にもタイヤがリムから外れ走行不能に陥ることがないので、
安全な場所まで自走してからタイヤ交換を行うことができます。

 

commentary15-4_01

(画像:http://www.jaf.or.jp/)

 

LCI

 

L=Life

C=Cycle

I=Impulse

 

いわゆるマイナーチェンジやフェイスリフトのことで、BMW社独自の呼称。カッコいいけど、わかりにくい。

ちなみに新型ミニ(F系)の3ドア(F56)、5ドア(F55)、コンバーチブル(F57)は2018年3月頃にマイナーチェ・・・LCIがウワサされています。デザイン、トランスミッション、使い勝手と大きく変更点があるようで期待“大”です。

 

ABS / CBS / EBD

 

A=Antilock 

B=Brake

S=System

 

C=Cornering

B=Brake

D=Control

 

E=Erectric

B=Brake force

D=Distribution

 

ミニには4輪ディスク・ブレーキ、アンチロック・ブレーキング・システム(ABS)、コーナリング・ブレーキ・コントロール(CBC)を標準装備しており、あらゆる状況で最適なブレーキングを実現します。エレクトロニック・ブレーキフォース・ディストリビューション(EBD)は、前後のアクスルにおける制動力のバランスを制御します。ブレーキ・アシストは、制動距離を最短にするため制動プロセスに要する時間を短縮し、最大限のブレーキ圧をかけられるようにします。

 

DSC

 

D=Dynamic

S=Strability

C=Control

 

ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)は事故を低減する効果があると実証されています。インテリジェントセンサーが、ごくわずかな斜線の逸脱も検出します。さらに、DSC はエンジントルクを調整し、各車輪ごとにかかるブレーキ量を調整します。

 

DTC

 

D=Dynamic

T=Traction

C=Control

 

トラクション・コントロール(DTC)は、滑りやすい路面や砂地といったあらゆる路面に最適な駆動力を与えます。また、DTCはダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)よりも早くエンジンを回復し、コースを修正する少し前に車をスライドさせることができるので、もしあなたがスリルのあるドライビングを好むなら、楽しんでいただけるでしょう。

 

EDLC

 

E=Electric

D=Differential

L=Lock

C=Control

 

もしあなたが運転に自信があり、エンジンフルパワーで車を完全にコントロールしたいのならば、ダイナミック・スタビリティ・コントロール(DSC)とダイナミック・トラクション・コントロール(DTC)をオフにすることができます。それでも MINI は安全を保ちます。必要な時には EDLCが作動しスリップを防ぎ、過激なコーナリングや加速時にもホイールスピンしないようとどめます。

 

 

USO

 

U=ULTIMATE

S=SAFETY

O=OPTIMIZATION

 

スマートフォン強制停止機能を備えた、究極の安全最適化システム。歩行中のゲームアプリやSNSなど、歩きスマホが社会問題化している中、 ULTIMATE SAFETY OPTIMIZATIONを装備することにより、装備車両より半径10m以内にある全てのスマートフォンを、タッチパネルにあるボタン操作により特殊な電磁波を発信することで停止させることが可能である。・・・という、エイプリルフールに発表されたジョーク機能。

 

 

さいごに

あなたは全て答えられましたか?

なんだかDAIGOさんのDAI語みたいですけど、知っていればツウな感じがしますね。

 

そうそう、iRでは今年いっぱい(12月28日)までにミニをご購入いただいた方限定で、ビッグなキャンペーンを開催する予定です。ヒントは・・・

「10・O・P」

なんだか10万円分のOptionをPresentしちゃいそうな雰囲気ですが、真相は・・・!?

またとないチャンスです!お楽しみに!

2017.10.26

これで苦手な車庫入れも安心♪ スッキリ&スマート!バックモニターはいかがですか?

 

お客様と商談をしている中で、

「BMWミニにバックカメラの取り付けができませんか?」

「ナビはなくてもいいんだけど、バックモニターだけでも欲しいんだよね」

とご質問をいただくことがあります。

 

確かにBMWミニはコンパクトなボディで取り回しもとても良いですが、お洒落なデザインの関係上、窓ガラスが小さくなっているので後方の視界が少し狭く感じます。ナビに関しても、最近ですとスマートフォン用のカーナビアプリを使用しているケースが多いので、クルマにナビはいらないけどバックカメラとバックモニターだけ付けたいという方も多いはず。(過去のカーナビアプリの紹介ブログはこちら)

 

そこで今回は、現在iR(イール)で行っている、第2世代のBMWミニにバックカメラ&バックモニターを取り付ける場合のおすすめパーツと取り付け方法、及び注意点をご紹介したいと思います!

 

BMWミニにバックカメラ&モニターを取り付けするには・・・

バックカメラの映像を車内で見る場合は、インパネに埋め込むタイプのナビゲーションモニターに写し出すのが通常なのですが、第1、第2世代のBMWミニには、カーナビ取り付けに最適な場所にスピードメーターが存在することと、純正オーディオが1DIN分しか用意されていないのでカーナビを取り付けるスペースがありません。

 

 

以前は、1DINのカーナビ付きオーディオが販売されていましたが、現在はニーズがないようでどこのメーカーからも発売されていません。

なんとか取り付けする方法としては、センターコンソールを丸ごと専用キットと交換して2DIN分のスペースを作り、そこにオーディオ+カーナビを埋め込むというやり方があります。

 

この方法はスッキリとカーナビが収まるのが利点ですが、難点としては、カーナビのモニター位置がセンターメーターより下部になるため視線移動が大きくなることと、大掛かりな改造が必要になるため、専用の取り付けキットと工賃だけでも約20万円程の高額な費用がかかることです。(さらに別途にナビゲーション本体の購入費用がかかります)

 

そこで今回私がおすすめする方法は・・・

 

見た目はスマート!そして視界もスッキリ!その名も・・・

 

 

それがこちらの『ルームミラーモニター』になります!

 

ちょっと大きめのワイドミラー?・・・ではなく!

ギアをバックに入れると・・・

 

 

なんと!、ルームミラーモニターの左側にバックカメラの映像を映し出すことができます!!

 

こちらのルームミラーモニターは、バックカメラと連動することができ、バックカメラの映像信号が入力されると、自動的に画面がバックカメラの画像に切り替わる仕組みです。また、モニターOFFの状態でも、純正ミラーと同じように使用することができ、純正ミラーよりも一回り大きいので映す範囲も広くなります!

取り付けも簡単で、純正ミラーに挟み込むだけです。(別途配線作業は必要になります)また、軽量設計なので垂れ下がる心配もありません♪

 

ちなみに、ミラーのモニター側をアップにするとこんな感じ・・

 

 

映像もクリアでしっかりクルマの後方を確認することができます!

 

もちろん、ギアを『P』・『N』・『D』に入れると、元通り通常のルームミラーに

 

 

これで狭いスペースでの駐車や車庫入れも楽々できちゃいます♪

 

ちなみに、当店にご来店いただくとわかるのですが、iRショールームにはぎっちりミニが展示してあります。ですので、クルマの移動もスタッフ同士、声を掛け合いながら四苦八苦。そんな時この『ルームミラーモニター&バックカメラ』がついていれば、どれだけクルマの移動が楽になり嬉しいことか・・・汗

 

取り付けたパーツはこちら

 

4.3インチのタッチパネルモニターで、走行時は通常のルームミラーとして使用でき、ギアをバックに入れた時のみ自動で連動するタイプになります。

ミニはフロントガラスの傾斜が急で、運転席から見える視界もあまり広くありません。ポータブルナビなどをダッシュボードの上に取り付けると、さらに前方の視界が狭くなってしまうのがミニユーザーの悩みのひとつなのですが、この『ルームミラーモニター』であれば、ポータブルナビと併用して取り付けしても視界はスッキリ!そして見た目もスマート!になりますね♪

 

 

バックドアハンドルの横に取り付けた小型カメラ。小さいので目立ちません♪

 

「ルームミラーモニター」&「バックカメラ」取り付け費用 

¥75,600(工賃込み)

 

 

 『商品説明』

「Origin」 4.3インチルームミラーモニター

・画素数:480*272                 ・電圧:DC12V / DC24 
・電力:12W                    ・映像入力:2系統 (AV1/AV2) 
・映像出力:無                    ・音声入力/出力:無 / 無 
・操作方法:本体ボタン(タッチ) ・商品サイズ:305*85*27mm 
※本製品にはバックカメラは付属しておりません。 
車がバックする時、自動的にバックカメラの映像が切り替えできます。
※日本車対応仕様のため、 2016年11月25日以降モデルはモニター位置が左側に変更となっております。

 

実はこんな失敗も・・・

今回の「ルームミラーモニター」取り付けをする際に、こんな失敗もありました。

 

 

実はこれ、別商品のルームミラーモニターを取り付けした時の写真なのですが、どこが失敗だったのかわかりますでしょうか?

 

 

そう!モニター上部の枠がルームライトスイッチに干渉してしまい、ミラーの角度調整ができなくなってしまったのです!画像の通り角度が下向きすぎて前席のシートがミラーに写ってしまっています。

取り付けていただいた電装業者さんに試行錯誤してもらいましたが、どうやっても解決ができずに泣く泣く断念しました・・・。

 

ちなみに取り付けたパーツはこちら、

 

 

10インチのワイドモニタータイプで、全画面に映像が映るタイプになります。

全体的に少しサイズが大きかったのですが、特に縦幅が大きかったのが取り付け失敗の原因です。

BMWミニにはバックミラーのすぐ上にルームライトと室内イルミネーションのスイッチがありますので、ルームミラーモニターの取り付けをする際には、なるべく薄型でコンパクトなものを選ぶようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか?

BMWミニに、バックカメラ&バックモニターの取り付けを検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

 

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~ LIFE with MINI ~
ローバーミニ・BMWミニ・ミニクーパーの中古車専門店 iR:イール
 _
Stock List
iR(ショールーム) 東京都世田谷区上野毛4-39-7
tel:03-5797-2288 / info@ir-japan.net
 
iR MAKERS(サービス工場) 東京都大田区大森西4-4-16
tel:03-3766-3232 / front@ir-japan.net
株式会社インフィックス
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
Archive
201711
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Recent Entries
Categories