iR03-5797-2288iR MAKERS03-3766-3232
2017.09.09

春も夏も秋も冬もEverydayオープンドライブ!MINIコンバーチブルの魅力を知ればあなたも欲しくなる!?

ブログ帯

 

風を感じながら走るオープンドライブは最高に気持ちいいものです。ご存知の通りミニにもオープンモデルのミニコンバーチブルがあり、オープンエアと相まってミニらしいゴーカートフィーリングを最も強く感じられるモデルと言えます。

 

ですが、一度はコンバーチブルに乗ってみたいと思いつつも、屋根付きの車との違いやメンテナンスの方法、保管の方法など分からない部分が多く、コンバーチブルの購入に二の足を踏んでいる方もいるはず。

そこで今日は、皆さんが抱いているであろうコンバーチブルの不安や疑問を解決したいと思います。この記事を読めば、きっと心置きなくオープンドライブへの一歩を踏み出だせるはず(!?)です。

 

ボタンひとつで楽々オープン♪

 

ミニコンバーチブルの幌(ソフトトップ)の開け閉めはとても簡単。電動なのでボタン操作だけで開閉できます。同じオープンでもミニロードスターは手動なので、指一本で開閉出来るのはコンバーチブルの大きな魅力ですね。

 

 

幌の動作はサンルーフの状態で一旦止まります。ここまでなら走行中でも操作可能。そしてサンルーフの状態からもう一度ボタン操作をするとフルオープンになります。

 

 

実際に操作するとこんな感じです。フルオープンまでの時間は約15秒。更にそのままボタンを操作し続けると窓が一番上まで上がってくれます。これは一般的なオープンカーと比べるとかなり早い開閉時間なので、急な雨や信号待ちのちょっとした時間でも開け閉め出来ちゃいます!周りの視線をかなり集めそうですけど(笑)

 

幌は車外からも開閉が可能

 

幌は車外から鍵だけで開閉することも可能です。上の画像は第二世代(R57)の鍵ですが、開ける際はキーの解錠ボタン(写真2番)を長押し。サンルーフまで開きますので一度ボタンから手を離し、もう一度長押しするとフルオープンになります。

閉める際は、運転席ドアの鍵穴に鍵を挿してロック方向へ傾け続ければ幌が閉まります。

なお、コンフォートアクセス機能付きの車両であれば、リモートキーの施錠ボタン(写真1番)を長押しする事でも閉める事が可能です。

 

 

このようにコンフォートアクセス付きの車両であれば、リモートで開閉が出来ちゃいます。見た目のインパクトは抜群ですが、エンジンをかけずに開閉するとバッテリーを消耗してしまうので、目立ちたいからってむやみやたらと使うのはオススメしません。出来るだけエンジンをかけた状態で開閉して下さい。

 

 

保管場所やメンテナンスはどうしたらいい?

よく「屋根付き駐車場じゃないとダメですか?」と聞かれますが、全然そんな事ありません。もちろん屋根付きガレージがあれば最高ですが、それはコンバーチブルじゃなくても一緒ですね。iRでコンバーチブルをご購入される方の大半は屋外駐車場を利用されています。

 

 

幌のメンテナンスは大変そうなイメージがありますが、普通に丸洗い洗車して大丈夫です。ただし洗車後の水気はしっかりとふき取るようにして下さい。幌が乾ききらないまま畳んでしまうと、カビが発生する原因になりますよ。酷い場合は苔が生える事もあるのでご注意を。

 

 

埃っぽい汚れや付いた際は、幌が乾いている状態で掃除機やコロコロを優しく掛けてあげれば綺麗になりますよ。

 

 

洗車機は使っても大丈夫?

ガソリンスタンド等に設置されている洗車機の利用、一般的にオープンカーは洗車機NGだと言われています。ですがミニの場合、洗車機の使用自体を禁止している訳ではありません。

ミニの取扱説明書を読むと『布製ブラシの洗車機を選ぶ事』と『高圧洗車機を使用しない事』が注意書きされている程度です。なので洗車機は使っても大丈夫です。

とは言え、万が一故障の原因になったり幌を傷付けてもいけませんので、出来る限りは手洗い洗車が望ましいでしょう。

 

より綺麗な状態を保ちたい方には、純正のMINIカー・ケア製品もオススメです。撥水効果も得られより綺麗な状態を保てますよ。MINIのディーラーブログでも詳しく紹介されていましたので、下記リンクもご参照下さい。

参照サイト:MINI伊勢崎 ディーラーブログ 

 

 

よくあるトラブル『幌が開かない』そんな時は・・・

幌が突然開かなくなる・・・。

そんな時も慌てずに、先ずは以下の箇所を確認して下さい。

 

・トランクがきちんと閉まっているか

・トランク左右の固定ハンドルがきちんと下りているか

・ラゲッジカバー(トノカバー)がきちんと下りているか

 

 

 

 

ミニコンバーチブルは、全ての年式で幌を閉じた状態でラゲージルームの開口部を広げることができる『イージーロード機能』が付いています。ここのロックが不十分だと幌の開閉が出来なくなりますので、大体上記の部分を確認すれば解決すると思いますよ。

もし、上記の箇所を点検した上でも動かず、幌の警告灯が点灯しているようでしたらディーラーでの点検が必要となります。

 

 

故障や雨漏りが心配だけど?

一般的に輸入車のオープンカーは故障が多いイメージを持たれがちですが、ミニの幌はかなり頑丈に作られているので、幌自体が故障することは滅多にありません。もちろん絶対と言うことはありませんが、他メーカーのオープンモデルに比べて、故障頻度はかなり低いと言えます!

 

 

雨漏りを心配する方もいらっしゃいますが、これも滅多におきません。稀にウェザーストリップ(開口部内側のゴム)が劣化して雨漏りする事がありますが、これは車両の保管状態や経年劣化による影響が大きいので、何もコンバーチブルに限った故障ではなく他のモデルでも起こり得るトラブルといえます(滅多に雨漏りしませんが念の為)。

 

また、ごく稀にある故障として、第2世代のコンバーチブル(R57)は、リヤフェンダー上部(Cピラー部分)の爪が折れ、すき間から浸水することがあります。これ、困った事にパネルの裏側から少しずつ浸水するので雨漏りに気付かないケースがあります。

 

 

故障しているかどうか判断するには、この部分を軽く手で押してみて「張り」がある事を確認して下さい。もし『ズボッ!』と内側に凹むようだと浸水している可能性があるので、リヤシート下を覗き込んで確認してみて下さい。iRでも入庫した際に必ず点検している部分の一つです。

 

屋根がないけど居住性は?

ハードトップに比べて、遮音性・遮熱性に不安をお持ちの方も多いはず。

「夏は暑くないですか?」とよく聞かれますが、コンバーチブルの幌は機密性がかなり高く作られていますので、車外からの熱や音はそこまで気にならないと思います。この辺りは流石プレミアムコンパクトカーといった感じです。

 

なお、ボディサイズはハッチバックと殆ど同じですが、車内の広さは異なるのでご注意下さい。フロント2座席はほとんど一緒ですが、リヤシートは補強が入る分だけ前後左右とも少し狭くなります。

 

 

フロントシートのスライドを目一杯後ろに下げると、リヤシートの足元は完全に潰れてしまいます。なので『おまけにリヤシートが付いている』ぐらいに割り切って考えた方が知れませんね。でも、荷物がポンと置けて、いざと言うときに大人4人乗れるリヤシートがあるのは、かなり便利だと思いますよ。

 

ゴルフバックも載せられる

 

参考記事:BMWミニにゴルフバッグ

 

リヤシートを倒せばゴルフバックもギリギリ収まります(シャフトの長いドライバーはバックから出して積んでいます)。第1世代(R52)はラゲッジカバーも簡単に取り外せるので、これなら荷室の広さも十分ですね。

 

後方視界が悪いって聞くけど?

後方視界が決して良いとはいえないコンバーチブル。確かに斜め後方の視界が悪いので、ミラーに加えて目視での確認も大切です。特に交差点では自転車が見えにくい場合があるのでご注意下さい。

 

しかし、後方視界が悪くても車庫入れは楽々できてしまいます。なぜかと言うと、リヤバンパーにPDC(パーク・ディスタンス・コントロール)が標準装備されているから。名称だけ聞くとややこしいですが、早い話がバックセンサー(ソナー)です。障害物や壁との距離を音で知らせてくれるので、バック駐車はかなりギリギリまで寄せられます。iRのショールームでは壁ギリギリに展示していますが、駐車テクニックではなくPDCのお陰です(笑)

 

 

ちなみに『ビジュアルブースト』や『F57の純正ナビゲーション』が付いていると、PDCが視覚的に表示されます。これならバックカメラもいりませんね!

 

 

まとめ

新車で購入するオーナーはセカンドカーでの利用が多いので、その分中古車は低走行で状態の良い車両が多いのが魅力です。しかし、ミニコンバーチブルは新車販売台数が他のモデルに比べて少ないため、中古車の流通台数が少ない上に人気が高いので、なかなか条件に合う一台を見つけるのが難しいクルマです。

 

ちなみに今日(2017年9月9日)現在、iRで在庫しているコンバーチブルは2台だけ!早いもの勝ちですよ!!

 

ミニクーパーS コンバーチブル

2012年式 / 34,000km

 

ミニクーパーS コンバーチブル ハイゲート【限定車】

2012年式 / 15,000km

 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~ LIFE with MINI ~
ローバーミニ・BMWミニ・ミニクーパーの中古車専門店 iR:イール
 
Stock List
iR(ショールーム) 東京都世田谷区上野毛4-39-7
tel:03-5797-2288 / info@ir-japan.net
 
iR MAKERS(サービス工場) 東京都大田区大森西4-4-16
tel:03-3766-3232 / front@ir-japan.net
株式会社インフィックス
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 
 
Archive
20179
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Recent Entries
Categories