iR03-5797-2288iR MAKERS03-3766-3232
2018.01.12

2018年MINIの最新ニュースと流行予想!?

 

皆さま明けましておめでとうございます。

昨年も全国よりたくさんのお客様にご愛顧を頂き、誠にありがとうございました。

今年も「ミニに乗りたい」というお客様が素敵なミニライフをスタートできるよう精一杯取り組んで参りますので、iR、iR MAKERS共々、宜しくお願い致します。

 

・・・とまぁ毎年おなじような挨拶ではじまりました2018年のイールブログ。今回は新年早々に飛び込んできたMINIの最新ニュースをお届けします!

 

新型ミニ3ドア、5ドアとコンバーチブルのマイナーチェンジがついに正式発表!

 

以前よりウワサされていたLCI(Life Cycle Impulse ※分かりにくいので以下マイナーチェンジ)ですが、ついに正式発表されました。新型とはいえ、3ドアハッチバック(F56)がデビューしたのは2014年。もう4年も経つんですね。

今回発表となった変更点は以下の通り。

 

ヘッドライト/テールライト

 

 

半円型だったヘッドライト内のLEDは完全なリングとなり、クラシックミニ時代から続くミニのアイコン“丸い目”がより強調されるデザインとなりました。LEDリングがヘッドライト外周より少し内側に入っているせいでしょうか《鳩が豆鉄砲を喰らった》ような表情に見えるのは私だけ?

このリングライトはデイライトとしての機能の他にウィンカーの役割も果たしており、ヘッドライトは今回のマイナーチェンジの大きな変更点と言えます。やっと日本国内でもデイライトが解禁されたので今回のモデルからデイライト化されるのでしょう。また内蔵されるオプションのアダプティブヘッドライトも性能がアップしたようです。

 

 

テールライトはこちら。ユニオンジャックのデザインを落とし込んだ個性的なライト。

以前から新型ミニ3ドア(F56)JCW GPやMINI Electricのコンセプトカーのデザインに用いられ「顔文字みたい」と話題になっていましたが、こちらも正式導入。ただ、イールでも「ミニは好きだけどユニオンジャックは付けたくない」ってお客様がけっこう多いので、標準装備ではなくMINI Yoursの追加装備の方がよかった気がしますね。

 

エンブレム

 

すでにMINIの公式サイトやカタログに掲載されるロゴはこちらのデザインに変更されていましたが、ボディに取り付けられたたエンブレムは今回が初お目見え。“フラットなデザイン”と言われていましたが、エンブレムになると立体感があってイイですね。ただ洗車しにくそうなのが気になるところ。

 

ホイールデザイン追加

 

17インチホイールに新たにレールスポーク・2トーンホイールを追加。

また、17インチのプロペラスポーク・2トーンとルーレットスポーク・2トーンが全モデルで選択可能になりました。

 

ボディカラーに新色追加

新色【ソラリスオレンジ・メタリック】【エメラルドグレー・メタリック】【スターライトブルー・メタリック】が追加されました。(おそらく上記画像の左3色) ただでさえ多いグレー系とブルー系に更に色が追加されましたね。また外装オプションのクロムラインエクステリアをツヤ有りのブラックに変更するピアノブラックエクステリアもオプション追加されました。(上記画像の左から2番目が装備しています)

 

インテリアサーフェス

 

 

内装にはMINI得意のユニオンジャックをインテリアサーフェス部分に入れるオプション「MINI Yoursインテリアスタイル・ピアノブラック」が追加されました。パネル裏に内蔵されたイルミネーションライトによりユニオンジャックが浮かび上がる仕様。こちらはMIN Yoursの追加オプションとなるようで、ユニオンジャックが苦手な方も一安心です。

 

ナビゲーションのタッチスクリーン化

 

 

すでに新型クラブマンや新型クロスオーバーには導入されれいるタッチスクリーンタイプのナビゲーションが、3ドア、5ドア、コンバーチブルのナビゲーションにも標準装備されます。これはとても便利になります!

 

コースティング機能の追加

 

コースティング機能とは、いわゆる「滑空」状態で惰性走行することです。コースティング中はエンジンがミッションから切り離される為、エンジンの制動効果がなく燃料消費は最小限に抑えられます。コースティング機能はMINIドライビングモードのMIDモード・GREENモードの両方で利用可能で、運転中にアクセルペダルから足を離すと発動します。つまり長い下り坂や遠くの前方で止まることがわかっている状況など、早めにアクセルペダルを放すことで燃費向上につながるということ。

ただ走行中に「N」レンジにギアを入れるような感覚なので不安はありますが、ナビゲーションシステム内のデータやドライビングアシストに装着されたカメラの映像によって、ブレーキが必要な場面ではエンジンブレーキが働くようコンピュータが自動で判断してくれるのでご安心を。

アクセルを離すだけで燃費の改善につながるのは簡単で嬉しいですね。

 

排気量・トランスミッション

 

3ドア/5ドアに設定のあるグレード「ワン」は従来の1200ccから「クーパー」と同じ1500ccに排気量がアップ。それに伴い最大トルクは180Nmから190Nmにアップ(最高出力はそのまま)しています。

大きな変更点として、ワン、クーパー、クーパーD、クーパーSのミッションが従来のアイシン製6速ATから7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)に変更、

更にクーパーSD、JCWは従来のアイシン製6速ATからアイシン製8速ATに変更となりました。

 

DCTとは偶数段と奇数段の2つのクラッチを交互に繋ぎ変えながら変速するミッションで、変速が非常にスムーズであることが特徴。変速中も加速が途切れない為スポーティでより高い加速性能を発揮する他、6ATに比べ低燃費というメリットも。

また8速ATは新型クラブマン(F54)や新型クロスオーバー(F60)にすでに採用されており、ギア数の増加と変速レスポンスの改善によりスムーズな変速が可能となりました。これらは最高出力とトルクのアップ、そして燃費の改善にも繋がっています。現時点で8速ATの最高出力やトルクについての記述はありませんが、すでに採用されている8速ATの数値を参考にすると以下の数値になるのかな?

 

【クーパーSD】

6速AT 8速AT
170ps / 4000 rpm 190ps / 4000 rpm
360Nm / 2750rpm 400Nm / 2500rpm

 

【JCW】

6速AT 8速AT

231ps / 5200rpm

231ps / 5000rpm

320Nm / 4800rpm

350Nm / 4600rpm

 

(7速DCTのスペックについても未発表ですが、ワン以外はおそらくそのまま)

 

DCTはポルシェをはじめとしたスポーツカーの代名詞的ともいえるミッション。2010年前後のBMWはDCT開発に熱心で、“スポーティでMTのようなダイレクト感のあるAT”として、ハイパフォーマンスモデルや上級グレードに7速DCTを設定していました。しかしATに比べ、走り出し時や低速走行時のギクシャク感が日本をはじめとする渋滞の多い都市、AT主流の国ではあまり評価されず・・・更に性能の良い8ATの登場も重なり、DCTは徐々に衰退していくことに・・・

では何故、このタイミング、そしてMINIでDCTを採用したのでしょうか?

今回のBMWのプレスリリースによると

「コンパクトセグメントでMINIのスポーティなキャラクターを強調するため」

そして「更なる燃費性能と加速性能向上のため」とされています。

ちなみに先行してゲトラグ製7速DCTが新たに採用されたBMW「X1」の試乗インプレッションを見てみると、

・AT同等とまではいかないものの、走り出しはかなりスムーズ

・クリープ機能も性能がアップしギクシャク感は少ない

・DCTの弱点をほぼ感じさせない

といったものを多く見かけます。

うぅ~ん・・・よっぽど素晴らしいDCTが完成したのか、それとも言わされているだけなのか・・・w

 

DCTってどんなもの?加速がスムーズってどんな感じ?ATとの違いは?ミニらしさはどうなの?と気になるポイントが多いことは事実。だってはじめてですからね。

こればっかりは乗ってみないとわからないので楽しみにして待ちましょう。

 

今回の発表では2018年3月に本国イギリスで販売開始とされており、日本での販売日程などは発表されていません。(3月2日のミニの日ではなさそう)

日程がわかり次第、またお知らせしたいと思います。

 

 

自分のミニには自分の名前を!2018年は名前入りミニが流行る!?

こちらは日本導入するかどうかまだ未定ですが、新たなミニのカスタムとして流行しそうな予感。

 

MINI Yours Customised

ミニのサイドスカットル、インテリアパネル、LEDドアシル、LEDドアプロジェクターに自分の名前やアイコンを入れられるデザインプログラムが発表されました。詳細はこちらの動画をご覧ください。

 

 

あらかじめ用意されたフォントやデザインをカスタマイズしたものや、手書きのサインを注文することもできるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

アレンジはまさに無限大!ミニオーナーへのプレゼントとしても喜ばれそうですね。すでに注文サイトは公開されているため気になる方はチェックしてみてください!

 

MINI Yours Customised 公式サイト(海外サイト) www.yours-customised.mini

 

クルマに自分の名前といえば・・・

 

 

P.K.サンジュンさん(@p.k.sanjun)がシェアした投稿

(ロケットニュース)

 

だれかMINIでここまで振り切った痛車やってください、ソッコーで取材行きますw

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

~ LIFE with MINI ~
ローバーミニ・BMWミニの中古車専門店 iR:イール
 
Stock List
iR(ショールーム) 東京都世田谷区上野毛4-39-7
tel:03-5797-2288 / info@ir-japan.net
 
iR MAKERS(サービス工場) 東京都大田区大森西4-4-16
tel:03-3766-3232 / front@ir-japan.net
株式会社インフィックス
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/ 

 

Archive
20181
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Recent Entries
Categories