MINI BLOG

2010.04.09公開 / 2013.12.22更新

エアバックが開いたその後は・・・

 

事故でエアバックが作動したミニが入庫したのはⅰR MAKERS 開業以来初めての事です。

 

 

DSCF6605.JPG

 

 

 

一旦お預かりはしたものの、廃車へとお決まりのコースを辿り、結局保険会社が

車両を引き上げる事に!

 

何でも全損車両保険金を支払うので車両の権利は保険会社にあるのだとか・・・!?

 

 

お客様がお荷物を引き上げてから数日後、保険会社から依頼を受けた業者が損傷具合

から通常の積載車では無理だろうとの判断により 4t のユニックで来ることになりました。

 

 

皆様ご存知のとおりメーカースとその周辺は狭く 4t ユニックが車両置場に直接入るのは

無理な為、業者さんの到着前にミニを表の通りまで引き摺り出す必要があるのです。

 

 

これがまた重労働! 

 

たとえ小さなミニといえども、足があらぬ方向を向いておりタイヤが転がらない!!

福嶋と路と私の三人がかりで朝っぱらから祭り並なハイテンション♪

 

こんな時、昨日のあの人が丁度通りかかってくれれば・・・

なんてある訳ないか...

 

 

 

 準備がととのった所で 4t ユニックの登場です!

 

 

DSCF6609.JPG

 

 

ルーフにワイヤーを通しクレーンで吊り上げられました。

 

 

 

 

 

DSCF6610.JPG

 

 

丁寧に荷台の着地ポイントへ誘導されていきます。

 

はじめの内は見物気分で眺めていましたが、いよいよその時が近づいて来るにつれ、

麗らかな春の朝とは対照的な秋の夕暮れのような心持ちに・・・

 

 

 

 

 DSCF6611.JPG

 

 

車体を張って乗員を守ったミニとの別れの時がやってきました。

 

 

お客様に怪我は無かったそうです。