MINI BLOG#イール

MINI BLOG

2024.04.15公開 / 2024.04.15更新

【社内イベントレポート】会社創立25周年 インフィックス初の社員旅行を決行!

 

2024年1月11日

おかげさまで当社、株式会社インフィックスは創立25周年を迎えることができました。

これもお客様をはじめ、取引先企業の皆様、スタッフを支えてくれている家族など、インフィックスに関わっていただいた全ての皆様のお陰でございます。

社員一同、心より御礼申し上げます。

 

そんな記念すべきアニバーサリーイヤーの今年、社員旅行を行いました!

 

当社には福利厚生やWebプロモーション、教育制度や安全の啓蒙などについて、社内の課題を従業員がボトムアップで改革を行う学校の委員会のような活動制度「ユニット」というものがあり、全労働時間の10%をこのユニットに割くことが求められてます。

そのためアルバイトを含む全スタッフが5つあるユニットのどこかに所属し、日々改善活動を行っています。

 

今回の社員旅行は私高木が所属する「イノベーションユニット」が実行役です!

 

会場はこちら

 

箱根湯本温泉天成園さん

https://www.tenseien.co.jp/

 

全長17メートルの「天空大露天風呂」は開放感抜群!
頭上を遮るものはなく、山々が紅く染まる秋をはじめ、新緑、夏空、冬景色・・・と、箱根の豊かな四季を眺めながら、湯浴みをお愉しみいただけます。
「箱根の瑞々しい空気」とともに広々とした浴槽で良質な天然温泉を思う存分ご堪能くださいませ。

(天成園さんHPより抜粋)

 

 

ワクワクどきどき出発

【14:00】気持ち良い青空の下、iR世田谷・横浜、iRメーカース、iRテックファクトリー、コーポレートオフィス(本部スタッフ)とアルバイトさんも含め、約50人でいざ出発です。この日のために大型バスをチャーターし、いよいよ楽しい旅のスタート!
当社はアルバイトスタッフも社員と同じく希望者の参加大歓迎!大学生のスタッフも初めての社員旅行に参加して楽しんでました♪

 

出発前にみんな揃って記念の1枚 いざ出発ー!

 

行きの車内では、綾部社長からドリンクの差し入れが! いただきます!

ビール大好き iR横浜の間瀬さん

 

道中 海老名SAにて休憩タイム

【15:00】午前中は通常通り業務をしてからの出発だったので、みんなお腹はペコペコ状態です。

美味しいものだらけの海老名SA、限られた時間の中で何を食べるか皆真剣!休憩をとりつつ各自小腹を満たしました♩

すでに酔っているiR横浜の石田さん(右)とアルバイトスタッフの竹内くん(左)

 

牛タンか鶏皮餃子か…悩み中のiR世田谷マネージャーの中山さん

 

あっちのほうが美味しそうだと後悔するトレードチームの水上さん(右)とアルバイトスタッフの垣花さん(左)

 

甘いものには目がないiR世田谷セールスの久野さん

 

今回の社員旅行の企画実行係/イノベーションユニットのメンバーは休憩中にプチミーティングです

 

超絶運転テクニックのドライバーさんに感謝しつつ無事に到着

【16:00】途中休憩も挟みつつ、約2時間で本日のお宿に無事到着。

箱根の山道はそもそも狭くてクネクネ、しかも大型バスって・・・しかしそこはさすがの超絶ドラテク!

ドライバーさんありがとうございました!

 

ここからは夜の宴会までの時間、各々自由行動となります。

 

エントランスで記念にパチリ

 

お部屋でゆっくりする人、近所を散策する人、宴会まで温泉を楽しむ方など過ごし方は様々。

こんな時に普段業務では見えないプライベートな部分の性格が出ますね〜。

普段交流の機会が少ないセールスとメカニックの交流も見られました、連携プレイの源ですね!

まずはお風呂! iR横浜/セールスの佐藤さん(左)と私髙木(右)

 

はたまたソフトクリーム! 笑顔が素敵なiRテックファクトリー/メカニックの佐原さん(左) とそれを見つめるiR世田谷/セールスサブマネージャーの堀口さん(右)

 

待ちに待った宴会スタート

【18:00】いよいよ(株)インフィックス創立25周年大宴会のスタートです。

ぞくぞくと会場に集まるスタッフたち。

 

これほど多くのスタッフが一度に揃うことはなかなか無いため、今回は別拠点のスタッフと交流してもらおうと席順はランダムで決めさせていただきました。

 

出発時にチェキを撮り、、、

それを各席に配置し、ご自身の写真が置いてある座席に座っていただきました。

普段はあまりお話しすることのないスタッフ達と、意見交換ができるいい機会。

積極的にコミュニケーションをとっていただきました。

 

 

司会進行は我がイノベーションユニットリーダー トレードチーム/マネージャーの牧野さん

 

乾杯!

まずは開会の辞。

統括マネージャーの武藤さんより乾杯の挨拶をいただきます。

 

トレードチーム/アシスタントの飯嶋さん(中央)からビールを注いでもらいご満悦の牧野さん(右)

 

とっても美味しいお料理でみなさん大満足。

お箸も会話も、そしてお酒もどんどん進みます。

 

勤続10年表彰

ここで綾部社長より勤続10年の方に特別に労いの表彰が贈られました。

またまた登場、統括マネージャーの武藤さん。

(注:決して怒られているわけではございません)

 

おめでとうございます!

そして、10年間ありがとうございます! これからもよろしくお願いします!

 

ビンゴ大会スタート!

企画実行係を担う我々イノベーションユニットのメンバーは、今回の25周年社員旅行のために数ヶ月前から準備をしてまいりました。

その中でも特に力を入れていたのが、本日のメインイベントでもあるビンゴ大会。

「自分では買わないけれど貰ったらうれしい物」をテーマに景品のチョイスを試行錯誤しながら選定。

揃った人から好きな商品を選んでいきます。

人気商品はプレイステーション5東京ディズニーランドペア宿泊券、リファのドライヤーなど!

そして、なにも貰えない人がいないよう、必ず全員に何かしら当選するべく調整を行いました。

そんな気合いの入ったビンゴ大会、いよいよスタートです!

 

お酒も入っていたこともあり、みんな大盛り上がり!

ちなみに、業務の都合で今回の旅行に参加できなかった社員のために、その方の分も代理の方が参加してもらいました。

カードを2枚持っている方が代理の方です。 

当社が大切にしている誰もが『フェアであること』がこういった部分にも現れています。

 

当選しクールに手を突き上げる iR世田谷セールスの堀口さん

 

続々と景品をゲットしていくスタッフたち。こちらはiR世田谷セールスの関山さん

 

炭酸水メーカーをゲットした iRテックファクトリー/フロントの大芝さん

 

 

全スタッフに景品が行き渡り、人知れずと安堵する私(ホッ)

普段はあまり関わりのない人たちと交流していただき、無事に大盛況で宴会を終えることができました。

 

さて、30周年はどんなイベントをやろうかな…

 

翌日は真面目にお勉強モード

翌朝

昨晩のお酒が残っているスタッフもいる中、当社のMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)研修を兼ねた社員総会が開催されました。

会社で自分たちが実現したいことは何なのか?

会社は自分たちに何を求めてるか?

自分たちがお客様に提供したいバリューは何なのか?

についてみんなで意見交換を行い、自分たちの目指す方向を再確認しました。

 

そしてお世話になっている、株式会社リブ・コンサルティングの齊藤さんにもご参加いただき、スクリーンにインフィックスの軌跡を映し出しながら、綾部社長に創立から現在までの歴史について語っていただきました。

 

今まであまり聞く機会のなかった過去のお話はとても興味深く、我々が日々働けるのは、失敗・成功の積み重ねから作り上げた土台のおかげだと改めて実感。

と同時に、いわゆる普通の中古車販売店にとどまらず「iRが目指すところ・大切にしていること」について、参加した全員が理解を深めることができました。

 

総会の中では、複数のチームに分かれ、インフィックスを今後どんな会社にしていきたいか?といったテーマに沿って野望を語り合う場面もありました。

忙しい日常の中では考える余裕のない会社と自分たちの未来について、それぞれが考え話し合う貴重な機会。

BMWミニ・ROVERミニの中古車専門店という枠に捉われない自由な発想や野望の中には、社長も思わず「なるほど!」と驚くような提案が出る幕もあり、部署や年齢の垣根を超えた実りあるミーティングとなりました。

 

これから30周年、35周年と歴史を積み重ね、より多くの皆様に「HAPPY MINI LIFE」を提供できるよう、社員一同精進してまいります!

 

この先の5年、10年を一緒に作り上げる仲間を募集しています!

 

2024年4月現在、インフィックスには社員アルバイト合わせて総勢64名が在籍。

ほんの1年前には50名もいなかったのに・・・

更に事業拡大のため新規エリアへの出店も本年度計画されてたり、新規事業も4月から立ち上がりますますスタッフ採用を加速していくので、各部署各ポジションにおいて我は!という方からのエントリーお待ちしてます!(人事採用担当:中島談)

 

チャンスが多い環境で、どのように自分を成長させていくかは自分次第。

あなたをワクワクさせる、無限の可能性がここから広がっていきます!

 

インフィックスという会社に少しでも興味をお持ちいただけた方は、下記リンクをご覧の上、まずはフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

リクルート

 

季節を楽しむ社内イベントも随時企画中。

過去の社内イベントリポートはコチラから↓

iR社内イベントレポート! 横浜初のアウトドアフィールドで本格BBQ!

 

今回は身内ネタとなってしまいました、当社がどんな会社か少しはお分かりいただけましたでしょうか。

最後までお付き合い頂きましてありがとうございました。


MINI BLOG

2024.03.02公開 / 2024.03.02更新

年に一度のMINIの日!朝活イベント@MINI Tokyo Bayに参加してきました

 

ミ(3)ニ(2)という語呂合わせから3月2日はミニの日、というミニ界隈では特別な1日となる本日。

怒涛の2月の月末を駆け抜けたこともあり、気がつくと3月1日で明日はミニの日だ!と急遽前日夜に何かイベントないかな〜と探していたところ、MINI Tokyo Bayにて「MINIモーニングミーティング」が開催されるという情報をゲットしました。

こりゃ〜行くしかないっ!と、いつもより早起きし、まだ寝ぼけ眼ながら、ぴんくのマイMINIに乗りいざMINI Tokyo Bayへ出発!

(最近紫とよくいわれますがぴ・ん・く・のミニですっ)

 

 

イベント会場内にて

道中は全くMINIのイベントの気配はなく、「ほ、ほんとに開催してるよね・・?」とちょっぴり心配になりつつ会場に到着すると、MINI Tokyo Bayの広いお客様用駐車場にはすでにたくさんのミニがずらり!

 

 

これ全部、商品車ではなく来場しているお客様のミニです!

 

ローバーミニもいました。(かわいい!)

イベントは朝7:30から始まっており、私が到着したのは8:00前で少し遅れ気味とはいえ想像以上の台数に一気に目が覚めました(覚醒!)

ちなみにこの後もどんどんMINIが会場に集ってきてましたよ。

 

メインホールに新型モデル!

 

メインホールに着くと、新型モデルのMINI E クーパー(THE NEW ALL ELECTRIC MNI COOPER)MINI カントリーマンがお披露目されてました!

3月16日からショールームに来るなんてウワサは聞いていましたが、まさかこのタイミングで実車を拝見できるとは思わず興奮!

来場していた方々はNEW MINIに興味津々で、常にこのエリアにはたくさんの人だかりができていました。

MINI Eとカントリーマンを見た感想は後ほど!

 

 

ホール内では新しいMINIを囲んで談笑したり、コーヒーも提供され穏やかな時間が流れていました。

 

 

先着順でプレゼントされていたオリジナルグッズの記念マグネットも無事ゲットしました!

残りわずかだったのでギリギリセーフ・・・早起きして良かったー。

 

 

NEW MINI COUNTRYMAN & ALL-ELECTRIC MINI COOPER

クロスオーバーの後継モデルとなるカントリーマンと、電気自動車となったミニ3ドア。

2台とも外見は直線的でミニマリズムな未来的なデザイン。

事前に公開されていた車両サイズは把握していましたが、いつもイールで見るミニクロスオーバー(F60)のイメージで対面すると、数値以上の大きさを感じました。

 

先代クロスオーバー(F60)の名残も残りつつなリアデザイン。

 

アルミホイールは20インチ!大きい!

オーバーフェンダーに模様が入っているのと、いままでの樹脂製フェンダーとは素材が違いました。

白くならない新しい素材でしょうか?

 

 

そしてこちらはNEW MINI Eのおしり。

MINIといえば丸みを帯びたフォルムが定番でしたが、こちらも直線的なデザインやテールライトの形。

トランクリッド周りのデザインも大きく変更されていて先代ミニ(F56)とはまた変わった印象ですね。

 

 

MINI独特のクロームのドアハンドルやウエストモールラインがなくなり、樹脂のフェンダーアーチモールもなくなっている!

個人的にはMINIのクローム部分がとても好きなので少し寂しさを感じました。

コンフォートアクセスはボタンタイプからタッチタイプに変更されているようです。

MINI Eのアルミホイールは19インチ!

 

 

 

室内はシンプルかつとても洗練されたデザイン。

メーターもセンターモニターだけでとてもスッキリ!

その分大きく広がったスペースにはファブリックが多く使われておりました。

しかしこのシフトレバー・・・左手はどこに置いていればいいの?泣

 

 

 

MINI Eのエンジンルームがお目見え!

当たり前ですがガソリンエンジンと全然ちがう・・・

けど、思っていたよりまだメカメカしているんだなーという印象。

もっと大きな箱が1つ入っているくらいのイメージでした。

 

 

あっという間に人だかりができました、やはり興味はありますよね〜。

いつか電気自動車は電気屋さんがメンテナンスする、なんて日がくるのでしょうか?

 

MINI Tokyo Bayでは3月2日と3日でNEW MINI2台を特別展示中。

今日は約100名のオーナー様が集まったみたいです!

 

 

MINI Eの後ろでピースしているのが私です。笑

 

最後に!ハセガワミニコレクション紹介させてください

MINIがずらっと並んでいると、いつも富士スピードウェイで開催されているミニフェスを思い出してしまいました。

 

【イベントレポート】今年も参加してきました!MINI FES2022@富士スピードウェイ

昨年度は順延となったミニフェス・・今年は開催されることを切に願います。

今回のモーニングミーティングは規模こそ劣りますが、ミニフェスに負けないくらい個性溢れるMINIがたくさんいました。

外はめちゃくちゃ寒かったですが、スマホを握りしめて目に止まったMINI達を写真におさめてきたのでここで紹介させてください〜。

 

 

 

 

 

 

完全なる独断です!

今回、私のMINIを含め3台もフルラッピングしているクルマがいました。

徐々にラッピングの技術も品質も上がり、普及しているみたいですね。

(実は、私のぴんくのミニも違う色にラッピングしようと計画中)

 

可愛くて素敵なMINIをたくさん拝むことができて、朝から眼福!でした。

ニヤニヤしながら急いでiRに戻り、通常業務に戻ります!

 

それでは皆様、HAPPY MINI LIFEをお過ごし下さい!


MINI BLOG

2024.01.20公開 / 2024.01.21更新

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【ハッチバック編】(2024年1月20日 更新)

 

(2024年1月20日 更新)

ミニには様々なグレードや色、モデルが設定されており、オプションまで挙げると全く同じミニを見つける事は不可能なのでは!?

そんなバリエーション豊かなミニですが、限定車ももちろん設定されています。今回はより個性の強い限定車・特別仕様車について詳しくまとめていこうと思います!

1つのブログにまとめるには種類が多すぎるため、今回は「第三世代の3ドア、5ドアハッチバック(F56,F55)」について取り上げていきます。

 

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【コンバーチブル・クラブマン・クロスオーバー編】(2022年11月10日 更新)

 

 

限定車

シャドーエディション

ミニ3ドア(F56)クーパーSミニ5ドア(F55)クーパーSをベースに2023年7月13日より発売を開始したMINI Shadow Edition(ミニ シャドー エディション)

ミニ3ドア(F56)クーパーSが100台ミニ5ドア(F55)クーパーSが100台、合計で200台の限定販売となります。

 

ボディカラーはミッドナイトブラック、ルーフ、サイドミラーキャップはShadow Editionオリジナルのシルバーを設定。

ミニエンブレムやドアノブ、ヘッドライトリングなど、通常クロームラインとなるパーツは全てピアノブラックに加飾、更にボンネットやサイドスカットルにもShadow Editionオリジナルデザインが施されます。

インテリアに関しては、シートをレザレットシート カーボンブラック、天井内張はアンスラサイトブラックとし、徹底的なブラックへのこだわりを感じ取れます。

 

2021年10月に発売されていたミニクロスオーバー(F60)の限定車、MINI Crossover Shadow Edition(ミニクロスオーバーシャドーエディション)のミニ3ドア、ミニ5ドアバージョンといえる今回の限定車。

ミニクロスオーバーのシャドーエディションは新車販売終了後の中古車市場でも非常に人気が高く、iRでも販売実績の多い限定車です。

いつか全てのシャドーエディションを並べてご紹介できるよう、仕入れに目を光らせていきます。

 

 

 

レゾリュート エディション

ミニ3ドア(F56)、ミニ5ドア(F55)クーパー/クーパーSミニコンバーチブル(F57)クーパーSをベースに2022年9月15日より販売が開始されたMINI Resolute Edition(ミニ レゾリュート エディション)

 

今までジョンクーパーワークスでのみ選択が可能だった専用色「レベルグリーン」をボディカラーに設定し、ルーフカラー、サイドミラーキャップはペッパーホワイトを採用。

ボンネットストライプやヘッドライトリング、フロントグリルなどを専用カラー「レゾリュート ブロンズ」とする事で落ち着きのあるレベルグリーンにアクセントの効いた一台となっております。(この辺りのエクステリアパーツでブラック以外のカラーが純正設定されるのは初)

インテリアには専用デザインハーフレザレットシートが採用され、レゾリュートブロンズのパーツが随所に施されます。

 

気品あるブロンズパーツの採用により高級感あるエクステリアと、ポップな配色となっているインテリアとのコントラストが目を惹くお洒落な一台となっています。

 

 

 

 

ミニ ブリックレーンエディション

ミニ3ドア クーパー/ミニ5ドア クーパーD/ミニクラブマン クーパーDをベースに2022年2月7日より販売が開始されたMINI Brick Lane Edition(ミニ ブリックレーン エディション)

2回目のLCI後初となる限定車の販売台数は、ミニ3ドア クーパー180台、ミニ5ドア クーパーD300台、ミニクラブマン クーパーD180台

 

ボンネットとボディサイドにはオリジナルストライプを施し、ルーフにはブリックレーンエディション専用ペイント「サンマリノブルー」を採用。ドアシルプレートやサイドスカットル、インテリアサーフェイスやフロアマットにもブリックレーンエディションのロゴが表記されます。

また、新車では初となるフローティングホイールキャップを装備。走行中はロゴが回転せず、常に上向きとなります。

インテリアにはレザレットシートを採用しスタイリッシュな印象。内外装共に落ち着いたブルーをアクセントカラーとする事で、若々しい遊び心を表現している一台です。

 

 

 

ミニ ピカデリーエディション

 

 

ミニ3ドア(F56)のクーパー、クーパーDとミニ5ドアのクーパー、クーパーDを対象に、2021年2月末までの期間限定生産される「MINI Piccadilly Edition(ミニ・ピカデリー・エディション)」が2月5日から販売開始となりました。エクステリアにはピカデリーエディション専用のストライプレタリングが施され、ブラックのレザレットシートにはシートヒーターも備わります。また、限定車へのパッケージングは初となるサービスパックMINI TLC(TENDER LOVING CARE)のライトパック3年プランが無料で附帯されます。

従来の純正ストライプは、スポーティーにイメージチェンジできる幅広のものが多かったのですが、このピカデリーエディション専用の主張しすぎないボンネット“ピン”ストライプは、今までにないクラシックな印象。もしかしてクラシックミニのボンネット形状を表現してる!?「Piccadilly」のレタリングは先代のローバーミニ ピカデリーと同じフォントが使用されており、さりげないサイドストライプからもオースチン時代の名残を想起させてくれます。せっかくなら当時限定色だったカシミアゴールドをどこかに再現して欲しかった・・・

 

 

ミニ ジョンクーパーワークス GP インスパイアードエディション

 

 

史上最強のミニと言われたMINI John Cooper Works GP(以下GP3)にインスパイヤされた特別仕様車。GP3に設定されていた専用ボディカラー「レーシンググレーメタリック」に「メルティングシルバー」ルーフの組み合わせ。内装でもGP3オリジナルであった3Dプリント技術を使用したパドルシフト、ダイナミカレザーのコンビネーションシートを採用。GP3ではハデすぎると言われたエクステリアデザインや、カタすぎるという噂の足回りを、よりデイリーユース、タウンユースに近づいた仕様となりました。また、GP3では2人しか乗れませんでしたが、4人乗りになったのは大きな利点ですね。(とは言っても231馬力の4気筒DOHC!)欲を言えば、このタイミングでM/T仕様を復活させて欲しかった!2021年1月22日〜2021年2月末までの限定生産なので、この特別な機会をお見逃しなく。

 

ミニ パディホプカークエディション

 

 

第3世代のミニ3ドアクーパーS(F56)に120台、5ドアクーパーS(F55)に80台設定された限定仕様車「MINI Paddy Hopkirk Edition」(パディホップカークエディション)が2021年1月15日に販売開始されました。

パディホップカーク氏が当時モンテカルロラリーにて優勝したミニと同じ、レッド(チリレッド)ホワイトルーフの組み合わせですが、ホイール・グリル・ヘッドライトリング・エアインテーク・サイドミラーなどをブラックアウトすることで、ポップになりがちな白屋根のコーディネートをシャープでスポーティにまとめてあります。ミニの歴史と伝説のドライバーに敬意を表した限定車パディホップカークエディションは、各世代のミニフリークに愛される一台となりそうです。ドアに施された大きな「37」のナンバーデカールはモンテカルロラリーを制した際の栄光のゼッケンナンバー・・・ですが、ちょっと個性的すぎる、という方はココだけデカールを剥がすのもアリかも?

 

ミニ ローズウッドエディション

 

ミニ5ドアハッチバック クーパーをベースに日本全国200台限定でこちらのブログ公開日前日、2020年8月31日より販売を開始しました!5ドアハッチバックでは日本初導入となるインディアン・サマー・レッド・メタリックを外装色として纏い、黒のルーフ、ミラー・キャップ、黒のホイールがアクセントとなり、派手過ぎず、大人の装いを表現しています。インテリアにおいては、クロス製ブラック・パール、レザレット製カーボン・ブラックが相まった味わい深い上品な装いとなっています。

 

ミニ ジョンクーパーワークスGP

 

 

世界で一番過酷なサーキットとして有名なニュルブルクリンク北コースで先代(R56 JCW GP)よりも約30秒早い8分以下のタイムを記録したミニの中でも一番早いモデル!2019年11月から限定販売され、最高出力306PS、最大トルク450Nm、0-100km/hは5.2秒を記録。全世界限定3000台の限定生産で、日本の割り当ては240台となっています。

 

MINI史上最速のJCW GPが早速入庫!ミニ専門店の目線でマニアックに解説してみます!

 

ミニ アイスブルー & アイスブルー ブラック エディション

 

 

第2世代で大変人気のボディカラー、アイスブルーを復刻した限定車。2018年10月から予約受付開始。設定された台数はアイスブルーエディション 3ドアハッチバック クーパーは120台、アイスブルー ブラックエディション 5ドアハッチバック クーパーSは380台のみとなっています。非常に少ない設定台数に加え、5ドアハッチバックにはMTのみが設定されました。特に日本で初めて5ドアハッチバックのMTを選択できたのはとても衝撃的でした。

 

ミニ バーガンディー エディション

 

 

ボディカラーにクラブマン専用色のピュアバーガンディーメタリックを採用した320台の限定車。2018年10月に予約受付を開始し、設定モデルは3ドア及び5ドアハッチバックのクーパー。インテリアには年輪をイメージしたセンターディスプレイリング装備され、ハッチバックを少し大人な雰囲気にするします。

 

ミニ ヴィクトリア

 

 

BMWグループの生誕100周年を記念した限定車。設定モデルは3ドアハッチバック 5ドアハッチバックのグレードはワン。2016年6月から受注開始し全国限定で300台となりました。イギリス国旗をモチーフにしたユニオンジャック柄のサイドストライプ専用のミラーキャップが備わっています。さらに純正HDDナビ、コンフォートアクセス、シートヒーターなどのメーカーオプションが標準装備となっています。設定カラーはペッパーホワイト、ブレイジングレッドメタリック、ディープブルーメタリックの3色を用意していました。

 

ミニ ジャーミン

 

 

2015年5月より受付開始した5ドアハッチバック初の限定車としてデビュー。5ドアハッチバック クーパーSには140台、3ドアハッチバック クーパーSには40台設定されました。エクステリアは当時限定色であったラピスラグジュアリーブルーを採用し、18インチヴァニティースポーク2トーンアロイホイールを組み合わせていました。インテリアではユニオンジャックをモチーフにしたレザーラウンジシート革巻きステアリング木目調のインテリアパネルを採用し高級感のある室内空間を演出している。

 

大人気のBMWミニの限定車JERMYN(ジャーミン)!買うなら「今がオススメ」の理由!?

 

特別仕様車

ミニ カムデンエディション【NEW!】

ミニ3ドア、ミニ5ドアクーパー、クーパーDをベースに、日本限定で2023年1月11日(木)から発売を開始したMINI Camden Edition(ミニカムデンエディション)

ボディカラーはエニグマティックブラック、ナノクホワイト、ルーフトップグレー、チリレッドの4色から選択可能。

 

ロンドンにある、パンクロック最盛期を経て様々なクラブや音楽が集うカムデン地区を表現する一台。

外装は、音の波形を模したオリジナルデザインのサイドスカットル、F系ミニ前期モデルで採用されていた人気の17インチホイール ルーレットスポーク2トーンをパッケージ。

インテリアにはオリジナルドアシルプレートなどで、さりげなく特別モデルであることが主張されています。

また、日本のアーティストであるSIRUP(シラップ)とコラボしたオリジナル楽曲も作成。

 

2009年にミニ生誕50周年を記念し、ミニの「未来」をコンセプトとして発表された限定車MINI 50 Camden(ミニ フィフティ カムデン)。あれから15年、今まさにその「未来」が来たということでしょうか!?

 

 

【関連記事】

【完全保存版】BMWミニの限定車を徹底解説!~第2世代/R56編~

ミニ 60 YEARS EDITION

 

 

ミニ生誕60周年を記念したモデルで2019年4月〜2020年2月まで限定生産となりました。対象モデルは3ドア5ドアのクーパー、クーパーS。ボディカラーはブリティッシュレーシンググリーン、ミッドナイトブラック、ムーンウォークグレーの三色。専用のボンネットストライプ、サイドスカットル、17インチアロイホイールなど豪華な装備となり、シートもダークマロンと名付けられた専用カラーの本革シートとなっています。

 

MINIの過去と現在を繋ぐ【アニバーサリーモデル】1999→2019年を一挙ご紹介。そこには意外な共通点も!?

 

ミニ ヴィクトリア

 

 

2018年6月より予約開始した3ドア5ドアのワンをベースにした特別仕様車。ヴィクトリア専用デザインのサイドスカットルを用意。タータンチェックをモチーフにしたグラフィックに「VICTORIA」の文字がレタリングされています。ユニオンジャックデザインのLEDリアテールランプ、LEDヘッドライト、15インチアロイホイールを装備します。

 

ミニ サザーク

 

 

3ドア5ドアのクーパー、クーパーDに設定されていたモデル。予約開始された2018年1月当時はJCW以外では選択ができなかったチリレッドを含むペッパーホワイト、ミッドナイトブラックの3色から選択できた。国内初導入となったレザレットシートは大きな話題を呼びました。

 

国内モデル初のレザレットシートを採用『ミニ・サザーク』登場! ん?レザレット?なにそれ?

 

ミニ セブン

 

 

1959年のクラシックミニ、Austin Sevenをリスペクトした特別仕様車。2016年8月に予約開始となった。外装色の一つにラピスラグジュアリーブルーを選択が可能となりルーフカラーもクラブマン(F54)のみ設定可能なシルバーを採用。このラピスラグジュアリーブルーとシルバールーフが放つ「特別なカラーリング」が、MINIセブン独自のモダンで華やかな印象をあたえる。エクステリアでは他にもモルトブラウンのボンネットストライプ、専用17インチアロイホイールを装備。インテリアは専用のモルトブラウン仕様。

 

新型5ドアの限定車がメチャカッコイイ!

 

まとめ

こうしていろいろな限定車・特別仕様車を見比べてみるとそれぞれ明確なコンセプトがあるのが分かりますね。落ち着いた印象を与え大人な雰囲気にする車両、はたまたポップな柄で明るいイメージの車両。どれも素敵なデザインで尚且つ、販売台数が限られてくるので他の人と被りにくいといったメリットもあります!

私としてはそのままでも様々な色があり個性の強いミニへ、アクセントを追加した限定車・特別仕様車はとてもお買い得かと思います!ミニヴィクトリアの様に外観ではさりげなくサイドスカットルを変更したり、ミニ60周年記念の様な独特なボンネットストライプを装着したりと、小さなデザイン向上がお洒落なミニにより磨きをかけ、オーナーの所有欲を満たしてくれるからです。

 

そんな特別なミニは市場でも引っ張りだこ!自分の気に入った、自分に合うなと思った車両は一度見逃してしまうと二度と出会う事はできなくなるかもしれません。ビビッときた車があれば、すぐに検討するのが吉です!

 

iRでは多数の限定車・特別仕様車を在庫中!

過去の限定車・特別仕様車は中古車でしか選択ができません。

この機会に是非お探しの車輌があればお問い合わせをお待ちしております。

 

ミニ3ドア&5ドア限定車・特別仕様車ストック一覧

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

MINI BLOG

2024.01.19公開 / 2024.01.21更新

【速報!2023年版】これを見れば丸わかり!iRの販売実績データから紐解くミニの人気ランキング発表!

 

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

iRトレーディングアシスタントの飯嶋です。

2023年iRにて、ミニのご購入・ご売却をいただいた皆さま、iR TECH FACTORY・iR MAKERSにご入庫いただいた皆さま、昨年は当社をご利用いただきまして誠にありがとうございました。

 

2023年はiR世田谷、iR横浜の2店舗で年間販売台数1033台を皆さまにご提供することができました。

そこで今回は、1000台を超える販売実績データを紐解いて集計した、2023年iR年間販売台数ランキングを作成しました。

モデル・グレード・ボディカラー・限定車ごとにまとめ、台数を比率に置き換えたランキング形式で発表していきます。

 

「よく売れているミニはどれ?」「ミニは何色が人気なの?」とミニをご検討中の方よりご質問をいただくことが多いので、このランキングがミニご検討の際の一助となれば幸いです。

それでは、早速ランキングを見ていきましょう!

 

 

モデル

第3世代F系のミニは、ミニ3ドア、ミニ5ドア、ミニコンバーチブル、ミニクラブマン、ミニクロスオーバーの5つのモデル展開となります。

ミニらしいデザインのまま、ライフスタイルや家族構成など、使用用途に合わせてチョイスできるモデル構成です。

 

第1位 34.5% MINI 5door/ミニ5ドアハッチバック(F55)

5ドアの利便性とミニらしいサイズ感が魅力の5ドアが堂々の1位にランクイン!

愛くるしいミニのエクステリアはそのままに、3ドアに比べ居住性能と使い勝手がアップした5ドア。

iRのある関東エリアの細い道、小さい駐車場、またセカンドカーとしてもマッチするオールラウンドにちょうどいいサイズに需要が集まったようです。

 

 

 

すでに次期ミニ3ドア(J01)とミニカントリーマン(U25)が発表され、エースマンの導入もウワサされる中、ミニ5ドアとミニコンバーチブルはまだフルモデルチェンジが発表されていません・・・

もしかするとクラブマンに続き、この辺りのモデルも廃盤となるのでしょうか!?

 

F55 MINI 5ドアの最新在庫情報

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

 

第2位 25.8% MINI CLUBMAN/ミニクラブマン(F54)

ファミリーユースに対応可能なゆったりとしたサイズ感と、唯一無二の観音開きのリアドアを兼ね備えたオトナな1台です!

ロングホイールベースとワイドトレッドによる高速での安定感も魅力。

 

 

 

こちらのミニクラブマン(F54)はすでに生産停止(ラインオフ)が公表されているので、現在市場に出回っている車両が上限数となり、程度の良い中古車には需要が高まることが予想されます。

 

F54 MINI クラブマンの最新在庫情報

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

第3位 16.5% MINI 3door/3ドアハッチバック(F56)

MINIの原点とも言える、3ドアハッチバックモデルが3位にランクイン!

3ドアならではの軽快なフットワークとミニのゴーカートフィーリングの真髄が存分に味わえるモデルです。

 

 

 

F56 MINI 3ドアハッチバックの最新在庫情報

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

第4位 11.8% ミニコンバーチブル(F57)

MINIデザインのオープンカーという嗜好性の高い一台。

加えて4人乗りオープンカーという珍しさと使い勝手の良さも人気の秘訣です。

 

 

F57 MINI コンバーチブルの最新在庫情報

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

ミニ コンバーチブルとライバル車種を徹底比較!おしゃれと実用性を兼ね備えた4人乗り輸入車オープンカーがベストチョイス!?

 

第5位 11.4% ミニクロスオーバー(F60)

5人乗りSUV、全モデルで最も大きなクロスオーバーは十分な車内空間と積載量でファミリーユースに抜群の使い勝手。

 

 

F60 MINI クロスオーバーの最新在庫情報

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

ちなみにミニクロスオーバーはフルモデルチェンジでミニカントリーマン(U25)として新型が発表されました。

デザインが一新したため、旧デザインの方が良かった・・・という方は今後、良質な中古車からお探しいただくことになります。

新型ミニカントリーマン(U25)発表!一新したのはデザインだけでなくモデル名やグレード名にも新事実が!

 

なんとミニ5ドアとミニクラブマンだけで全体の60%以上を占める結果に!

・・・というのは実は把握済み。

その為、イールの在庫構成比も同じような配分とになり、現在の在庫台数(2024年1月16日時点)は、

ミニ5ドア   65台

ミニクラブマン 50台

という脅威の在庫台数・・・こんなミニ屋さん他にあります?笑

ちなみに2位にランクインしたクラブマンですが、先日クラブマンモデル終了のアナウンスが出た為、このF54が最後のクラブマンとなります。

クラブマンをご検討の方は今後、中古車でしか手に入らないモデルとなりますので、良質なクラブマンの中古車をお探しの方は、豊富な在庫を誇るiRで探してみてくださいね。

 

グレード

ミニクーパーか、ミニクーパーSにするかとデザインや出力性能で悩まれる方がいらっしゃれば、ガソリンとディーゼルのパワートレーンや燃費でお悩みになる方も。

そんな中、イールで昨年1番売れたグレードは・・・

 

第1位 34.5% ミニクーパーS/COOPER S

 

 

スポーティーな内外装が魅力の一番人気グレード!

2本出しのマフラーが高性能の証!?

ミニの魅力である、ゴーカートフィーリングに加え、運転する楽しさを存分に味わえるクーパーSが堂々の1位となりました。

※画像は、ミニ3ドアハッチバック(F56)LCI2モデル

 

第2位 19.5% ミニクーパーD/COOPER D

 

 

ディーゼルモデルの高い環境性能、燃費性能とクラシカルなエクステリアなど、良いとこ取りのミニクーパーD

ディーゼルモデルの発進加速は一度味わったらトリコになること間違いなし!

お財布にも、環境にも優しいおすすめモデルです。

※掲載画像は、ミニ5ドアハッチバック(F55)

 

第3位 19.3% ミニクーパー/COOPER

 

 

ガソリンモデルならではの高回転まで回るエンジンフィールが魅力!

インテリア、エクステリアに関しては、前述のミニクーパーDと同様、クラシックなフロントデザインが◎。

クーパーDとクーパーで悩まれる方も多くいらっしゃいますが、今回その結果僅差で3位獲得となりました。

※掲載画像は、3ドアハッチバック(F56)LCI2モデル

 

第4位 13.2% ミニクーパーSD

 

スポーツグレードのディーゼルエンジンのクーパーSD。

クーパーSのスポーティーなデザインと力強い走りに加え、燃費の良さを兼ね揃えたいいとこ取り!

 

第5位 9.6% ミニJCW

 

もはや言わずと知れたミニブランドのハイパフォーマンスグレード、ジョンクーパーワークス(通称JCW)。

専用のエアロ、ホイール、ブレーキ、シートなどなど、最上級ならではの特別装備。

ミニを何台か乗り継ぎ、最後はJCWに乗りたい!という方も少なくありません。

【保存版】ミニクーパーの最上級グレード「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」の歴代モデルを徹底比較!

 

第6位 2.3% ミニワン

 

エントリーグレードのミニワン。

しかし最近はヴィクトリア、バッキンガムなどワン専用の仕様車があったり、ワンならではの魅力も。

【ただ安いだけなんて言わせない】ミニONEの魅力を徹底考察!

 

第7位 1.6% ミニクーパーSE

 

プラグインハイブリッドモデルのミニクーパーSE。

第3世代はミニクロスオーバー(F60)のみの設定のため母数が少なく、ランキングとしては最下位でしたが、今後需要が高まりそうな気配が!?

ミニ初の[PHEV]クロスオーバー SEってどんな車?iR 初入庫!試乗してみてわかった事を徹底解説

 

 

 

結果を振り返ると、ガソリンモデルをチョイスされるお客様が多い傾向でした。

ミニクーパーSとミニクーパーDは中古車としての価格相場も近く、かつグレード全体のちょうど中間に位置することから票が集まりやすいのでしょう。

イールでは、お客様のニーズやライフスタイルをお伺いした上で、ベストなミニをご提案しますので、どんなことでもまずは相談して下さいね。

 

ボディーカラー

第1世代・第2世代R系と比べ、第3世代F系ミニはカラーバリエーションは減りましたが、他メーカーに比べるとまだまだ豊富なボディーカラーから選ぶことができるのがミニの魅力。

上位ランクインするのは根強い人気の定番カラーか!?それとも近年人気のアースカラーか!?

 

第1位 19.0% ペッパーホワイト

 

堂々の1位はやはりペッパーホワイトでした!

オフホワイトやアイボリーといった優しい色味の白は老若男女問わず人気のあるカラーで、2001年のBMW MINIがデビューした当時からの定番カラーです。

お洒落なカラーではありますが、ホイールやミラー、ヘッドライトなどのブラックアウトカスタムでスタイリッシュにも仕上がります!

根強い人気のペッパーホワイトがダントツ首位を獲得!

しかしペッパーホワイトは2023年に廃盤となり、今後は中古車でしか手に入らないカラーとなりました。

 

【MINI界に衝撃のニュース!】MINI史上最強の定番カラーが生産終了。ペッパーホワイトが残した歴史と輝かしい功績

 

第2位 10.8% ミッドナイトブラック

 

漆黒の深い味わいが魅力のミッドナイトブラック。

第2世代(R56系)では定番だったミッドナイトブラックが第3世代でも2位を獲得しました!

ブラックホイールと併せたオールブラック仕様で硬派に気取るのもヨシ、ホワイトルーフを組み合わせたPOPな仕上がりもおすすめです。

個人的には、洗車した感が一番味わえるのも、密かな魅力です。

 

第3位 6.9% ブリティッシュレーシンググリーン

クラシックミニの時代から現在のBMWミニまで設定されている伝統のボディカラー。

ミニのグリーンと言えばこの色が真っ先に思い浮かびますね。

英国車らしく、歴史も感じられる魅力のお色です!

 

第4位 6.8% エニグマティックブラック

F系ミニより設定されたYoursプログラムで、2019年より選択可能になったのがこちらのエニグマティックブラックです。

名前はブラックですが、非常に黒に近い、深い深い濃紺が特徴です。

 

 

第5位 5.4% ラピスラグジュアリーブルー

 

ミニ5ドア初の限定車【JERMYN/ジャーミン】の特別カラーとして発表されたソリッドカラーの濃紺、ラピスラグジュアリブルー。

その後、初代Yoursカラーとして2019年まで全モデルで選択できるようになりました。

 

 

6位以下は、下記ランキングとなりました。

 

第6位 5.3% エメラルドグレー

第7位 4.5% ムーンウォークグレー

第8位 4.1% ホワイトシルバー

第9位 3.8% チリレッド

第10位 3.5% サンダーグレー

※11位以下(その他29.9%)の内訳は20色ほどあるため構成比欄は割愛

 

王者ペッパーホワイトの台数は今後増えないと考えると、ナノクホワイトが流通し始めた時のランキングの変動が楽しみですね。

 

限定車/特別仕様車

第3世代F系では、非常に多くの限定車/特別仕様車が発表されました。

傾向として、第1世代・第2世代のR系限定車に多かった「専用設定の本革シート」を特徴とした限定車は比較的少なく、レザレットシートの設定が多かった印象です。

 

第1位 17.5% セブン

 

ミニ生誕となる1959年のAustin Sevenをリスペクトしたミニ3ドア(F56)とミニ5ドア(F55)の特別仕様車。

2016年8月に予約開始となり、外装色の1つに当時限定色だったラピスラグジュアリーブルーと、ルーフカラーにシルバーが選択可能でした。

モルトブラウンのボンネットストライプやインテリアパネル、専用デカールなど特別仕様を存分に感じられる、納得の人気車です。

 

第2位 16.5% 60YEARSエディション

 

1959年からミニ生誕60周年を記念したモデルで2019年4月〜2020年2月まで限定生産となりました。

対象モデルはミニ3ドア(F56)とミニ5ドア(F55)のクーパー、クーパーS。

ボディカラーはブリティッシュレーシンググリーン、ミッドナイトブラック、ムーンウォークグレーの三色。

専用のボンネットストライプ、サイドスカットル、17インチアロイホイールなどをパッケージしていますが、特にダークマロンと名付けられた専用カラーの本革シートは必見!

他にはないカラーリングは特別な室内空間を演出しています。

 

第3位 9.7% アイスブルー・ブラックエディション

 

色指名ナンバーワンの希少なアイスブルーに身を包み、5ドアなのにMT車という超希少車がこちら、アイスブルー ブラックエディションです。

設定はミニ5ドア クーパーSのみで、生産台数は380台のみでした。

入庫すると即完売するほどの人気限定車ですが、そもそもの流通台数が少ないことからランキングは3位に。

 

4位以下は、下記ランキングとなりました。

第4位 7.8% サイドウォーク

第5位 6.8% ヴィクトリア

第6位 5.8% アイスブルー

第7位 4.9% サザーク

第8位 3.9% バーガンディー

第9位 2.9% GP

第10位 1.9% ピカデリー

 

ちなみに、2023年に約1,000台のミニを販売しましたが、そのうち限定車は約100台でした!

10台に1台は限定車だったということになります。

第3世代F系になってから限定車の発表頻度が高くなった分、一台一台の限定車への票が集まりにくくなり、初期に発表されたセブンや60thが上位にランクインする結果となったこと、またミニコンバーチブル(F57)のサイドウォーク以外は全てハッチバック(3dr、5dr)という結果になったのは意外なポイントでした。

 

MINI 限定車の最新在庫情報

 

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【ハッチバック編】(2024年1月13日 更新)

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【コンバーチブル・クラブマン・クロスオーバー編】(2023年10月5日 更新)

 

まとめ

2023年イール年間販売台数ランキングいかがだったでしょうか?

現在、中古車市場に流通するBMWミニは全国で5500台以上。(カーセンサー参照/2023年1月17日時点)

その中から理想の1台を1人で探し出すのはなかなか大変だと思います。

そんな時にこのランキングから、他のオーナー様がどのような基準でミニを選ばれているのか、どんなモデルがテッパンなのかなど、検討のご参考にしていただけると幸いです。

 

なお現在、iR各店の取り扱いモデルは、

iR横浜ショールーム・・・・・3ドア(R56/F56)、5ドア(F55)、ミニクラブマン(R55)、ROVERミニ

iR世田谷ショールーム・・・コンバーチブル(R57/F57)、クラブマン(F54)、クロスオーバー(R60/F60)、その他R系

にてご案内しております。 ※一部配置換え車両もございます。詳しくはお問合せ下さい。

「ミニいいなぁ。」 と思ったら、まずはイールにご相談にお越しください!

 

ランキング上位の売れ筋車ということは・・・!?

年間ランキングに登場したミニを所有されている皆さま。

ランキング上位の売れ筋車ということは、現在も中古車市場で高い需要のあるミニを所有されているということ!

このまま大切に乗り続けることもおすすめですが、気になっていた別のミニへのお乗り換えとなった際は、高額下取りのチャンスです!

この機会に是非お乗り換えもご検討されてみてはいかがでしょうか。

弊社では随時市場情勢を把握し、人気車両は特に高値買取をさせていただいておりますので、下取り・買取のご来店ご相談もお任せ下さい!

ミニだけが並ぶiR世田谷・iR横浜ショールームにて、専門店の信頼と安心を添えて展示販売が出来るiRだからこそ、高価買取が実現するのです。

 

⬇︎買取査定のお問い合わせはこちらまで!⬇︎

 

2024年もミニ専門のプロショップとして、全国最大規模の取扱台数を更新し続けて参りますので、ミニでお悩みの方は是非1度ご相談にお越しください!

本年も、MINI専門店iR、iRテックファクトリー、iRメーカースをご愛顧のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

【関連記事】

2021年iRの販売データから見る人気ランキング!~MINI第3世代(F系)編~

2021年iRの販売データから見る人気ランキング!~MINI第1世代/第2世代(R系)編~


MINI BLOG

2023.10.19公開 / 2023.10.19更新

値引きしないのはお客様のため。MINIを適正価格でワンプライス販売している理由とは。

 

お客様と商談をしていると「値引きってないんですか?」って聞かれることがあります。

 

結論から言うと当店では値引きという概念はありません

 

決して強気な商売をしているわけではなく、なぜiRが値引きをしないのかを今回のブログでお伝えしたいと思います。

最近騒がしい自動車業界ですが、中古車の値付けのプロセスや新車の値引き交渉が実現する裏事情、値引きがなくても中古車をお得に購入できる方法などについても紹介してみようと思います。

 

中古車購入を検討する方には車種問わずお得になる内容となっていますので、これを参考に商談に臨んでみてください。

 

 

iRが値引きをしない理由

さっそくですが本ブログの本題である「iRがワンプライスでMINIを提供し続ける理由」についてをお話していきます。

iRのポリシーやこだわりについて皆様に知ってもらえる機会になると思いますので、まずはこちらを読んでみてください。

 

全てのお客様と公平な取引を

これは非常にシンプルですが、最も大切な部分ですので最初に書きました。

iRでは「全てのお客様と公平な取引を」というポリシーのもと販売の商談に臨んでいます。

 

「あっちのお客様には値引きをしたのに、こっちのお客様は値引きなし」

「怖いお客さんだったからに特別に値引きした」

「値引き交渉をしたお客様だけが得をする」

 

という事があってはならないと考えています。

こういったポリシーでMINIを販売する事が、「iRへお越しいただくお客様に対する何よりの誠意である」と考えているからです。

 

また、公平な取引を継続することで中古車市場という大きなマーケットがこれからも発展し続け、健全な競争の促進にも繋がるとも考えています。

中古車業界に不信感を持ってしまうようなニュースが世間を賑わせておりますが、このイメージを払拭する為の一端を担うべく、iRはこれからも誠意を持ってMINIをご提供していきます。

 

MINIというブランドを大切に

MINIの新車販売は、値引きに対してどのメーカーよりも厳重と言われています。

その理由としては、適正価格で販売し続けることで「MINIというブランドの価値を下げないようにする」といった考えが黎明期から現在まで受け継がれているからです。

 

良好なブランドイメージを保持するということは消費者の皆様からの信頼にも繋がり、前述した様に他ブランドとの差別化を図る事ができますし、リピーターの獲得もしやすくなるという側面もあり、良い事尽くめです。

(実際、MINIに一度乗るとその次もMINIに…というお客様がiRには多くいらっしゃいます)

 

iRでもこの考えに共感し、MINIというブランドを今までも、そしてこれからも大切に育てていきたいと考えています。

 

iRならではのクオリティを維持するため

iRでは創業時から一貫して「事故歴・修復歴のあるMINIは取り扱わない」、「プロショップとして自信を持ってお薦め出来る高品質のMINIを」という方針のもと、現在に至ります。

 

日本全国から選りすぐりのグッドコンディションのMINIを厳選して仕入れ、高い基準を設けて商品化しておりますので、必要に応じてパーツの交換やリペア、鈑金といった加修を実施しますが、この加修費用については販売価格へ転嫁しておりません。

 

お客様はもちろんですが、販売する側にとっても安心してご提供出来るコンディションまで仕上げるという工程を徹底しておりますので、そのクオリティを維持する為、値引きができないのです。

 

【良質なミニの中古車へのこだわり】iRで売られるミニがお客様のもとに届くまでの道のり徹底解説!<仕入れ〜商品化編>

価格設定のプロセスについて

インターネットが普及した現代、iRのお客様は、中古車情報サイトやiRのホームページをご覧いただいてからお越しいただくケースがほとんど。

1人でも多くのお客様にご来店いただくには、ネット掲載した自社の在庫車両を「いかに多くのお客様に見てもらえるか」という点が非常に重要です。

 

当店の調査によると中古車情報サイトでクルマを探す際には「価格の安い順」で並び変えるケースが最も多いようです。

つまり、価格とアクセス数は反比例するという事ですので、可能な範囲内で低い価格で掲載することが現代のモデルケースとなりつつあります。

 

 

iRでは専門店ならではの視点で、物件のスペックだけではなく中古車情報サイトや過去のオークション相場に常に目を光らせ、その時々の適正価格でMINIをご提供できるよう価格調整を実施しております。

 

これはつまり「MINIのプロが自信を持ってご提供できるこだわりのプライス」、「本来であれば値引き交渉が成功した時に実現する価格で最初から販売している」という事になります。

 

新車と中古車の違い

新車の商談や取引した事がある方は経験があるかもしれませんが、購入時には値引き交渉に応じてくれるケースも多く、中には「◯◯◯万円も安くなった!」というお話を聞いたこともあります。

 

 

新車の場合は原価と販売価格に大きな差があり、そこには値引きをする為のバッファも含まれているということが値引き交渉が実現する裏側に存在しています。

また新車販売ディーラーは、あらかじめ注文台数を予測して各店舗に車両をストックをしていたり、メーカー側から店舗毎のノルマが課せられていることも多く、いかに早くストックを減らし、ノルマを達成できるかが問われます。

都心部になると同メーカーの新車販売ディーラーが近いエリア内に複数店舗あることも多く、新車という全く同じ状態の同じ車両を提案し合うことになるので、価格競争が起きやすく、優位性のある価格に下げて販売することが発生してしまいます。

 

こういった新車販売時の販売方法から、「車を買う時には値引きができる」というイメージが恒常化してしまいました。

中古車の場合は原価(仕入れ)と販売価格の金額差が少なく、値引きする為のバッファを持たせることは困難です。

 

また、MINIはブランドが開始してから常に変化を繰り返し、他社メーカーの車両と競合するケースが少ない独自のポジションを築くことに成功しました。

(実際にiRにいらっしゃるお客様は「何でも良いから取り敢えずクルマが欲しい」ではなく「MINIに乗りたい!」という強い気持ちをお持ちの方がほとんど)

他社メーカーの車両と比較検討されづらいという事は、価格競争の値引き合戦に巻き込まれる事が少ないという事になります。

 

こういった内容から中古のMINI自体、値引きすることが難しいクルマである…と、お分かりいただけたかと思います。

 

値引きが無くともお得にMINIを買う方法

こちらのカテゴリではiRのようなワンプライス販売のショップでもお得にMINIが買える裏技を紹介します。

これさえやれば面倒な値引き交渉なんてしなくてもお得にMINIを買うことができるはず!?

 

定番以外のカラーを選んでみる

中古車の価格は様々な要素で決定するのですが、その中で最も大きな要素の一つがボディカラーです。

MINIというクルマはそのデザインから、どんなボディカラーでも似合ってしまうという特徴がありますのでカラー選びは悩ましくも楽しいポイント。

定番カラーの場合は需要が多く、その分価格が上昇しがちな傾向にありますので、あえて定番以外のカラーをチョイスすることで車輌本体価格を抑えることができます。

 

この方法は実際に私も試したことがあるのですが、どんなカラーであっても自分の好きなクルマですので結果的に気に入ってます。

むしろ今まで考えていなかったカラーのクルマをパートナーにすることで新しい自分にも出会えた気がしており非常に新鮮な気分になれます(笑)

 

諸費用を抑える

クルマの契約には車輌本体価格や税金の他にいくつかの諸費用が必要になってきます。

その中にはお客様側の手配とすることで、その諸費用をカットすることができるものもあるというのをご存知でしょうか。

 

まずは名義変更に必須の車庫証明。

管轄の警察署に出向き申請を行い、交付可能日時になりましたら受け取るために再度警察署へ…といった作業です。

この作業は当店で代行できますが、コストがかかってしまいますのでご自身で手配ができれば代行費用は不要になります。

 

希望ナンバーについても費用がかかりますので、ランダムの番号とすることで諸費用を抑えることもできます。

 

また、遠方のお客様については納車時に当店までお越しいただければ陸送費用はかかりません。

遠方のお客様の下取り査定もできますので、納車日は下取り車で当店までお越しいただき、帰路は新しいパートナーのMINIで。

「iRのショールームに来てみたかったし、往復の移動についても納車時の良き思い出になりました」とありがたいお言葉をいただいたことがあります。

車移動でお越しいただける地域にお住まいのお客様にはおすすめです。

 

思い立ったら吉日

現在クルマをお持ちでMINIへ乗り換えをご検討のお客様は、乗り換えタイミングを早くすることでコストを抑えることができます。

その理由は非常にシンプルで、時間の経過と共に下取り車の価値(査定額)は下がる場合がほとんどだからです。

 

そして何よりも、中古車は全てのクルマがオンリーワンの存在です。

特にMINIはグレードやボディカラー、オプションの設定が多く、オーナーそれぞれの好みが反映したMINIが非常に多く、他の車種と比較しても格段にオンリーワン度が高いクルマです。

 

検討しているMINIが別のお客様に売れてしまい涙を飲むお客様を見るのも辛いですし、思い立ったら吉日という言葉があるように、「このMINIいいな」と思ったらすぐに行動を。

それが良きパートナーをよりお得に、より確実に迎え入れるための最も大きなコツです。

 

値引きが実現するためのカラクリ

世の中には様々な中古車ショップが存在しており、営業方針も様々。

次は過去に自らが経験したケースや、当店にお越しいただいたお客様から訊いた具体例の他にもクルマ業界の今後の流れについてを紹介します。

 

高めの価格設定をしている

現在はあまり見かけなくなりましたが、ネットが普及する前の時代では販売価格をあえて高めに設定し、値引きに充てる販売店も多かったようで、現在でもそういった掲載をしているショップを見かけることがあります。

こういった価格設定の場合は、お客様から値引きを要求された場合に、その余白の範囲内で値引きを行うことで「お得感を演出」し、契約を促すという販売方法です。

値引き交渉に成功したとしても、果たしてその金額はお得な金額と言えるのでしょうか?

 

クルマに何らかの瑕疵がある

中古車情報サイトで物件を探している時に、周りと比べてやけに安い価格設定のクルマを見かけることがあります。

思わず目を引いてしまいますが、こういった場合は注意が必要かもしれません。

例を挙げると、キズが多かったり、付いていて欲しいオプション装備が少なかったり、走行距離が多かったり…

場合によっては事故車、修復歴車、冠水車、メーター改ざん車、など一見するとわかりづらい部分に理由があるケースも。

検討する場合には事前にショップへ問い合わせをし、クルマのコンディションだけではなく、スタッフがしっかりとした受け答えをしてくれるかといった点もチェックした方が良いでしょう。

 

諸費用やオプションが高額

クルマに問題がないということが確認できたとしても安心するのはまだ早いかもしれません。

相場よりも安価な金額で販売する場合、その販売店は車両本体価格以外の部分で利益を確保しなくてはなりません。

そういった場合はボディーコーティングや保証などの高額なオプションをお客様へ強くサジェストしたり、見積もりに含まれる諸費用を相場よりも高い金額に設定するするというケースが存在します。

これはあくまで販売店が利益を確保するための物ですので実際の内容と金額が割に合わない場合が多いようです。

車両本体価格が安かったとしても結果的には……?

 

昔から「中古車にお買い得な物は無い」と言われますが、それは現代でも変わりません。

安いモノにはそれ相応のエビデンスがあります。

 

安心して中古車選びができる時代に

ある調査によると中古車探しをしているユーザーの約9割が中古車の総額表示を望んでいるという結果があります。

また、前述のように不適切な販売や商談をする事例が後を絶たないことから「自動車公正競争規約・同施行規則の改正」が実施されることになり、2023年10月から支払い総額の表示が義務化されました。

 

 

今回の改定では、販売価格の表示に車両本体価格と諸費用を加えた「支払総額」を表示すること、その内訳として車両価格、諸費用の額を表示するというルールへ変更されます。

車両価格には販売開始の時点で既に装着済みの後付けパーツに加え、商品のクオリティやプライスに影響する点検整備、保証を付帯させる場合は、これらの費用も車両価格に含めるという事になります。

 

支払総額として提示された金額で実際に購入ができない場合は初回から厳重警告となり、その後も改善がみられない場合は社名の公表だけではなく、最大で100万円の違約金、2回目以降は最大500万円、といった自動車公正競争規約の中でも非常に重い処分になることから今回の改正の本気度がうかがえます。

 

価格表示の部分以外にも事故歴や冠水歴の隠蔽、虚偽表示といった点においても今まで以上に厳しく対処していくという動きも。

悪質な販売方法をしていたショップは淘汰され、全てのユーザーが安心して中古車を検討できる環境へ変わりつつあります。

 

まとめ

以上、今回はiRがワンプライス販売をしているポリシーやこだわりに加え、皆様が安心して取引をする為のガイドについても触れてみました。

 

ネット全盛という時代の流れもあってか(?)昨今は以前に比べて商談中に価格交渉のお話をすることもほとんどなくなりました。

要求されることがあっても、この記事の内容をお話しすると「わかりました。ダメ元で言ってみただけだから、この内容で契約します。むしろキッパリ言ってくれてありがとう」と感謝していただくことも(笑)

 

これからも皆様に安心安全な適正価格のMINIをお届けして参りますので、お問合せとご来店をお待ちしております!


MINI BLOG

2023.10.07公開 / 2023.10.08更新

iR社内イベントレポート! 横浜初のアウトドアフィールドで本格BBQ!

 

夏真っ盛りのとある定休日の月曜日のこと。

弊社スタッフが横浜みなとみらいに集結し、下半期に向けてのiR大決起会を開催いたしました。

 

 

みなとみらいに集いしiRスタッフ

AM10:45

iR世田谷、iR横浜、iR TECH FACTORY、iR MAKERSのスタッフが続々と会場に集まってまいりました。

 

今回使用させていただいた会場はこちら

DREAM DOOR YOKOHAMA HAMMERHEAD

海を眺めながら本格的なバーベキューを楽しむことができ、我々のような大人数の団体でも予約が可能です。

こんな場所がみなとみらいにあったんですね。

 

本格的なUSスタイルのBBQがなんと完全手ぶらで楽しめるという、アウトドア初心者でも安心で嬉しい会場です。

 

普段、仕事では見られない、それぞれの「休日の顔」

これは貴重です(笑)

「この人、私服はこんな感じなんだ」となんだか新鮮な気持ちに。

 

大決起会スタート!

AM11:00

いよいよ下半期に向けてのiR大決起会のスタートです!

4つのチームに分かれて、それぞれまずは火をつけるところから。

 

これがなかなかの重労働。。。

それでも美味しいお肉を食べるため、猛暑の中、必死に火をつけます!

 

こんな時に普段のチームワークが生きてきますね。

率先して働く年長者の方々。

ありがとうございます!!

美味しいお肉まであと少しです!!

 

フーフーするトレーディングチームの阿部さん。

貧血に注意ですよ!

 

こちらのチームも負けておりません。

普段頑張ってくれている部下たちのために進んで火をおこすiR TECH FACTORY工場長の梶原さん。

 

美味しいお肉に箸が止まりません

AM11:30

良い感じに各コンロに火が入ったので、いよいよ食べ放題のスタートでございます。

 

美味しいお肉にご満悦のiR横浜アルバイトスタッフ鈴木さん。

 

普段はあまり交流する機会の少ない、別拠点のスタッフとも会話が弾みます。

仕事の意見交換もでき、お互いを知れるいい機会ですね。

 

この日の気温は37℃。

アルコールはほどほどに、ソフトドリンクも飲んで熱中症対策お願いします!

 

年齢も性別も役職も店舗も関係なく、こんな機会だからとにかく楽しむ!

もしかしたら、この仲の良さがiRの最大の魅力なのかもしれません。

 

 

趣味がカメラだというアルバイトスタッフの岩橋さん。

今回、当日の会場カメラマンをお願いしたところ快く引き受けてくれました。

積極的に動き回って、みんなの笑顔をおさめてくれました、ありがとうございます!

 

はしゃぐみんなを見ながら、木陰で休憩中の綾部社長。

なんだか嬉しそうに見えるのは私の気のせいでしょうか。

 

豊富なフードメニューにびっくり

メニューはなんと

ミスジ、ハラミ、ヒレヒモ、牛カルビ、肩ロース、ハラミ、豚カルビ、豚トロ、鶏モモ、やげん軟骨、プレーンソーセージ、チョリソー、これら全てが食べ放題!

普段、肉体労働も多い我々には嬉しいメニューです。

食べるぞ〜!!

持ち込みが自由だったので漬物や野菜はスタッフが持ち寄りました。

 

飲み放題メニューも充実!

カールスバーグ生ビール/ レモンサワー/ ウーロンハイ/ 緑茶ハイ/ ジムビームハイボール/ ジンジャーハイボール/ コークハイボール/ ジントニック/ ジンリッキー/ ジンバック/ ウォッカトニック/ ウォッカソーダ/ ウォッカグレープフルーツ/ カシスウーロン/ カシスオレンジ/ シャンディーガフ/ ラムトニック/ ラムコーク/ ピーチオレンジ/ ピーチウーロン/ スパークリングワイン/ ワイン(赤)/ ワイン(白)/ コーラ/ ドクターペッパー/ ジンジャーエール/ ウーロン茶/ 緑茶/ オレンジジュース/ グレープフルーツジュース/ 炭酸水/ トニックウォーター

これ、ぜ〜んぶ飲み放題!!

自称宴会部長兼統括マネージャーの武藤さんも大満足の内容でした。

 

オンラインBBQ

PM13:00

お腹も満たされ、少しスローペースにBBQを楽しみ始めたころ。

ここで、仕事の都合で来られなかったスタッフのために、ZOOMを繋ぎます。

オンライン飲み会ならぬ、オンラインBBQ

画面の向こうのみんなに雰囲気だけでもお裾分けしようと、必死でお肉を映すトレーディングチームの飯嶋さん。

 

「楽しそう〜。行きたかった〜。」と画面の向こうからiR世田谷の小林さん。

 

 

 

その場にいなくても、同じ時間を共有できる。

コロナによって失ったものもありますが、得たものも確かにありますね。

次回はオンラインではなく、是非実際にご参加を!

 

楽しい時間はあっという間

PM13:30

会場の使用時間も残り30分に。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、iR大決起会もお開きの時間が迫ってまいりました。

ここでマネージャー陣から締めの挨拶です。

 

まずは、今回の社内イベントを企画実行した、イノベーションラボ(総務委員会)のオブザーバーであり、トレーディングチームマネージャーの牧野さんからご挨拶です。

 

続いて、統括マネージャーの武藤さんからも挨拶をいただきます。

 

締めはやっぱり、綾部社長の挨拶でiR大決起会はこれにて終了。

参加者全員が笑顔いっぱいで大きな拍手の中、お開きを迎えることができました。

 

〜最後はみんなで集合写真〜

 

みんないい笑顔(笑)

初の社内イベントということもあり、店舗の定休日を利用して開催した今回のBBQ。

定休日は家族サービスに使いたいという方もおり、自由参加ではありましたが今回多くのスタッフが参加してくれました!

また会社から参加費用のサポートもあり、みなさん気軽に楽めたという声も頂きました。

 

会社としての規模も徐々に大きくなり、普段なかなかゆっくりと顔を合わせて話す機会も少なくなってきましたが、今回のイベントを通して別拠点のスタッフとも交流ができたので、強いチームワークにさらに磨きがかかりそうです。

 

全てはお客様のHAPPY MINI LIFEために。

購入からアフターサービスまで、ミニのことなら我々にお任せくださいませ!

今後ともiRを何卒宜しくお願いいたします。

 

おまけ 写真館

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフ募集中

現在iRでは我々と一緒に働いてくれる仲間を大募集中です。

自動車業界で働いてみたい方、新しいことにチャレンジしたい方、MINIに囲まれた環境で仕事がしたい方などなど、ご応募お待ちしております。

来年度は50名以上の採用も視野に入れており、引き続きスタッフを大大大募集中です!

 

また今後もこのような社内イベントを定期的に開催していく予定です。

とにかく和気藹々とした風通しの良い職場環境ですので、緊張するのは最初だけ。

 

この記事を読んで

「iRで働いてみたい」

「クルマ業界にチャレンジしてみたい」

「MINIに関わる仕事がしたい」

など、少しでもご興味が湧いた方、一緒においしいお肉を食べ・・・じゃなくて、一緒に楽しく働きましょう!!

お問い合わせお待ちしております!

 

アルバイト

 

【仕事内容】
洗車、車内清掃 →専門的な知識は不要!未経験でもOKです。
販売用写真の撮影 →決められた位置や決められたカットを撮影していくので、特別な技術は必要ありません!
回送(運転して移動) →はじめは緊張すると思いますが、運転方法や駐車位置などは先輩スタッフがサポートします!

 

【給与】

時給:1250円
試用期間:1200円(3か月間)

能力や仕事の幅が広がると、50円ずつ時給がUP!
既に最高時給まで達したスタッフも多数いますが、最高時給の引き上げも常時検討中です。

 

【必要資格】

普通免許(AT限定も可)

「SNS運用」「動画制作」「商業広告のバナー制作」などの経験がある方も大歓迎です!

 

アルバイト採用 詳細ページ

 

エントリーフォーム

 

 

セールスアドバイザー(営業職/店長候補も同時募集)

 

【仕事内容

長年ミニを販売してきた実績と信頼、業界トップクラスのラインナップの豊富さ、Web上のイメージ戦略の徹底など、お客様から選ばれるためのブランディングと環境は整っています。

その上で、豊富な商品知識と親しみのある接客でお客様の信頼を獲得し、最後にそっと背中を押すのが、セールスアドバイザーの腕の見せどころです。

ミニのプロフェッショナルとして、ミニならではの魅力や、ミニと共に暮らす喜びはもちろん、見た目だけではわからないネガティブな面もお客様に寄り添い丁寧にご案内することで、ミニではなくミニのある生活(LIFE with MINI)をご提案します。

結果として、お客様の「いつかミニに乗りたい」という想いを叶えられることや、数あるミニの販売店の中から私たちを信頼して「ここで買いたい」と選んでもらえた時は本当に嬉しい瞬間ですし、やりがいにも繋がります。

個人のノルマはありませんが、メンバーが協力し売上目標達成を目指すチーム制を採用しています。直近の実績としてはチーム全体で月販100台も達成しました。誰か1人が頑張っただけではチームの目標達成は難しいので、サポートし合い、チームが一丸となって数値に向き合い、努力し、高め合えるようなチームワークが要求されます。

 

【研修制度】

研修期間は3ヶ月ほどが目安です。

まずは商品知識を習得することからスタートし、先輩社員たちとのロールプレイングを繰り返し、商談の流れやコツを習得します。

最後に代表とのロールプレイングで「ミニのプロフェッショナルとして最適な提案をし、公平で誠実な商談ができているか」をチェックして、OKが出れば営業デビューです。

営業デビュー後は、先輩社員のフォローのもと、少しずつ実際にお客様の対応をしながらスキルを磨きます。

教育担当がつきますが、その人だけではなくチーム全体で教える仕組みを採用。

色々な人の良い所やノウハウを吸収することが成長につながります。

 

【給与】

月給:225,830円〜

賞与:年2回

昇給:年1回
※経験・能⼒など考慮の上、決定いたします。経験者優遇。
※固定残業代 40,830円〜 / 30時間相当を含む
※超過した時間外労働の残業代は別途支給
※チームインセンティブを支給
※試用期間6ヶ月有

 

【募集概要】

■必須スキル

◎BtoC営業の経験もしくは、接客経験(経験年数・業界不問)
◎普通自動車免許(AT限定不可)

■歓迎スキル

◎輸入車販売経験

◎自動車査定・買取経験

◎メカニックの実務経験
◎買取、オートオークション関係の経験
◎自動車会社でのセールスアシスタントや事務の経験
◎レンタカー業界経験

■こんな方を待っています
◎お客様のことを常に優先して考え、すべての方に寄り添う接客ができる方
◎ホスピタリティを持って取り組める方
◎成長のための努力ができる方

※自動車業界未経験でもOK!正社員の半分は業界未経験からスタートしています。

 

セールスアドバイザー採用 詳細ページ

 

 

 

トレーディングスタッフ(買取・査定)

 

【仕事内容

国内最大級のミニ専門店であるiRでは業界トップクラスの在庫数とクオリティをさらに高めるため「ミニ専門買取」で全国展開を視野に買取部門の採用強化中!(特に九州エリア、東北エリアにお住まいのかたは大歓迎です)

 

iRでのお仕事は、ミニ専門の中古車買取りです。

一般の中古車買取専門店などとは違い、会社の利益だけを考えた安すぎる買取は社内で禁止されています。

これはすべてのお客様に対して公平さを保つ為、適正価格で買取をしなければならない当社独自のルールです。

大手中古車買取店で、高すぎるノルマ、お客様に不利益が生じるような買取商談や社内コミュニケーションに疲弊してしまった方・・・

iRではお客様と明瞭かつ公平なお取引をするので、主体性を持ち、やりがいのある環境で頑張ることができます!

その結果、お客様からは

「他社さんと同額か少し金額が低いくらいなら、iRさんにお願いしたい」

「iRさんならうちのミニを大切に扱ってくれそうだから」

「iRさんでこのミニを、次のミニ好きの方に販売して欲しいから」

といったお声を多くいただいており、金額ではない部分でも評価を頂いております。

 

査定アポイント対応例

営業補佐のスタッフが獲得した査定アポイントが、予めスケジュールとして共有されます。

アポイントの時間にお客様ご指定の場所に訪問(または来店対応)。
アポイント件数は、1人あたり繁忙期で5件ほどです。
 ▼
【買取査定】
年式や走行距離、傷や凹みなど車の状態や、MINIならではのオプション品や整備記録簿なども合わせて確認します。
 ▼
【報告】
チェックした査定内容を上司や先輩に報告し、買取り金額を算出してもらいます。
 ▼
【ご成約】
買取額が出たらお客様にご案内し、ご納得いただければ商談が成立です!

 

【研修制度】

未経験の場合、研修期間は3ヶ月ほどが目安です。

研修期間には、外部の査定講習に参加し、基礎となる車両の骨格や外板の仕組みなどについての座学、また実際の車両を用いた査定の実践練習を行います。

2日間の研修の後、試験が実施されますので、一定のスキルとライセンスを持って講習を卒業できます。

その後、各店舗にて商品化前の在庫車両のチェックをし、多くの車両を査定する中でミニに特化した知識と経験を養います。

最初は1台ごとに上司や先輩社員からの答え合わせのフィードバックもありますので、わかりやすく確実に成長することができます。

また査定技術とは別に、先輩社員と行う商談のロールプレイングや、来店査定の同席や見学で商談の流れやコツを習得します。

最終的にロールプレイングのテストで「ミニ専門の査定士としてお客様の本心を汲み取り、公平で誠実な買取商談ができているか」をチェックし、合格すればデビューです。

もちろん、買取査定経験者の方でスキルを活かして裁量を大きく持ちたいという方も大歓迎です!
即戦力としてキャリアアップできる環境もございますので、あなたのスキルを存分に活かしてみませんか?

 

【給与】

月給:225,830円〜

賞与:年2回

昇給:年1回
※経験・能⼒など考慮の上、決定いたします。経験者優遇。
※固定残業代 40,830円〜 / 30時間相当を含む
※超過した時間外労働の残業代は別途支給
※チームインセンティブを支給
※試用期間6ヶ月有

 

【募集概要】

■必須スキル
◎普通自動車免許(AT限定不可)
◎車両査定・買取経験

■歓迎スキル
◎中古自動車査定士資格をお持ちの方
◎自動車販売経験
◎オークション業務経験
◎接客、BtoC営業経験

■こんな方を待っています
◎お客様のことを常に優先して考え、すべての方に寄り添う接客ができる方
◎ホスピタリティを持って取り組める方
◎成長のための努力ができる方

 

トレーディングスタッフ採用 詳細ページ

 

 

 

メカニック(整備士)

 

【仕事内容

横浜市都筑区にオープンしたばかりのBMWミニ専門の認証工場で、メカニック業務をおまかせします。
お任せしたいミッションは「ニーズを的確に汲み取り、適切な整備を提供すること」です。
点検整備や車検、ドレスアップ、チューニングなど、お客様が「オンリーワンなミニ」で充実したミニライフをエンジョイできるよう、お客様の気持ちに寄り添った整備、ご提案をお願いします。

 

オープンして間もないことから、運営方法に関してはトライ・アンド・エラーの繰り返しかもしれません。
しかし出来上がった組織で歯車として働かされるのではなく、仲間とともに自分の力で事業を立ち上げていく経験は何にでも代えがたい経験となり、やりがいにも繋がるはずです。

将来的にはエンドユーザーに向けたドレスアップやチューニングのプロモーションも含め、私達といっしょに事業をスケールさせていきましょう!

 

経験者はもちろん、未経験でもやる気のある方は大歓迎!
“お客様のクルマに対する気持ちに寄り添う” そんな整備をしませんか?

 

【給与】

■経験者(即戦力)給与
月給 380,850円〜

賞与:年2回

昇給:年1回

※固定残業代 68,850円〜 / 30時間相当を含む

 

■未経験者給与
月給 231,940円〜

賞与:年2回

昇給:年1回

※固定残業代 41,940円〜 / 30時間相当を含む

※超過した時間外労働の残業代は別途支給いたします。
※経験・能力などを考慮の上、選考を通じて上下いたします。

 

【募集概要】

■必須

◎自動車整備経験
◎自動車整備士3級以上 ※ 応相談
◎普通自動車運転免許(AT限定不可)
◎ご自身の工具を持っている方

■歓迎スキル・こんな方をお待ちしています
◎輸入車整備経験
◎ミニの整備士経験

◎コーディングカスタムの経験

◎カーコーティング、ディテーリングの経験

◎コミュニケーションスキルが高く、お客様の立場になって考えられる方
◎迅速なアクションが起こせる方

ディーラーメカニック(特にBMWミニ整備)経験者優遇!

※学歴不問

 

 

選考フロー/お問合せ

【選考フロー】

▼書類選考
▼1次面接(オンライン)

▼2次面接
▼最終面接
▼内定

※職種により、選考フローが異なる場合がございます。

 

ご質問やご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

【お問合せ】

株式会社インフィックス

〒158-0084 東京都世田谷区東玉川2-39-6  
コーポレートオフィス採用担当 中島

recruit@ir-japan.net 

電話番号:03-5754-8811(平日10:00〜19:00)

※郵送でご応募いただく場合は、上記まで履歴書及び職務経歴書を送付ください。

※送付いただきました書類は返却いたしかねますので、予めご了承ください。

 

【関連記事】

 

忖度なしのリアル回答!?7名の元アルバイトに聞く、iRで社員になろうと思った理由とは?


MINI BLOG

2023.10.05公開 / 2023.10.05更新

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【コンバーチブル・クラブマン・クロスオーバー編】(2023年10月5日 更新)

 

前回のブログに引き続き現行型ミニ(F系)限定車・特別仕様車を紹介していきます!

今回はTHEミニの代名詞であるハッチバックスタイルから一転、コンバーチブル(F57)、クラブマン(F54)、クロスオーバー(F60)こちらの3車種についてまとめていきます。

ポップな印象のハッチバックスタイルとは裏腹に、それぞれ違ったキャラクター性を持っていますので、特別仕様車、限定車になるとより車種による個性が強くなります。

そのキャラクターの違いを今回はこのブログを通して発見していただければと思います。

※発売時期が最近のモデルから順番にご紹介します。

 

【完全保存版】BMWミニの限定車・特別仕様車をご紹介!【ハッチバック編】(2022年9月16日 更新)

 

 

コンバーチブル (F57)

2016年にフルモデルチェンジを果たし第3世代へと進化したミニコンバーチブル。先代モデルから全長+95mm、全幅+40㎜、ホイールベース+30mmの大型化を果たし、3ナンバーサイズとなりました。

デザインは基本的にハッチバックと共通となりますが、先代モデルでは後部座席後ろにあったアクティブロールオーバーバーが完全に隠された為、後方視認性が大きく向上しました。

搭載されるエンジンはハッチバックと共通で、クーパーが1.5Lターボエンジン、クーパーS及びJCWに2.0Lターボエンジンが搭載されます。また少し残念なのはミッションで、日本国内モデルでのMT設定が無く、AT(マイナーチェンジ後はDCT)のみの設定となります。

 

 

シーサイド エディション

ミニコンバーチブル(F57) クーパーSをベースに2023年4月20日より発売を開始したMINI Convertible Seaside Edition(ミニコンバーチブル シーサイドエディション)

ミニコンバーチブル生誕30周年を記念したモデルとなり、全国180台のみと希少性の高い限定車となっています。

 

ボディカラーには2021年のマイナーチェンジ後、販売終了となっていた「カリビアンアクア」を復刻採用。

ヘッドライトリングやテールライトリングなどのクロームパーツはホワイトへ変更されています。

また、サイドスカットルやドアシルプレートなどは30周年をイメージしたオリジナルデザインとなっています。

 

インテリアはサテライトグレーレザーシートを採用、インテリアサーフェスには30周年を記念した「30 years of Convertible」というレタリングが刻印されています。

キーデザインには、ブルーを基調とした波を連想されるパターンが施されています。

 

iRでも非常に人気の高いカリビアンアクア×ホワイトレザーシートの組み合わせですが、今回はさらに全国180台のみの限定販売となるため、早い時点での売り切れが予想されます。
ご検討されている方はお早めに決定されることをお勧めいたします。

 

 

 

サイドウォークエディション

現行型コンバーチブル(F57)としては初の特別仕様車が2020年11月に発売予定となります!

サイドウォーク限定色「ディープラグナブルー」をはじめ、専用デザインのソフトトップ、ボンネットストライプ、ホイール、青と黄色のラインの入った本革シート等ミニコンバーチブルの魅力を高めるアイテムを贅沢に使用しているのが特徴的です。

 

写真から感じられるディープラグナブルーの印象は、深い海の様な色合で落ち着いて品があります。

この色ならオープン走行で少し恥ずかしいという方でも気を張る事なく、自分だけのお洒落を堪能しながらドライブできるはずです!

 

 

 

クラブマン (F54)

2015年にフルモデルチェンジしたミニクラブマン。先代モデルと比較して全長+273㎜、全幅+115㎜、全高+1㎜、ホイールベース+125mmと大幅にボディサイズが拡大されました。

ラゲッジスペースも先代の260Lから360Lへと拡大し、リヤシートを倒すと1250Lまで積みこむことが出来ます。

デザイン面では、先代モデルの特徴だった運転席側のクラブドア(観音開きドア)が廃止となり、4ドア+リア観音開きと利便性が大きく向上しました。

グレードはワン、クーパー、クーパーS、クーパーD、クーパーSD、JCWが設定され、エンジンはワン、クーパーが1.5Lターボエンジン、クーパーS、クーパーD、クーパーSD、JCWが2.0Lターボエンジンとなります。

室内もクラブマン専用設計のデザインが採用され、MINIでは初採用の電動パーキング・ブレーキや電動シートなど、高級感溢れる仕様となっています。

 

 

ミニクラブマン ファイナルエディション 【NEW!】

ミニクラブマン(F54)クーパーS、ミニクラブマン クーパーSDをベースに2023年10月5日より発売を開始したMINI Clubman Final Edition(ミニ クラブマン ファイナルエディション)

ボディカラーにはエニグマティックブラックナノクホワイトが設定されます。

販売台数は、エニグマティックブラックのミニクラブマン クーパーS60台、ミニクラブマン クーパーSD140台

ナノクホワイトのミニクラブマン クーパーS40台、ミニクラブマン クーパーSD80台、合計320台限定販売となります。

 

まず目を引くブロンズのアクセントカラー「シマーコッパー」をラジエターグリル、ボンネットストライプ、サイドストライプ、ホイールなど様々な箇所へ採用。

独特なカラーのシマーコッパーを活用したパーツは、オリジナルサイドスカットルやCピラーバッチ、ドアシルプレートなど、限定車を表現するオリジナルパーツが多く備わります。

シートはシマーコッパーとマッチするダークマルーンのレザーとブルーのアクセントを加えた専用デザイン。

また、世界限定1969台を表現する「1969」のレタリングがステアリングやインテリアサーフェスに施されます。

 

観音開きの特徴的なトランクデザインや、充実した室内空間がファミリー層にも人気なミニクラブマンは、今回が最後の限定車となります。

ミニクラブマンらしいジェントルマンな印象の一台ですので、初めてミニクラブマンを乗る方はもちろん、ミニクラブマンファンの方は所有欲を存分に満たしてくれる一台となるでしょう。

 

 

 

アントールド エディション

ミニクラブマン クーパーD/クーパーSDをベースに2022年8月25日より販売が開始されたMINI Clubman Untold Edition(ミニクラブマン アントールドエディション)

 

ボディカラーにはミニクロスオーバー専用色である「セージグリーン」をルーフ&ミラーも同色でコーディネート。

MINIでは初となる樹脂フェンダーのカラー変更を導入し、従来のブラックフェンダーをダークグリーンへ変更する事で、全体の統一感を出しています。

グリーンでまとまったボディには、ゴールド(真鍮色)のフロントグリルリムと専用デザインホイールがアクセントとなり、一味違うミニクラブマンであることが一目で分かります。

また標準装備でジョンクーパーワークス エアロダイナミックキットを装備、ボンネットには5本のオリジナルデザインストライプが入り、非常に個性豊かな一台となっております。

インテリアも「セージグリーン」を基調とし、ゴールドのアクセントカラーが目を引くデザインとなっております。

Untold」という名前からして「語るまでもない存在感の特別仕様車」というのがひしひしと感じ取れる強いインパクトの一台。

こちらの特別仕様車が発表された際、前回ご紹介したミニクロスオーバー アンテイムドエディションと同じものかなと思っていましたが、調べていくとカラーやデザイン、装備されているホイールなど多くの点で異なる、全く違う特別仕様車となっております。

セージグリーンの色味が好きだけどミニクラブマンが良かった、ジェントルなイメージのミニクラブマンで存分に遊び心を表現したい、とお考えの方にはぴったりの一台となるでしょう。

 

 

 

 

サヴィル・ロウ・エディション

ミニクラブマンクーパーDをベースに英国紳士をモチーフにデザインされた日本限定特別仕様車「MINI Clubman Savile Row Edition(ミニクラブマン サヴィルロウエディション)」が2021年5月14日に販売が開始されました。

 

そもそもSavile Row(サヴィル・ロウ)とはイギリス、ロンドンにある通り名で、オーダーメイド高級テーラーが集中している事で有名。

その名を冠したミニクラブマンは、車もファッションの一部と思わせるお洒落なモデルになっております。

伊勢丹新宿店メンズ館」とコラボした専用デザインのボンネットストライプサイドストライプドアシルが採用され他のミニとの違いを謙虚に主張しています。

 

他にもミニ上級オプションのYoursスタイル専用パーツ(本革巻きステアリング、インテリアサーフェス、18インチアロイホイール等)を多数採用する事で、質感は非常に高くまとまっております。

また、安全装備も充実しており、ドライビングアシスト(前車接近警戒機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)やバックカメラ、PDC(フロント・リア)、パーキングアシストなどが備わり安心して運転する事ができます。

 

この主張しすぎないお洒落さは、私にとってもドストライクな一台。普段はスーツを着用しないiRスタッフの一員ですが、サヴィル・ロウ・エディションに乗る時だけはスーツを着てカッコつけてみたい…

 

 

 

GPインスパイアードエディション

2020年3月から全世界299台、日本全国では120台限定で受注が始まったMINI Clubman JCW GP Inspired Edition。

ミニファミリーの中で最速の速さを誇るエンジン(最高出力306PS、最大トルク450Nm)とALL 4(4輪駆動)によりパワフルでレーシングな走りを、5名が余裕を持って座れる室内空間と広いラゲッジスペースを確保しながら両立させています。

細部に目を向けて見ると、随所に歴代GPモデルからインスパイアされたパーツやデザインが採用されている事が分かります。

 

まずエクステリアのボディーカラーにはサンダーグレーメタリックにルーフカラーはシルバー、アクセントカラーにチリレッドを配色し、MINIエンブレム、ドアトリム、フロントグリル、CLUBMANロゴなどは全てピアノブラックで統一

ホイールには大径ホイール19インチJohn Cooper Worksサーキット・スポーク2トーンを履いており、全体を引き締めています。

インテリアにも専用のGPエンブレムを様々な箇所に散りばめられており、所有感を高めてくれるはず。

 

クラブマンの実用性とミニのスパルタンな走りをどちらも捨てがたい人にとっては最高の一台となるでしょう。

 

 

 

ブルーノート東京エディション

日本を代表する老舗ジャズ・クラブの一つである「Blue Note Tokyo」とのコラボレーションにより2019年5月に発売されたモデル。

ボディカラーはミッドナイトブラック・限定色ホワイトシルバーの2色を展開し、オリジナル・デザインのストライプは、Blue Note Tokyoのイメージ・カラーであるブルーのアクセント・ラインが入ったスタイリッシュなデザインとなります。

インテリアは本革シート、天張など全てブラックで統一し、上級オプションであるYoursインテリア・ピアノブラックイルミネーテッドを採用する事で、落ち着いた光の演出を存分に堪能する事が出来ます。

 

個人的にとても気に入っている点はやはりインテリア。クラブマンの落ち着いた上品さをBlue Note Tokyoエディションはより引き立てています。

この車に乗りJazzミュージック(Art Blakeyはもちろん、Norah Jonesはほんとに滲みます!)を聴けば車内は一瞬にしてJazzラウンジへと変貌するでしょう!

 

 

 

 

 

モルトンエディション

クーパーDをベースに現行型クラブマンとしては初の限定車が2018年8月に発売されました。国内120台限定生産されたこちらの車両はイタリアのメンズブランド「SLOWEAR」とのコラボレーションにより、オリジナルデザインのボディストライプを施しています。

ボディカラーには限定色「ホワイトシルバー」を採用する事で、全体をクールにまとめつつストライプの赤いラインがカジュアル味を持たせるデザインとなっています。

 

一見シックにまとめているボンネットストライプにも見えますが、よく見ると赤色が入っていたり、柄が可愛かったりと、少し大人の遊び心を彩ったモデルになっていますね。

 

 

 

バッキンガム

ミニのエントリーモデル「one」をベースに2017年10月から特別仕様車として設定されたのがこちらのバッキンガム。oneではオプション設定の純正ナビLEDヘッドライト、スマートキーの機能を持つコンフォートアクセス、衝突軽減ブレーキや前車接近警告機能装備のドライビングアシストを標準装備しています。

 

必要最低限でコストを抑えつつ、だけれども不便な要素は無くしたい、そんな希望を叶えてくれるモデルです!

 

 

Exclusive Style(エクスクルーシブ・スタイル)

ミニのフラグシップモデルであるジョンクーパーワークスをベースにオプション選択が可能なYours Styleを身に纏った特別仕様車。JCWの力強い印象をYours Styleでまとめているので、シックな印象なんだけれども中身はとってもスポーティ、こんな贅沢なギャップを楽しめるのは大人の余裕がある方だけ!?(車両本体価格はなんと553万円!!)

 

新型クラブマンにJCWとMINI Yoursが追加!さらにいいとこ取りも出来ちゃう!?

クロスオーバー(F60)

2017年にフルモデルチェンジしたMINIクロスオーバー(F60)。先代モデル(R60)よりも全長18cm、車幅3cm、全高4.5cm、ホイールベース7.5cmの拡大を受けて一回り大きいボディに成長しました。

MINIの現行モデルラインナップで最大サイズとなり、BMWのX1と同じプラットフォームが採用されているのも特徴的です。

インテリアの高級感も大幅に向上した事で、今までのMINIよりもワンランク上の上位セグメントモデルとなりました。
発売時の日本向けモデルのエンジンはディーゼルのみの設定でしたが、2017年5月にはガソリンエンジン搭載モデルとなる「JCW(ジョンクーパーワークス)」が登場。さらにMINI初のプラグインハイブリッド「クーパーS E ALL4」も設定され、グレードはワン、クーパー、クーパーS、クーパーD、クーパーSD、クーパーS E、JCWと多くの選択肢があります。

 

 

ハイランドエディション

ミニクロスオーバー(F60)クーパーD、ミニクロスオーバー クーパーD ALL4をベースに2023年8月3日より発売を開始したMINI Crossover Highlands Edition(ミニクロスオーバー ハイランドエディション)

ミニクロスオーバー クーパーDが160台ミニクロスオーバー クーパーD ALL4が40台合計200台限定販売となります。

 

ボディカラーにはミニクロスオーバーでは特別採用されるルーフトップグレーを設定。

オリジナルデザインのサイドスカットルはブラックを基調とした落ち着いたデザインとしており、ブラックの18インチホイールハイグロスブラックのルーフレールピアノブラックへ変更されたエクステリアパーツと相まり、とても引き締まった印象となっております。

インテリアには電動ガラスサンルーフを採用、シートはレザレットシート カーボンブラック、ドアシルプレートもエクステリア同様のオリジナルデザインとなります。

 

前回、ミニクロスオーバーの限定車として登場したアルバートブリッジエディションと同様のルーフトップグレーのボディカラーですが、ハイランドエディションはよりシンプルにまとめられている印象。

ルーフトップグレーは都会にマッチするカラーと思いきや、キャンプ場や高原に広がる緑一面にも映えるカラーというのが分かります。
また、合皮素材のレザレットシートは本革シートよりも丈夫かつお手入れも簡単。
パノラマガラスサンルーフやトランクに腰掛けられるピクニックベンチも備わり、自然を楽しむアウトドア派も満足できる一台となっています。

 

 

 

アルバートブリッジ エディション

ミニクロスオーバー(F60) クーパーSE ALL4をベースに2022年10月11日より販売開始のMINI Crossover Albert Bridge Edition PHEV(ミニクロスオーバー アルバートブリッジ エディション PHEV)

 

ボディカラーにはミニ3ドア(F56)やミニ5ドア(F55)、ミニコンバーチブル(F57)でのみ選択可能な「ルーフトップグレー」を採用。

ルーフカラーやサイドミラーキャップはブラックで、ヘッドライトリングやドアハンドルなどをピアノブラックで統一したシックな仕上がりの中に、鮮やかなイエローのオリジナルデカールが目を惹きます。

インテリアでは既に新車では選択ができなくなった、ミニクラブマン専用レザーシート「レザーチェスター インディゴブルー」が復刻しており、今回の特別装備となっております。

専用デザインのドアシルプレートシェーデッドシルバーインテリアサーフェイスと合わさり、特別感のある空間になっております。

 

 

 

 

アンテイムド エディション

ミニクロスオーバー クーパーD/クーパーD ALL4/クーパーSEをベースに2022年6月16日より販売が開始されたMINI Crossover Untamed Edition(ミニクロスオーバーアンテイムドエディション)

 

専用ボディカラー「モメンタム グレー」にブラックルーフを採用、カラーは落ち着いたイメージですが、ALL4エクステリアに、幾何学的な大型サイドストライプ、18インチの専用デザインホイールを装備。

インテリアにはブルーとグリーンのステッチが個性的ななMINI Yours ハイランドグリーン レザーシートを中心に、自然からインスパイアされたというフローズンブルーでインテリアサーフェスを塗装。「Untamed」エンブレムが浮かび上がる特別仕様となっています。

他にもドアシルプレートやフロアマット、ステアリングホイールなどがUntamed エディションオリジナルデザインとなります。

 

「Untamed=飼いならされていない、抑制されていない、自然のまま」という意味があり、過去に発売されたミニクロスオーバー(F60)の中でも非常に自由で遊び心のある仕様に仕上がった一台。専用ボディカラーのモメンタムグレーと、なんと言っても個性的なインテリアデザインはとても気になります。

インテリアサーフェイスの専用カラーはアンビエントライトにも対応しているとの事で、好きな色へ変更できるのも大きなポイント。

専用デザインが多く採用されているアンテイムドエディションは、オーナーにとって特別な一台となりそうです。

 

 

 

 

シャドーエディション

ミニクロスオーバー クーパーD/クーパーD ALL4をベースに2021年10月18日より販売が開始されたMINI Crossover Shadow Edition(ミニクロスオーバーシャドーエディション)

 

ミッドナイトブラックのボディカラーにF60で初の設定となるシルバールーフが特徴的な一台。ヘッドライトリングやMINIエンブレムなどのクロームパーツは全てピアノブラックで統一。シックな印象にまとめられている中で、シャドーエディションオリジナルのボンネットストライプサイドスカットルでアクセントを付けた唯一無二のクールな仕様となっております。内装はオリジナルデザインのインテリアサーフェスや、クーパーDでは通常設定のないレザレットシートを特別採用。内外装共にミニクロスオーバーをスタイリッシュにまとめられた特別仕様車となっています。

 

ブラックで統一されたクロスオーバーの限定車にミニクロスオーバーブラックヒースがありましたが、同じブラックの仕様でも今回は全くの別物。特にエンジン形式がシャドーエディションの場合はディーゼルエンジンなのに比べ、ブラックヒースはミニクーパーSのガソリンエンジンとなります。他にもシャドーエディションオリジナルのシルバールーフはブラックヒースや他のクロスオーバーとの明確な違いを示しております。

ブラックヒースはスポーティさを全面に主張しておりましたが、シャドーエディションはファッション性と特別感が強く、所有欲を満たしてくれる一台になりそうです。

 

 

 

ボードウォークエディション

ミニクロスオーバークーパーDをベースに日本全国200台限定で2021年3月2日(ミニの日!!)に販売が開始された MINI Crossover Boardwalk Edition

 

ミニコンバーチブルの限定車「サイドウォークエディション」に設定された限定カラー「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」をボディカラーに纏い、ホイール・ヘッドライトリング・ルーフなどをピアノブラックで統一しており非常に品のある印象になっています。

インテリアではハーフレザーシートを採用しており、様々な箇所に「Boardwalk Edition」の文字が入れられます。

やはりディープラグラブルーの色が本当に綺麗で、ミニコンバーチブル「サイドウォークエディション」で見た際は、その深い青色に引き込まれました。この限定色がミニクロスオーバーにも採用されるとの事で青色好きな私からすると最高の一言です!

オプションも充実しており、バックカメラ・PDCなどはもちろん、ヘッドアップディスプレイ・パーキングアシスト・シートヒーター等快適装備も十分です。今週末からミニ正規ディーラーで取り扱いが始まるとの事なので、早く実車を見てみたいです。

 

 

 

コーンウォールエディション

サーフィン」をイメージしたクロスオーバーの限定車で、2020年4月より発売を開始しました。

ボディカラーにはクロスオーバー初導入となるムーンウォークグレーを採用しており、ボディ全体をクラブマンの様な落ち着いた印象にしています。

また、シートにはレザレットシートを採用しており、ゆったりとした印象のシートで、レザーの高い質感を実現しながらサーフィンで汚れた部分はサッと落とせる実用的な部分も兼ね備えています。

 

クロスオーバーで砂浜近くまで進んで行き、すぐ車からサーフィンを出して波に乗る。そんなアクティブな使い方を思う存分楽しめるのがコーンウォールエディションなのでしょう!

 

 

 

ノーフォークエディション

2019年2月より全国300台限定生産されたノーフォークエディションは早期契約100台分に限定のルーフボックスがプレゼントされました。クロスオーバー クーパーD ALL4をベースに「」をテーマにした車両であり、ファッション・ブランドF/CE.のデザイナー、山根敏史氏とのコラボレーションにより実現したモデル。

旅人が歩く「」をイメージした左右非対称のボンネットストライプやフロントグリルにはアディショナルヘッドランプが装備され探検心を擽る仕様となっています。

 

ミニの伝統カラーであるブリティッシュ・レーシング・グリーン・メタリックブラックルーフという組み合わせは3ドア ハッチバックのみならずクロスオーバーにもマッチする色合いですね。

 

 

ブラックヒース

国内初導入となったクロスオーバー クーパーSをベースに2018年2月より日本全国250台限定で生産・販売された特別仕様車。

スポーティな2.0リッター4気筒ガソリンターボエンジンを搭載し、エクステリア、インテリア共にブラックで統一したモダンでストイックなモデルとなっています。

もちろん快適装備も忘れていなく、PDC(コーナーソナー)機能付きバックカメラ、先進安全装備のドライビングアシスト、スマートキーのコンフォートアクセスLEDヘッドライト純正ナビなど安全性も抜け目がありません。

 

ヘッドライトリング、ルーフレール、ボンネットストライプまでもがブラックアウトされており、ここまでシックにまとまっているミニを新車として発売するという事に純粋に驚きを感じました。

インテリアサーフェイス、ヘッドライナーも全て黒なので、むしろ黒以外の色を見つけるのが難しいのでは!?

 

 

 

バッキンガム

ミニ クラブマン バッキンガムと同時に(2017年10月)特別仕様車として設定されたミニ クロスオーバー バッキンガム。クラブマン バッキンガムと同様、エントリーモデル「one」をベースに純正ナビLEDヘッドライトドライビングアシストコンフォートアクセス機能など、必要十分なオプションを装備しています。

 

本体価格は約358万から選択出来るこちらの特別仕様車は、ミニクロスオーバーへのハードルがグッと下がるパッケージングとなっています。

 

 

 

バッキンガム(LCi後モデル)

 

LCi後のミニクロスオーバー(F60)に2021年5月7日、高効率ガソリンエンジンを搭載する新型「MINI Crossover Buckingham」が2021年5月7日販売が開始されました。

※以前設定されていたミニクロスオーバー・バッキンガムはミニクロスオーバー・ワンをベースにした特別仕様車でしたが、今回のミニクロスオーバー・バッキンガムはミニクロスオーバー・ワンの代わりに登場した通常グレードになります。

 

ミニクロスオーバーのLCi後のラインナップ中、ピュアなガソリンエンジンを搭載するグレードは今まで「ジョンクーパーワークス」のみでしたが、今回のバッキンガムが新たに追加となりました。

最高出力75kW(102PS)/3,900rpm 、最大トルク190Nm/1,380-3,600rpmを発生させる直列3気筒1.5リッターエンジンは、ミニの中では比較的おとなしめのエンジンですが、街乗りメインで燃費を重視する方であれば物足りなさを感じることは無いでしょう。

LCi前のミニクロスオーバー・バッキンガムの装備に加え、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)ドライビング・アシスタント・パッケージ・プラス(リア・ビュー・カメラ/パーキング・アシスト/PDCフロント&リア)など充実のオプションが追加装備され、価格は¥3,950,000とミニクロスオーバーの中では最もお求めしやすい価格を実現。クロスオーバーの利便性と居住空間は確保しつつ、予算を抑え、ガソリンのフィーリングを楽しみたい、という欲張りな方にベストチョイスな一台です。

 

 

まとめ

前回から引き続きミニの限定車・特別仕様車について見てきました。どのモデルもこのミニをどの様に使って欲しいか、というターゲット層がくっきりとミニを見ていると分かりますね!

クロスオーバーのアクティブな一面をコーンウォールエディションではしっかりと表現していた反面、ブラックヒースはクロスオーバーをシックにまとめており、夜の都会が似合う様な装いです。

ミニを選ぶ上でご自分のライフスタイルに合わせて選ぶ事は重要になりますが、全く自分とは性格の違う限定車・特別仕様車を選んでみても良いかも知れません!なんて言ったって新しいミニとの楽しみ方を見付ける機会になるかもしれませんから!

 

 

現在iRでは多彩な限定車・特別仕様車を在庫中!!

2022年6月発売が開始したばかりのミニクロスオーバー アンテイムド・エディションをはじめ、iRでは多数の希少モデルを在庫中!

通常カタログでは選択できないカラーや、特別装備をまとった、他のミニとはちょっと違ったミニに乗りたい方には必見です!

 

ミニクロスオーバー クーパーD アンテイムドエディション

 

ミニクロスオーバー クーパーD シャドーエディション

 

ミニクロスオーバー クーパーD ALL4 ノーフォークエディション

 

 

ミニクラブマン クーパーD サヴィルロウエディション

 

ミニクラブマン JCW GPインスパイアードエディション

 

ミニクラブマン クーパーD ブルーノートエディション

 

ミニコンバーチブル クーパー サイドウォークエディション

 


MINI BLOG

2023.09.10公開 / 2023.09.10更新

新型ミニカントリーマン(U25)発表!一新したのはデザインだけでなくモデル名やグレード名にも新事実が!

 

2023年9月1日、MINIはフルモデルチェンジを果たした新型ミニカントリーマン(U25)を発表しました。

 

現在日本では未発表のため、発売時期はもちろん価格もまだ未公開の状態ですが、発表されたデザインや機能面を見る限り別次元の「未来のMINI」になった印象です。

 

大型化したボディサイズや思い切ったデザインの変更点、EVモデルの追加、新しい機能内容だけでなく、あの親しみのあるモデル名やグレード名にも大きな変化があることを独自調査で発見!

 

まずはプレスリリースで発表されたイメージに沿って、デザイン面、機能面から見ていきましょう。

 

 

 

エクステリアの変更点

まずはボディサイズについて。

全長4,433mm

全幅1,843mm

全高1,656mm

と、現行のミニクロスオーバー(F60)と比べ

全長+118mm

全幅+23mm

全高+61mm

大型化されています。

クロスオーバーに関しては、ミニなのにサイズはミニじゃない、2011年の発表当時からよく言われてきましたが、大型化は留まることを知りません。

 

左から初代ミニクロスオーバー(R60)、現行型ミニクロスオーバー(F60)、新型ミニカントリーマン(U25)。

初代ミニクロスオーバー(R60)がとてもコンパクトに見える!!!

 

フロント周りのデザインも大きく変更されています。

特徴的な八角形のグリルフレームは、選択するトリム(オプション)に応じてアクセントカラーの変更ができます。

例えば、Favored トリムの場合は新色 バイブラントシルバーを採用、John Cooper Works トリムではハイグロスブラックとなります。

 

ラジエーターグリルのデザインも大幅に維新されています。

こちらはフロントカメラとミリ波レーダーでしょうか。

特定の条件下(60km/h以下かつ高速道路のようなルート)では半自動運転も可能で、走行中ハンドルから手を放す事が可能に。

もちろん、すぐにブレーキ、ハンドル操作ができる準備が必要ですが、幹線道路での渋滞などでは非常に重宝される機能ですね。

使い慣れてしまうと、この機能の無い車には戻れない!?

 

ヘッドライトはミニの特徴であったクロムラインが廃止された様子。

クロムラインのヘッドライトリングは、少し「目」が大きく見える事でミニらしい可愛い印象だったために、この変更は個人的には少し残念。

ただ、その代わりに大きく湾曲したボンネットや隆起したボディへ目が行くことで、ミニカントリーマンらしい堅牢性を感じる事ができます。

もう一点今までのMINIにない大きな変化が、ボンネットの開き方。

今まではヘッドライト部分がくり抜かれ、フロントグリル上部を境目に大きく開く形状のボンネットでしたが、今回の新型カントリーマンでは、ヘッドライト上部を境目としコンパクトに開く形状に変化しています。

 

リア周りはよりスタイリッシュにスクエアなデザインが取り入れられています。

 

テールランプは以前より採用されていたユニオンジャック柄を継承。

より細身になる事でミニカントリーマン全体のワイドなスタイルが際立つデザインとなっています。

 

フロントエンド、リアエンド共に、垂直に落ちていくようなフォルム。

ここまでデザインが一新し、サイズアップしたのに、ミニカントリーマンであることは一目で感じることができる仕上がりは流石ですね。

 

インテリアの変更点

外観では多くの変更点が見られましたが、内装に関しても全く別の車になったような変わり様!

注目の変更箇所を見ていきます。

 

まずは運転席周り。

ステアリング前方のディスプレイが無くなり、速度計、タコメーターが無い状態。

あるのは大型のOLEDディスプレイが中央に配置されているだけです。(シンプル!)

タッチパネル対応OLEDディスプレイでは速度計や電動モーター用バッテリー残量の表示から、エアコン設定まで、車両の全ての操作が集約されています。

 

以前タコメーターやデジタルメーターに表示されていた情報は、オプションのヘッドアップディスプレイへ投影されます。

前方視界が広いため、ボディサイズを把握しやすく、運転のしやすさが向上しています。

 

エアコン吹き出し口は真鍮のようなアンティークを感じるデザインに。

また、ニット状に編み込まれたインテリアサーフェスはリサイクルされたポリエステル素材を使用。

日本では吸盤や粘着テープでダッシュボードに取り付けるスマホホルダーやGPSレーダーがよくありますが、この素材だと付けられませんね。

これだけ洗練されたシンプルデザインに、余計なものを追加でつけるのは野暮ということでしょうか。

 

エクスペリエンスモードといわれるモードの切り替えを行うことでインテリアの雰囲気をガラッと変えられる仕様。

以前までのエキサイトメントパッケージから、より没入感の高い演出となっています。

 

省エネ運転のグリーンモードや

 

現在再生されているアルバムカラーの色に応じてアンビエント照明が変更されるビビットモードなど。

特に夜間でのドライブには楽しい機能になりそうです。

 

シフトコラムはトグルスイッチへ集約。

ここでシフト操作はかなり斬新!というより違和感!?

慣れるまでは時間がかかりそうな印象です。

左からパーキングブレーキ、シフトレバー、スタート/ストップキー、エクスペリエンスモードの切り替え、ボリューム調整となります。

 

センターコンソールはシフトコラムがなくなることで収納力がアップ。

蓋付きの小物入れが備わります。

 

シートデザインも変更され、オプションでは新たにマッサージ機能も追加。

 

後部座席は6段階で最大12°の角度調整が可能。

後部座席を倒した場合、トランク容量は460リットルから1,450リットルまで拡大ができます。

 

発表される(予定?)のグレードについて

新型クロスオーバーのグレードとして気になるのは、やはり完全電気自動車(BEV)となったミニカントリーマン E

そしてそこから出力をスポーツグレードに引き上げ、かつ4輪駆動としたミニカントリーマン SE ALL4の2グレードには注目が集まります。

 

また海外メディアの記事を見ると、ガソリンエンジンを搭載したグレード、ミニカントリーマン C、4輪駆動のミニカントリーマン S ALL4、及び高出力モデルミニカントリーマン JCW ALL4も用意される予定とのこと。

ディーゼルエンジンも設定されるアナウンスは確認できますが、グレードは明記されておらずDなのかSDなのかは定かではない状態。

 

事前のリリース情報では電気自動車のみという予想もあったため、内燃機関(ICE)を搭載したミニが発表されたことは今回のニュースであり少し安堵しました。

各グレードの受注開始、納車時期や、各グレードの価格差など、今後も続くであろう続報に注目したいところです。

 

日本では大ニュース!?あの親しみのあるモデル&グレード名に終止符!

見た目の変化だけでなく、今回発表された新型カントリーマン(U25)では、モデル名とグレード名にも大きな変更がありそうです。

ここではiRが独自に調査して判明した事実も含め情報を公開!

日本市場にとっては大きな変化となるので、どういった影響が出てくるのか今後の動向から目が離せません。

 

モデル名はCOUNTRYMAN(カントリーマン)の呼称に統一

今まで2011年のデビューから、初代R60、第2世代F60は本国ではCOUNTRYMAN(カントリーマン)の名称で販売されていましたが、日本では大人の事情でCROSSOVER(クロスオーバー)の名称で販売され親しまれてきました。

事情というのは「カントリーマン」という名称が日本ですでに商標登録されていた為なんですが、インターネット上で現在の商標登録を確認したところ、なんとその商標権がBMWに譲渡されていることを確認!

 

つまり!

新型ミニカントリーマン(U25)は、従来のミニクロスオーバーではなくミニカントリーマンとして日本でも発売されるのではないかということです!

 

グレード名からCOOPER(クーパー)の文言が消える???

もう一点気になった点が・・・

グレード名の説明部分にどこにも「COOPER/クーパー」の文字がありません

今回発表された新型ミニクロスオーバーのリアデザインにも「cooper」のレタリングエンブレムはありませんでした。

本国仕様のみなのか?まだ定かではありませんが、「ミニ=ミニクーパー」だと思っている方が多い日本人からすると、長く愛された呼称なだけに、サラっと無くなってしまうのは少し寂しいですね・・・真相はいかに!?

 

新型ミニカントリーマンが発売開始されたら?

フルモデルチェンジは永く親しまれた前モデルからデザインが一新するので、その変化に違和感を抱いたり発表後に賛否が分かれることは、よくあること。

 

それ故、中古車市場ではフルモデルチェンジ直前のモデルの人気が高くなったり、流通価格が高騰するパターンも珍しくありません。

また中古市場が活発な自動車業界(特にMINIのようにデザインへの想いが強いオーナー様が多い車種)は、家電のように新モデルが発表された瞬間に型落ちモデルが一気に値落ちする、という訳でもありません。

新車登録から1年以内の新古車や未使用車などは新車比較で価格への影響も多少出るかもしれませんが、数年以上経過し価格が落ち着いた中古車への影響はあまり出にくいことが予想されます。

つまり、これから値段が下がる(かもしれない)のを待つというよりは、価格が上がるかもしれないことを考慮すると、現行ミニクロスオーバー(F60)をお探しなら今が買い時かもしれません。

 

ミニクロスオーバー(F60)でお探しの方はこちらから公開中のミニクロスオーバー(F60)一覧をご覧いただけます。

未公開在庫や入庫予定の車両も含めると、現在30台(9月8日現在)のミニクロスオーバー(F60)をご紹介可能です、お気軽にお問合せください。

 

 

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

MINI BLOG

2023.07.28公開 / 2023.07.29更新

忖度なしのリアル回答!?7名の元アルバイトに聞く、iRで社員になろうと思った理由とは?

 

現在iRでは社員、アルバイトを含め60名以上のスタッフが勤務しておりますが、それぞれが違った特技を活かし、個性豊かにいきいきと働いています。

また社員の中には、アルバイトからステップアップしたスタッフも多く、今月7月からは新たに3名のアルバイトスタッフを社員登用し、まもなく新設する新拠点での準備を進めております。

 

今回は、入社4年目のわたくし久野(ひさの)が代表し、今月7月にアルバイトから正社員となった3名、さらに一足先にアルバイトから社員になった先輩社員4名にスポットを当て、インタビュー形式で「なぜiRで社員になったのか?」を聞き出してみようと思います。

 

ネタバレ覚悟で先に言っておきますが、今回のインタビューを通して、少し変わった中古車販売店であり私たちの職場であるiRのことを、私自身が改めて好きになりました。

拙い文章ですが、その魅力が皆さまにもきっと伝わるはず。

 

 

スタッフ紹介

 

河原 雷太(かわはら らいた)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「業務課」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「らいた/下の名前」

Q,アルバイト入社日

 「2021年6年入社」

Q,入社前の経歴

 「スターバックスコーヒー」

Q,趣味/好きなこと

 「映画鑑賞」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「人の意見を聞き、協調性を大切にする/みんなで車を囲んで洗車」

Q,iRの好きなところ

 「社員一人ひとりがスルメにみたいで、いい意味でクセがあって深い魅力があるところ」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「どんどん成長して大きくなっていく元気な会社」

Q,目標または尊敬する社員

 「久保敷さん」

 

■インタビューコーナー■

久野

「前職のスターバックスから大きなジョブチェンジですが、なにかキッカケはありましたか?」

 

 

らいた

「スターバックスは学生バイトで4年程働いたのですが、元々クルマが好きだったこともあり、クルマに携わりたいと思いネットで“車 アルバイト”で探しました。そこでiRを見つけ、ちょうど実家の車をミニに乗換えたことも相まって『ミニだ!』って、縁を感じ応募しました。」

「タイミングがすごいね。スターバックスでの4年間の経験から、今のiRで活きていることってありますか?」

 

 

「クルマの回送や、登録作業など個で動く仕事も多いので、協調性がなくなりやすいなと感じていたので、スターバックスでやっていたジョブカード(サンクスカード)の導入の提案をしました。感謝したいことがあった時にあげたり貰ったりすることで、チームとしてのコミュニケーションが取れたり、モチベーションアップにもなりましたからね。」

「サンクスカードは先日iRでも導入しましたもんね。私も日々ありがとうはちゃんと伝えるようにしています。

ありがとうと言われると、またやろう!って思えますもんね。ちなみにアルバイトから社員になろうと思ったきっかけなんですか?」

 

「最初は、社員=セールスタッフだと思っていたので、セールスは自分には向いてないかなと思っていたのですが、会社が大きくなっていって新たな部署が出来たことで、その新しいポジションとして声を掛けても貰ったことが大きいです。あとは、一緒に働いていたアルバイト数名が社員になったことで、迷っていた背中を押されたというのもあります。」

「確かに、自分が活躍出来るポジションがあり、働いているイメージができると前向きになれますよね。では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

「アルバイトと社員が互いに手を取り合って、一緒に会社を盛り上げているのが今のiRの強さだと思ってます。その両方の経験者として、メリットを最大限活かせるようガソリン満タンで頑張っていきたいです。」

 

「上手に車を掛けましたね!素晴らしい!」

 

 

 

久保敷 彩音(くぼしき あやね)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「業務課」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「ボーちゃん/く“ぼ”しきのボ」

Q,アルバイト入社日

 「2019年4月入社」

Q,入社前の経歴

 「自動車教習所の教官」

Q,趣味/好きなこと

 「ドライブ、読書、ショッピング、バスケ、カメラ、仕事」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「現状と未来のスケジュールを把握し、的確に人を動かす指示を出すこと」

Q,iRの好きなところ

 「社長があだ名で呼んでくれるほど風通しがいいところ」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「いい意味で放任w」

Q,目標または尊敬する社員

 「関山さん」

 

■インタビューコーナー■

「教習所での経歴やドライブが趣味だったり、仕事はクルマに携わりたくて、iRを選んだんですか?」

 

 

ボーちゃん

「確かに運転は好きなので、それもありますが、通いやすい距離だったというのもポイントでした。」

 

 

「近いのって重要ですよね。(iRでは社員になると「近隣居住手当」という勤務地近くに住むことで貰える家賃補助制度があります)ちなみにアルバイトから社員になろうと思ったきっかけはありますか?」

 

「アルバイト入社時から100%社員希望というわけではなかったけど、アルバイトリーダーとして現場の指示役を任されはじめてからは、リーダーの楽しさとやりがいを感じたので、こんなポジションで活躍できる社員になりたいな、と思って希望しました。」

 

「状況を把握して段取りを組むことや、人に指示を出すことって誰にでもできることでは無いんですよ。それが楽しいって思える人に現場を任せられるのは私としても、会社としても、すごく助かりますし頼もしいですね。あと、尊敬する社員が関山さんとありますが、部署の違うセールススタッフなんですね?」

「関山さんの見習いたい部分は人間性です。人を元気にするというか、居ると居ないとではその場の雰囲気が変わるんですよね。」

 

 

「なるほど、そういうことですね。アレが出来るのは天性の才能ですからね。自分も見習うようにしてます。では、最後に意気込みをお願いいたします。」

 

「なるべく定時で帰れるように頑張る!」

 

 

「ダラダラ仕事せず、勤務時間内に効率よく仕事を終わらせるという姿勢は大切ですよねそもそも久保敷さんは数日先のことも考えて行動しているので、その日に終わらせなきゃいけない仕事は絶対に次の日に残さない印象があります。これからも宜しくお願いします!」

ボーちゃんが目標または尊敬する社員に挙げた関山さんがどんな人かをチェック!↓↓

【新入社員】アパレルからのニューウェーブ

安藤 涼子(あんどう りょうこ)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「営業補佐(ジーニアス)」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「安藤ちゃん、アンディー」

Q,アルバイト入社日

 「2022年8月入社」

Q,入社前の経歴

 「WEB関係」

Q,趣味/好きなこと

 「映画鑑賞、K-POP、犬、カフェ、旅行」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「現在模索中!」

Q,iRの好きなところ

 「皆さん個性豊かなところ」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「皆さん、体力がスゴくある」

Q,目標または尊敬する社員

 「高木さん」

 

■インタビューコーナー■

「歴代最短でアルバイトから社員へのステップアップでしたが、入社時から社員希望でしたか?」

 

アンディー

「元々クルマが好きでしたし、中でも特にミニが好きだったので、いずれここで社員になれたらいいなと思ってました。」

 

 

「そうだったんですね。アルバイトから社員になるまでは、どのような流れでしたか?」

 

 

「ある社員さんから、営業補助として社員へのステップアップを提案いただいたのをキッカケに、自己成長のチャレンジをしたいと考え始め、決意しました。」

 

「自己成長!最近の若い子は本当しっかりしてる!7月から社員になって、仕事内容に変化はありましたか?」

 

 

「今は独り立ちする為に、事務作業や書類作成をしながら、事務としての知識を詰め込んでいますご来店のお客様とのご商談があるときには、先輩セールスさんに同席して、勉強するようにしています。」

 

「充実している毎日を送ってますね!独り立ち出来る日が待ち遠しいです!では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

 

「わからないことばかりで不安もありますが、まずはミニの良さをお客様に伝えられたらいいなと思います。」

 

 

「着実に一歩一歩ですね。安藤さんのおかげでミニを好きになってくれる人が増えるのを楽しみにしてます!」

 

 

アンディーが目標または尊敬する社員に挙げた高木さんがどんな人かをチェック!↓↓

【新入社員紹介】新人。なのに古株!? 果たしてその正体は…

佐藤 弥月(さとう みづき)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「トレーディングチーム」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「みづき/下の名前」

Q,アルバイト入社日

 「2022年5月入社」

Q,入社前の経歴

 「自営業(不動産関係)」

Q,趣味/好きなこと

 「車、スノーボード、PCゲーム」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「査定研修試験一発合格!」

Q,iRの好きなところ

 「多様性を認めているところ」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「一般的な車屋さんっぽくないショールームと働いている人たちの空気感」

Q,目標または尊敬する社員

 「牧野さん」

 

■インタビューコーナー■

「クルマが好きとありますが、ミニが好きになった理由ってありますか?」

 

 

みづき

「免許を取得して、色んな繋がりで初めて乗ったクルマがR56(第2世代の3ドア)だったんです。きっかけはそこですね。実は今も乗っていて、その間にも色々なクルマを所有したんですけど、愛着も思い入れもあって10年ぐらい経ちますけど、未だにそのR56だけは手放せないですね。」

「素敵なお話。ミニ愛を感じます。では、ミニに携わりたくてiRに応募したんですか?」

 

 

「家から近くて、かつクルマに関係するアルバイトを探していたら、ミニ専門店ってのを見つけてこれだ!と思って応募しました。」

 

 

「自営業からの転職ですが、はじめから社員としての応募ではなく、まずはアルバイトとして段階を踏んだのはなぜ?」

 

 

「当時まだ続けていた自営業との兼ね合いと、車屋さんの雰囲気が分からなかったので様子を見たくてアルバイトからにしました。」

 

「しっかりしてますねー、初めての業種は不安も多いですし、気持ちはわかります。iRには色々な部署がある中で、今回トレーディングチームを希望した理由はありますか?」

 

「元々、買取りには興味がありましたし、先輩査定員の皆さんのスキルを見て、自分もこうなりたい!こんなことできるようになりたい!と思ったからです。あとは打たれ強くて体力にも自信があったので、自分に向いている仕事だなって思いました。」

 

「難しい査定試験も、一発合格でしたもんね。トレードチームは現在、絶賛強化中!心強いメンバーの加入で更なる発展を期待しています!では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

「トレードチームマネージャーの牧野さんのような査定士に、おれはなる!!!」

 

 

「是非、尊敬する牧野さんを超える査定士になってください!」

 

 

みづきが目標または尊敬する社員に挙げた牧野さんがどんな人かをチェック!↓↓

【新人社員紹介】自動車業界23年!お客様のミニ売却の良きパートナーを目指します!

 

石田 航太(いしだ こうた)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「業務課」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「イシコ/入社当時アルバイトに石田が2人居たので、名前のこうたから“こ”を取って”石+こ”でイシコ」

Q,アルバイト入社日

 「2019年10月入社」

Q,入社前の経歴

 「大学生」

Q,趣味/好きなこと

 「散歩、旅行、身体を動かすこと」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「納車仕上げ、洗車」

Q,iRの好きなところ

 「個を尊重してくれること」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「アルバイトにも現場の裁量を任せてもらえるとこ」

Q,目標または尊敬する社員

 「鈴木さん」

 

■インタビューコーナー■

「学生アルバイトから新卒での社員入社ですが、他の企業の面接は受けたんですか?」

 

 

イシコ

「iRでアルバイトをしながら大学3年生の頃から就職活動として、他にも何社か受けました。某国産ディーラーでの新車販売営業の内定もいただいていましたが、いろいろな説明会に参加する中で、iRの仕事内容や幅の広さ、今後の発展性や先輩社員の皆様の仕事ぶりを見ていて、改めてiRというお店の魅力を感じました。」

「大手で販売営業の内定をもらっていたのに、iRでは業務課として入社頂きましたね。決断のポイントは?」

 

 

「中古車販売店はお客様が車を実際に見て購入することができる場所ですが、実はその準備の時間の方が圧倒的に長くて重要ということをある社員さんに教えてもらいました。来店の準備だけでなく、撮影やWEBサイト掲載も含め準備8割と言われるほど重要なこのポジションで、幅広い業務を任せてもらえるということに魅力を感じました。またアルバイト時代から集中すると視野が狭くなってしまうことが私の課題だったんですが、先輩社員の久保敷さんのように、視野を広く持ち、数日先の予定も把握した段取り力を身につけられるようになりたいと思い、iRの業務課を志望しました。」

「大きすぎる会社で限定的な仕事をするより、幅広くマルチに活躍できるスキルを身につけたかったんですね!iRでのアルバイトも長いと思いますが、長く続けられた理由はなんですか?」

 

「アルバイトにも色々なタスクを任せてもらえる環境なので、やりがいを感じることが多く、長く続けてこれました。去年からは社員とアルバイト全員参加の委員会制度も出来たので、アルバイトでも現場の意見を店長や社長に届けやすく、自分の成長にもつながりましたね。」

「常に前向きな姿勢で尊敬します。では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

 

「地道に頑張ります!!!」

 

 

「イシコらしい意気込みで、安心します。」

 

 

イシコが目標または尊敬する社員に挙げた鈴木さんがどんな人かをチェック!↓↓

【スタッフ紹介とご挨拶】MINI認定中古車の個人販売台数6年連続1位の営業がiRに入社した理由。

 

佐原 健一(さはら けんいち)

■プロフィール紹介■

 

 

Q,部署

 「iR TECH FACTORY / ディティーリング」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「佐原さん/佐原さんだから」

Q,アルバイト入社日

 「2021年12月入社」

Q,入社前の経歴

 「ハウスクリーニング業」

Q,趣味/好きなこと

 「ゲーム(主にRPG)」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「ディティーリング、ボディ磨き」

Q,iRの好きなところ

 「様々なミニに囲まれて仕事が出来ること」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「社員、アルバイトがボーダーレスに意見を発信し、それを尊重し合えること」

Q,目標または尊敬する社員

 「iR TECH FACTORYのみなさん」

 

■インタビューコーナー■

「ハウスクリーニング業からの転職ですが、クルマは好きだったんですか?」

 

 

佐原さん

「実は、クルマは好きで、前職のさらに前は整備士をしていたんです。ただ身体を痛めてしまい、泣く泣く転職をしたんです。その後、身体が良くなってきたので、クルマ業界に戻ってきました。」

 

「そうだったんですね!その中でもiRを受けようとしたきっかけを聞いてもいいですか?あと、なぜアルバイトだったんですか?」

 

 

「社員希望だったのですが、また身体を痛めてしまうのも少し怖かったでの徐々にスタートしたいなと思いましてアルバイトからスタートさせてもらいました。また、ミニが好きなのでiRを見つけたときにここだ!!と思いました。」

 

「社員になってからは、具体的にどんな業務をしてるんですか?」

 

 

「iR TECH FACTORYで新しく、自社でiR COATというコーティングサービスも増えまして、研磨作業とコーティング作業を行ってます。元々プロのコーティング業者だった先輩社員の栗原さんに教わりながら、技術を習得するために日々磨きまくってます。」

 

「整備もコーティングもできるようになったiR TECH FACTORYは、営業側からすると何でもお任せできますし、お客様にとっても安心できるポイントです。では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

「新商品“iR COAT”が始まりました!主に携わる者として、多くのお客様にご満足頂けるよう精進致します。」

 

 

「iR COATについては来週の記事でご紹介いたします!佐原さんがiR COATの肝なので、これからも頑張って下さいね!」

 

 

佐原さんが所属し、目標または尊敬する社員に挙げたiR TECH FACTORYのメカニック紹介ブログはこちら↓↓

縁の下の力持ち!? iR TECH FACTORY メカニック達の素顔に迫る!

 

梅野 愛(うめの まなみ)

■プロフィール紹介■

 

Q,部署

 「営業補佐」

Q,あだ名/呼び名(理由)

 「梅ちゃん」

Q,アルバイト入社日

 「2020年9月入社」

Q,入社前の経歴

 「レストランカフェ」

Q,趣味/好きなこと

 「温泉巡り」

Q,iRの仕事で得意な事/好きな仕事

 「撮影、Wedへの在庫掲載作業」

Q,iRの好きなところ

 「なんでも相談できる風通しの良さ」

Q,アルバイトで働いていたときのiRの印象

 「アルバイトの意見も尊重してくれる会社」

Q,目標または尊敬する社員

 「間瀬さん」

 

■インタビューコーナー■

「前職の飲食店からクルマ屋さんとギャップがありますが、どうしてiRに応募したんですか?」

 

 

梅ちゃん

「飲食店だとついつい食べすぎちゃって、太っちゃうこともあってw 飲食以外で探していたら、WEBのアルバイト求人サイトのオススメにiRが出てきて、MINIも可愛いし、時給も良いし受けてみようってのがきっかけです。」

 

「確かに横浜の都筑区、港北区エリアでは、魅力的な時給ですよね。元々社員になろうと思って入社したんですか?」

 

 

「ホンネで言っちゃいますけど、社員希望ではなかったです。元々、WEB関係の仕事に興味があったので、正直繋ぎのアルバイトのつもりでした。でもiRで働いてて、より一層MINIが好きになったのと、iRの中でもWEBに携われる部署が出来るとお話を頂いて、それなら!と思い決心しました。」

「部署や店舗など、一から立ち上げられる経験が出来るのは貴重ですからね。iRでの将来のビジョンってありますか?」

 

 

「大きなことは言えませんが、まずは教えられる立場になりたいと思います。」

 

 

「素晴らしいですね。梅ちゃんとは入社したときから一緒に働いてるけど、社員希望の素振りもなかったから正直驚きました。では、最後に意気込みをどうぞ。」

 

「より一層責任感を持って色々な知識を身につけて、戦力になれるように頑張ります。」

 

 

「iR横浜の縁の下の力持ち。これからも期待しております!」

 

 

梅ちゃんが目標または尊敬する社員に挙げた間瀬さんがどんな人かをチェック!↓↓

男だらけの職場に心のオアシスが!iR新メンバー発表!!

 

まとめ

今回はアルバイトからiRの社員になった7名のご紹介でしたが、過去にはiRでアルバイトを2〜3年経験しながら自動車業界の「いろは」や、接客業におけるホスピタリティを学び、就職活動に活かし希望の会社に就職した大学生も多数排出してきました。

MINIに対する想いや、入社したキッカケは様々ですが、アルバイトとして働きはじめた皆さんが、社員として本気で働きたいと思ってくれたのは、会社としてとても嬉しいことです。

長く働いていると当たり前になっていましたが、今回のインタビューを通してアルバイトさんがどのようにiRを見て、感じていたのかを聞くことで、私自信もiRの魅力を再認識することができました。

 

まだまだスタッフ募集中!

ミニ中古車専門店として25年目を迎えたiR。

2020年にiR横浜を出店してからは、iR TECH FACTORYの新設、コーティング部門、カーシェアリング&レンタカー事業の新設、買取のトレードチームの拡大など、iRは現在進行形でまだまだ成長中。

これから更に組織が大きくなるので、引き続きスタッフを大募集中です!

この記事を読んで

「iRで働いてみたい」

「クルマ業界にチャレンジしてみたい」

「MINIに関わる仕事がしたい」

など、少しでもご興味が湧いた方は、是非お問い合わせ下さい。

 

アルバイト

 

【仕事内容】
洗車、車内清掃 →専門的な知識は不要!未経験でもOKです。
販売用写真の撮影 →決められた位置や決められたカットを撮影していくので、特別な技術は必要ありません!
回送(運転して移動) →はじめは緊張すると思いますが、運転方法や駐車位置などは先輩スタッフがサポートします!

 

【給与】

時給:1250円
試用期間:1200円(3か月間)

能力や仕事の幅が広がると、50円ずつ時給がUP!
既に最高時給まで達したスタッフも多数いますが、最高時給の引き上げも常時検討中です。

 

【必要資格】

普通免許(AT限定も可)

「SNS運用」「動画制作」「商業広告のバナー制作」などの経験がある方も大歓迎です!

 

アルバイト採用 詳細ページ

 

エントリーフォーム

 

 

セールスアドバイザー(営業職/店長候補も同時募集)

 

【仕事内容

長年ミニを販売してきた実績と信頼、業界トップクラスのラインナップの豊富さ、Web上のイメージ戦略の徹底など、お客様から選ばれるためのブランディングと環境は整っています。

その上で、豊富な商品知識と親しみのある接客でお客様の信頼を獲得し、最後にそっと背中を押すのが、セールスアドバイザーの腕の見せどころです。

ミニのプロフェッショナルとして、ミニならではの魅力や、ミニと共に暮らす喜びはもちろん、見た目だけではわからないネガティブな面もお客様に寄り添い丁寧にご案内することで、ミニではなくミニのある生活(LIFE with MINI)をご提案します。

結果として、お客様の「いつかミニに乗りたい」という想いを叶えられることや、数あるミニの販売店の中から私たちを信頼して「ここで買いたい」と選んでもらえた時は本当に嬉しい瞬間ですし、やりがいにも繋がります。

個人のノルマはありませんが、メンバーが協力し売上目標達成を目指すチーム制を採用しています。直近の実績としてはチーム全体で月販100台も達成しました。誰か1人が頑張っただけではチームの目標達成は難しいので、サポートし合い、チームが一丸となって数値に向き合い、努力し、高め合えるようなチームワークが要求されます。

 

【研修制度】

研修期間は3ヶ月ほどが目安です。

まずは商品知識を習得することからスタートし、先輩社員たちとのロールプレイングを繰り返し、商談の流れやコツを習得します。

最後に代表とのロールプレイングで「ミニのプロフェッショナルとして最適な提案をし、公平で誠実な商談ができているか」をチェックして、OKが出れば営業デビューです。

営業デビュー後は、先輩社員のフォローのもと、少しずつ実際にお客様の対応をしながらスキルを磨きます。

教育担当がつきますが、その人だけではなくチーム全体で教える仕組みを採用。

色々な人の良い所やノウハウを吸収することが成長につながります。

 

【給与】

月給:225,830円〜

賞与:年2回

昇給:年1回
※経験・能⼒など考慮の上、決定いたします。経験者優遇。
※固定残業代 40,830円〜 / 30時間相当を含む
※超過した時間外労働の残業代は別途支給
※チームインセンティブを支給
※試用期間6ヶ月有

 

【募集概要】

■必須スキル

◎BtoC営業の経験もしくは、接客経験(経験年数・業界不問)
◎普通自動車免許(AT限定不可)

■歓迎スキル

◎輸入車販売経験

◎自動車査定・買取経験

◎メカニックの実務経験
◎買取、オートオークション関係の経験
◎自動車会社でのセールスアシスタントや事務の経験
◎レンタカー業界経験

■こんな方を待っています
◎お客様のことを常に優先して考え、すべての方に寄り添う接客ができる方
◎ホスピタリティを持って取り組める方
◎成長のための努力ができる方

※自動車業界未経験でもOK!正社員の半分は業界未経験からスタートしています。

 

セールスアドバイザー採用 詳細ページ

 

 

 

トレーディングスタッフ(買取・査定)

 

【仕事内容

国内最大級のミニ専門店であるiRでは業界トップクラスの在庫数とクオリティをさらに高めるため「ミニ専門買取」で全国展開を視野に買取部門の採用強化中!(特に九州エリア、東北エリアにお住まいのかたは大歓迎です)

 

iRでのお仕事は、ミニ専門の中古車買取りです。

一般の中古車買取専門店などとは違い、会社の利益だけを考えた安すぎる買取は社内で禁止されています。

これはすべてのお客様に対して公平さを保つ為、適正価格で買取をしなければならない当社独自のルールです。

大手中古車買取店で、高すぎるノルマ、お客様に不利益が生じるような買取商談や社内コミュニケーションに疲弊してしまった方・・・

iRではお客様と明瞭かつ公平なお取引をするので、主体性を持ち、やりがいのある環境で頑張ることができます!

その結果、お客様からは

「他社さんと同額か少し金額が低いくらいなら、iRさんにお願いしたい」

「iRさんならうちのミニを大切に扱ってくれそうだから」

「iRさんでこのミニを、次のミニ好きの方に販売して欲しいから」

といったお声を多くいただいており、金額ではない部分でも評価を頂いております。

 

査定アポイント対応例

営業補佐のスタッフが獲得した査定アポイントが、予めスケジュールとして共有されます。

アポイントの時間にお客様ご指定の場所に訪問(または来店対応)。
アポイント件数は、1人あたり繁忙期で5件ほどです。
 ▼
【買取査定】
年式や走行距離、傷や凹みなど車の状態や、MINIならではのオプション品や整備記録簿なども合わせて確認します。
 ▼
【報告】
チェックした査定内容を上司や先輩に報告し、買取り金額を算出してもらいます。
 ▼
【ご成約】
買取額が出たらお客様にご案内し、ご納得いただければ商談が成立です!

 

【研修制度】

未経験の場合、研修期間は3ヶ月ほどが目安です。

研修期間には、外部の査定講習に参加し、基礎となる車両の骨格や外板の仕組みなどについての座学、また実際の車両を用いた査定の実践練習を行います。

2日間の研修の後、試験が実施されますので、一定のスキルとライセンスを持って講習を卒業できます。

その後、各店舗にて商品化前の在庫車両のチェックをし、多くの車両を査定する中でミニに特化した知識と経験を養います。

最初は1台ごとに上司や先輩社員からの答え合わせのフィードバックもありますので、わかりやすく確実に成長することができます。

また査定技術とは別に、先輩社員と行う商談のロールプレイングや、来店査定の同席や見学で商談の流れやコツを習得します。

最終的にロールプレイングのテストで「ミニ専門の査定士としてお客様の本心を汲み取り、公平で誠実な買取商談ができているか」をチェックし、合格すればデビューです。

もちろん、買取査定経験者の方でスキルを活かして裁量を大きく持ちたいという方も大歓迎です!
即戦力としてキャリアアップできる環境もございますので、あなたのスキルを存分に活かしてみませんか?

 

【給与】

月給:225,830円〜

賞与:年2回

昇給:年1回
※経験・能⼒など考慮の上、決定いたします。経験者優遇。
※固定残業代 40,830円〜 / 30時間相当を含む
※超過した時間外労働の残業代は別途支給
※チームインセンティブを支給
※試用期間6ヶ月有

 

【募集概要】

■必須スキル
◎普通自動車免許(AT限定不可)
◎車両査定・買取経験

■歓迎スキル
◎中古自動車査定士資格をお持ちの方
◎自動車販売経験
◎オークション業務経験
◎接客、BtoC営業経験

■こんな方を待っています
◎お客様のことを常に優先して考え、すべての方に寄り添う接客ができる方
◎ホスピタリティを持って取り組める方
◎成長のための努力ができる方

 

トレーディングスタッフ採用 詳細ページ

 

 

 

メカニック(整備士)

 

【仕事内容

横浜市都筑区にオープンしたばかりのBMWミニ専門の認証工場で、メカニック業務をおまかせします。
お任せしたいミッションは「ニーズを的確に汲み取り、適切な整備を提供すること」です。
点検整備や車検、ドレスアップ、チューニングなど、お客様が「オンリーワンなミニ」で充実したミニライフをエンジョイできるよう、お客様の気持ちに寄り添った整備、ご提案をお願いします。

 

オープンして間もないことから、運営方法に関してはトライ・アンド・エラーの繰り返しかもしれません。
しかし出来上がった組織で歯車として働かされるのではなく、仲間とともに自分の力で事業を立ち上げていく経験は何にでも代えがたい経験となり、やりがいにも繋がるはずです。

将来的にはエンドユーザーに向けたドレスアップやチューニングのプロモーションも含め、私達といっしょに事業をスケールさせていきましょう!

 

経験者はもちろん、未経験でもやる気のある方は大歓迎!
“お客様のクルマに対する気持ちに寄り添う” そんな整備をしませんか?

 

【給与】

■経験者(即戦力)給与
月給 380,850円〜

賞与:年2回

昇給:年1回

※固定残業代 68,850円〜 / 30時間相当を含む

 

■未経験者給与
月給 231,940円〜

賞与:年2回

昇給:年1回

※固定残業代 41,940円〜 / 30時間相当を含む

※超過した時間外労働の残業代は別途支給いたします。
※経験・能力などを考慮の上、選考を通じて上下いたします。

 

【募集概要】

■必須

◎自動車整備経験
◎自動車整備士3級以上 ※ 応相談
◎普通自動車運転免許(AT限定不可)
◎ご自身の工具を持っている方

■歓迎スキル・こんな方をお待ちしています
◎輸入車整備経験
◎ミニの整備士経験

◎コーディングカスタムの経験

◎カーコーティング、ディテーリングの経験

◎コミュニケーションスキルが高く、お客様の立場になって考えられる方
◎迅速なアクションが起こせる方

ディーラーメカニック(特にBMWミニ整備)経験者優遇!

※学歴不問

 

 

選考フロー/お問合せ

【選考フロー】

▼書類選考
▼1次面接(オンライン)

▼2次面接
▼最終面接
▼内定

※職種により、選考フローが異なる場合がございます。

 

ご質問やご相談も受け付けておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

【お問合せ】

株式会社インフィックス

〒158-0084 東京都世田谷区東玉川2-39-6  
コーポレートオフィス採用担当 中島

recruit@ir-japan.net 

電話番号:03-5754-8811(平日10:00〜19:00)

※郵送でご応募いただく場合は、上記まで履歴書及び職務経歴書を送付ください。

※送付いただきました書類は返却いたしかねますので、予めご了承ください。


MINI BLOG

2023.06.17公開 / 2023.08.19更新

【スタッフ紹介とご挨拶】通算1600台のMINIを販売した営業マンがiRに入社した理由。

 

ミニ専門店iR(イール)のブログをご覧の皆さま、はじめまして。

また、既にiRの店頭もしくは前職でお会いした事があり、このブログをご覧いただいた皆さま、改めて宜しくお願い致します。

 

この度、ご縁がありiRの一員としてお世話になっております『鈴木 裕策(スズキ ユウサク)』と申します。

今回はこの場をお借りして私の自己紹介をさせて頂きますので、どうぞお付き合いください。

 

 

私のルーツ

私の父親はイギリス系のアメリカ人で、仕事で日本に来た際に美容師をしていた母と出会い、2人が結婚し私が生まれました。

裕策の名前についてですが、今の若い方にはわからないかもしれませんが、母がファンだったので石原裕次郎からの字を付けたそうです。

学生の頃から、イギリスのアンティークやヴィンテージの家具や食器が好きで、最初に欲しくなったのもイギリス車(ジャガーMkⅡ)でした。

そういうのって遺伝子に刻み込まれているんですかね。

MINIを扱う仕事についたのも必然だったのでしょう。(と思う事にしています)

 

また、父方の祖先はイギリスからのアメリカへの移民なのですが、どこかの代でアメリカンインディアンの娘と恋に落ち、駆け落ちして結婚したそう。(すごい)

ということで私にはアメリカンインディアンの血も入っているそう。

そういえばネイティブ柄とかも好き・・・これもやはり遺伝子なのか?

父と愛くるしい頃の私。

 

職歴について

料理だけでなく高級車も運ぶウェイター!?

社会人として初めて働いたのは会員制の一軒家レストランで、フランス料理のウェイターをやっていました。

当時のお客様には芸能人や会社役員、政治家の方々が多く、色々な車に乗ってきていました。

その車を入り口でお預かりし、駐車場まで移動させるという仕事も私の役割だったのですが、その時クラシックなものから最新モデルまで、またラグジュアリーなものからスポーティなものまで、ほぼ世界中の殆どのメーカーの車に乗ったのではないかと思います。

この時の経験が、私の車好き&外車好きを加速させたのは言うまでもありません。

一軒家レストランを退職後、ホテルのBarやレストランで働きながらも「いつかは車の営業をやりたいなぁ」とずっと思っていました。

 

生命保険業界で訪れた転機

飲食業界を離れたのち、知人に誘われて生命保険の営業になりました。

営業職ははじめての経験でしたが、この時に学んだ事は非常にレベルが高く、保険の知識だけでなく営業に関する作法や知識など、迷った時に立ち返ることができる私の重要な糧となっています。

このとき私を育ててくれた上司や先輩には、メルセデスベンツボルボや他のブランドで全国トップクラスだった元営業が何人もいて、保険商品と営業についての知識意外に、自動車業界のお話もたくさん聞くことができました。

ある日そんな先輩の1人から「そんなに車の営業をやりたいなら紹介するよ?」と言われ、その話に飛びつき生命保険の営業を辞め自動車販売の世界に飛び込みました。

普通、車の営業→保険の営業というパターンは保険業界に非常に多いのですが、私の場合はその逆ですね。

 

MINIの販売をスタート

念願の自動車販売会社へ就職。

当初はアウディへ配属されましたが、その後、元々の希望だったMINIへ異動。

任命されたのは認定中古車の営業担当でした。

ここからついにMINIの営業人生のスタートです。

念願のやりたい仕事に就けて、売りたい車を売れる事になったので、今までの自分の経験を全部ぶつけて頑張りました。

我武者羅かつ楽しみながら仕事ができたことが功を奏したのか、販売台数では常に日本1位をキープする事ができる様になりました。

 

趣味の日本刀に通ずる営業の心得

ここで私の趣味についてお話しします。

趣味は色々あるのですが、おそらく死ぬまで続けるのは日本刀関係

日本刀は「折れず・曲がらず・良く切れる」が信条です。

これは大事な事の順になっていて、折れたら戦えない・曲がったら使えない・切れ味が悪いと切れない

これを販売営業に置き換えると、心が折れたら販売できない・気持ちが曲がったら諦める・切れ味が良くないと良い提案ができない、といった感じでしょうか。

自分の信条としてこれを常に心に持って仕事に臨んでいます。

 

私が初めて買った日本刀は自分の生まれた市内で自分が生まれた年に打たれた刀でした。

私が購入した時にはもうお亡くなりになっておられましたが、少なくとも戦後に地元で刀を打っていた刀匠は1人しかおらず、しかも自分の生まれた年に打たれたものというと、この機会を逃すともう出会えないのでは?と思ったことと、ちょうど何か一振り購入しようと決めていた時期でしたので、もうこれは出会いだと思い購入しました。

 

あとは幕末の名工固山宗次短刀を持っているのでちょっと自慢させて下さい。

短刀といってもこちらは両刃のと言われる形状になっており、固山宗次の剣は他に見た事がないのでかなり貴重だと思われます。

これは1848年(175年前)に江ノ島の弁財天に奉納されたという短刀(剣)で、地金が綺麗で見た瞬間に惹かれたのと、江ノ島は子供のころ祖父によく連れて行ってもらっていた思い出の場所なので、こちらも縁を感じて手に入れました。

 

日本刀は二度と同じものには出会えないということに加え、それぞれの背景に物語があるところに惹かれています。

中古車も同じで、大事なのはタイミングです。

ピン!と来た車があったら、タイミングを逃さぬよう是非前向きに検討してください。

相模國住靖要作 昭和四十八年十二月吉日

私の生まれた茅ヶ崎市内に鍛刀場を構えておられた刀匠で、私の生まれ年に打たれた太刀

 

奉納 固山備前介宗次 嘉永元年八月日 江ノ島本宮大弁財天

1848年に江ノ島弁財天へ奉納された剣(短刀)

 

MINIから生まれたネコ!?

iRには猫好きや猫を飼っているスタッフが多いのですが、私も例外なく猫好きです。(犬も好きですが猫派)

現在も家に3匹の猫がいますが、そのうちの1匹は当時の職場だったMINI認定中古車のショールームに展示してあったMINIのボンネットの中に入って鳴いていたのを見つけ、メカニックに引っ張り出してもらったのを家に連れて来た子です。

(ボンネットの猫バンバンは必要なんだ!と改めて認識しました)

しかし私にはイマイチ懐かず、娘にベッタリです。

オスだから仕方がないかもしれんが、もう少し私に対して感謝というものを出しても良いと思うのだがね・・・

我が家の猫大師&子猫の虎千代。

ミニクロスオーバー(R60)のボンネットから出て来ました、

 

我が家に来た頃はまだ生後1ヶ月程度。

 

おっさん猫2人と比べてもこの小ささ。

 

先住のおっさん猫2人にメチャクチャ可愛がられながら育てられ、今では3匹の中で1番でっかくなりました。

 

世田谷ボロ市で見つけた肉球にしか見えないサボテン。

猫好きはこういうのに弱いんです。

 

ベストの背中には猫柄の裏地、いいでしょ?

同じ柄で色違いの裏地を付けたジャッケットもあります。

 

iRとの出会い

本物に囲まれた空間

正規ディーラーで販売台数1位として表彰されることも嬉しいことではりますが、自分の中でもう一段階ステップアップをしたいと考える様になり、以前から気になっていた(MINI業界では有名な)iRにお話を聞いてみたいと思うようになりました。

 

iRにアポを取り、初めて世田谷ショールームへ伺った際に驚いたのが、家具や什器に「本物」を使っているという点。

イギリスアンティーク・ヴィンテージ好きにはたまらない空間です。

特にお客様スペースで使っている椅子を見て、入社の条件や細かい話を聞く前に、自分の中の気持ちがここで働きたいな。から、ここで働くだろうな。という確信に変わっていました。

なぜかって、商談スペースの椅子と自宅のダイニングチェアが同じものだったので。

世田谷ショールームの商談スペースの椅子はアーコールというイギリスのヴィンテージチェアが使われており、ゴールドスミスチェアクロスバックチェアという2種類が置いてあるのですが、そのうちのゴールドスミスチェアがまさに自宅を建てた際にダイニング用にと色々探して一番気に入って手に入れたものと同じでした。

iR世田谷のアーコール・ゴールドスミスチェア

後ろにはクラシックMINI(イギリス生まれ)

 

我が家のアーコール・ゴールドスミスチェア

後ろには掃除機のヘンリー君(イギリス生まれ)

 

運命的というか、出会いってあるんだよなぁ。と思いつつ、はじめて伺った時からiRでお世話になる事を半ば決めていました。

だって、自分の好きな商材を扱っていて、更に自分と近い感性でセレクトされたインテリアに囲まれた空間で仕事ができるって、それだけで素敵じゃないですか?

 

MINIの魅力

MINIのラインナップは、他メーカーから見るとボディサイズがかなり小さめになります。

小さなサイズの車は国産・輸入車問わず大きなサイズの車も作っているメーカーからすると、それなりの廉価版だったり、デザインや素材面でも一段階落ちる印象があるのですが、MINIはもともと3ドアのみから始まったメーカーですので、このサイズの車を本気で作っています

 

(画像参照:https://www.press.bmwgroup.com/japan/

 

大きな車(クラウンやメルセデスEクラス等)にはいくらでも良い車はありますが、小さなサイズの車でしっかりしている車って案外無いものです。

MINIは、このサイズでもコストもしっかり掛けていて、車体の強度やデザイン面を含めた出来は、同サイズ内では最上級だと思います。

 

ROVERミ二が佇むショールーム

iRでは別名クラシックMINIとも呼ばれるローバーMINIも扱っております。

日本は世界でもクラシックMINI好きの国として知られており、専門店やパーツの作製を行う工房も多く、愛情とお金があればクラシックMINIを維持しやすい環境となっていますが、実物をじっくり見る機会は案外無いかも知れません。

BMWミニを検討されているお客様も世田谷ショールームでは気軽にROVERミニを見ることができ、ミニの歴史について知ることができます。

 

 

クラシックMINIは1959年から2000年まで生産されており(最終販売は2001年)、BMW MINIの発売開始と全く間が開いていません。

生産期間が長かっただけあって、限定モデルや派生車も異様に多く(私はライレーエルフが好き)、MINI好き同士、もしくはMINIに興味のある方がMIN好きの方に話しを聞いたりする場合、いくらでもネタが出てくると思います。

やはりMINIを扱う者として、店として、「現行のMINIは知っているけど、昔のMINIはちゃんと見た事もないしよく知らない」というよりは、「クラシックMINIを知った上で、現行のMINIを扱っている」という方が、ミニ専門店のスタッフとして正しい姿だし、説得力がありますよね。

 

本物に囲まれた空間と、ROVERミニがあるショールーム。

私がiRで働きたいと考えるには十分すぎるくらい大きな動機でした。

 

乗り物は全て赤

今まで10台程の自動車を所有してきましたが、現在の相棒は2003年式の初代BMWミニクーパー(R50)です。

ボディカラーはチリレッド

赤が好きなんですよ。

そこは小さな頃からブレる事なく一貫しています。

もう1台の車も、マウンテンバイクも、所有している乗り物は全て赤だったりします。

このミニクーパー(R50)は、iRで新しいミニをご購入頂いたお客様が大事に乗られていたミニで、乗り換えとしてiRで下取りしたミニでした。

ただ、現在のiRの在庫ラインナップ基準から少し外れていたため、中古車オークションに出品する予定でしたが、前オーナー様にもお伝えした上で私が譲り受けることになりました。

前オーナー様が愛情を注いでキチンと整備をなさっていた事もあり、今年の9月で20歳を迎えますがまだまだ元気!

来年は、免許を取る娘に譲る予定なのでそれまでは私が楽しんで乗りたいと思います。

次はどんなご縁でどんな車に乗るのか、自分でも楽しみです。

 

2003年式MINIクーパー(R50)

チリレッド×ブラックルーフ、BMW&MINIの塗装はやはり強いですね。

20年選手の赤でも色褪せしない!

 

赤・赤・赤!

キャノンデールがまだmaid in USAだった頃のスーパーVシリーズ3兄弟。

左から1995年モデル・1997年モデル・2000年モデルです。

25年前後の時を経ても色褪せないデザインはさすが。

MINIのデザインもそうですが、年数を重ねても古臭くならないものって良いですよ。

 

最後に

どこのお店よりもMINIの扱い台数が多く、しかも働いていて楽しい、本当にやり甲斐のあるショップがiRだと感じています。

今まで個人で1600台程のMINIの販売に携わってきた経験と知識を基に、皆さまのお役に立てるように頑張って参ります。

自動車保険やオプションに関しても、的確なアドバイスや提案ができると思います。

iRというブランド共々、どうぞ宜しくお願い致します。

 


MINI BLOG

2023.05.12公開 / 2023.06.10更新

MINIの駐車場問題はこれで解決。カタログに載っていない細かすぎる寸法を独自公開!

 

みなさんは、自分の車の大きさを把握していますか?

車体サイズは、全長・全幅・全高が車検証に記載されており、もう少し詳しい情報でホイールベースなどがカタログに記載されていたりします。

しかし、実生活に必要なサイズは?というと、なかなか調べることが難しかったりします。

例えば、車検証やカタログに記載されている全幅は、ミラーを含んでいるのか。

聞かれると、「うーん・・・。」となる事ってありますよね!

そんなBMWミニ(F系)の細かいサイズを解体新書として作成するべく、私が重い腰を持ち上げました!

 

iRが店舗を構えています世田谷や横浜は、いろいろな事情で車庫の大きさに悩まれているお客様がご来店されます。

家の車庫に入るのか・・・。

家の前の道路が狭いからすれ違いできるのか・・・。

 

マンションにお住まいの方は、立体駐車場のパレット形状にホイールを擦ってしまうかもしれない・・・。

戸建にお住まいの方は、「自転車を置いている」「奥に物置がある」など、車庫を有効活用していてミニが停められるか分からない。

そんな時に色々調べると、「オーバーハング」「F値・R値」という名称に辿り着くことがありますが、本当に知りたい寸法は他にあったりします。

そんな車庫の大きさに悩まれている方々へ、独自に計測したミニの細かすぎる寸法を特別に大公開しますので最後まで読んで下さい!!

 

 

一般的に知られているボディサイズは

先述した通り、車検証には全長・全幅・全高が記載されており、カタログなどには、ホイールベースまで記載されていますが、車庫問題でサイズを気にされている方は、知りたいのはそこじゃないんだよ!と感じているでしょう。

まずは、基本的なボディサイズから見てみましょう。

 

   全長    全幅    全高    ホイールベース  
3ドアハッチバック(F56)3835
(3860)
『3875』
1725

1430

 

2495

5ドアハッチバック(F55)

4000

(4015)

172514452565

 

コンバーチブル(F57)

3835

(3860)

『3875』

 

1725

 

1415

 

2495

クラブマン(F54)

4270

1800

1470

2670
クロスオーバー(F60)4315  182015952670

 

()内はクーパーS・SD

『』内はジョンクーパーワークス

()『』が無いサイズは全グレード同じサイズ

単位はmm

 

細かすぎるボディサイズはこちら!

表にしてみると一目瞭然ですが、全長以外は変わらないです。

全長は、グレードによりバンパー形状が異なるため最大40mmの開きがあります。

ここからは、カタログに記載されていない細かすぎるボディサイズを調べたので、該当する部分を参考にしてください。

ちなみに、先ほど出ましたオーバーハングですが、フロントオーバーハングは写真で「B」の部分に該当し、リアオーバーハングは「F」に該当します。

F値は「B+D」で、R値は「F」となります。

 

3ドアハッチバック(F56)のボディサイズ

まずは、MINIといえばコレ!

MINIの人気を支えていると言っても過言ではない、3ドアハッチバック!

MINIの走りを表現した「ゴーカートフィーリング」を楽しむなら1番最適なMINIです。

 

*Aは、フロントバンパー最前部からフロントタイヤ最前部まで

*Gは、リアバンパー最後部からリアタイヤ最後部まで

 

*Hは、リアバンパー最後部からテールゲートオープン時の最後部まで

 

*Iは、フロントバンパー最前部からクローズ時の運転席ドアエッジまで

 

*Jは、ミラーを閉じている状態

 

*Kは、ミラーを開いている状態

 

 

 

*Mは、運転席ドアを全開に開いている状態

 

*タイヤ地面接地部分で測定

単位:mm

ABCDEFG
 442  750  308 2495 308  590  282 

単位:mm

HIJKLMN
 300 249518851975 45 10701710

 

今回測定した3ドアハッチバックは

・2017年式

・F56クーパー

・タイヤサイズ205/45R17 (タイヤ外径616mmで算出)

・単位はmm

 

【3ドア(F56)のストック一覧】

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

 

5ドアハッチバック(F55)のボディサイズ

第三世代から登場した5ドアハッチバックは、MINIの雰囲気をそのままに、3ドアより全長を約16cm伸ばして後席用のドアが追加され、乗り降りが楽になりました。

最近は5ドアを選ぶファミリー層が増え、iRでの2021年・2022年の3ドアと5ドアの成約数を比べると5ドアハッチバックの方が多くご成約いただいております。

 

*Aは、フロントバンパー最前部からフロントタイヤ最前部まで

*Gは、リアバンパー最後部からリアタイヤ最後部まで

 

*Hは、リアバンパー最後部からテールゲートオープン時の最後部まで

 

*Iは、フロントバンパー最前部からクローズ時の運転席ドアエッジまで

 

*Jは、ミラーを閉じている状態

 

*Kは、ミラーを開いている状態

 

 

 

*Mは、運転席ドアを全開に開いている状態

 

*Nは、後席ドアを全開に開いている状態

 

*タイヤ地面接地部分で測定

単位:mm

ABCDEFG
 493  803  310 2565 310  647  337 

単位:mm

HIJKLMNO
 270238018091919 55 8206451710

 

今回測定した5ドアハッチバックは

・2015年式

・F55クーパーS

・タイヤサイズ195/55R16 (タイヤ外径620mmで算出)

・単位はmm

 

【5ドア(F55)のストック一覧】

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。

 

 

コンバーチブル(F57)のボディサイズ

憧れのオープンカー!

春や夏に売れているイメージが強いコンバーチブルは、実は1年を通してコンスタントにご成約いただいています。

オープンクローズは電動で、時速30km/h以下であれば走行中でも最大18秒で開閉完了でき、停車中であればキーレスからもリモコン操作可能です。

スライディングルーフ機能は幌の前方部分を40cm開けることができ、フロントシートの頭上が完全にオープンになるため、幌をフルオープンにしなくても十分な開放感を味わえます!

 

*Aは、フロントバンパー最前部からフロントタイヤ最前部まで

*Gは、リアバンパー最後部からリアタイヤ最後部まで

 

*Hは、リアバンパー最後部からテールゲートオープン時の最後部まで

 

*Iは、フロントバンパー最前部からクローズ時の運転席ドアエッジまで

 

*Jは、ミラーを閉じている状態

 

*Kは、ミラーを開いている状態

 

 

 

*運転席ドアを全開に開いている状態

 

*幌オープン/クローズ時の最高到達地点

 

*タイヤ地面接地部分で測定

単位:mm

ABCDEFG
 455  765  310 2495 310  600  290 

単位:mm

HIJKLMNO
 300256018351965 65 106017501690

 

今回測定したコンバーチブルは

・2021年式

・F57クーパーS

・タイヤサイズ205/40R18 (タイヤ外径620mmで算出)

・単位はmm

 

【コンバーチブル(F57)のストック一覧】