MINI BLOGMINI ブログ

MINI BLOG

2019.07.28

ズバリお得なミニはコレ!新車で買ったミニは高く売れるの?気になるMINIのリセールバリューランキングを大公開! 〜ハッチバック&コンバーチブル編〜

 

大金を払って購入した新車も、ナンバープレートが付いた時点で中古車になります。

そして何年後かに査定を出した時、「え?こんなに安いの?!」なんて、びっくりすることも少なくありません。

 

でも、何年か経っても査定時の値落ち率が低い車種もあり、そのような車種をリセールバリューが高いクルマと呼びます。

値落ち率は修復歴の有無などの車輌状態によって変動はしますが、どのような車種が該当をするのかを知っておけば、短いスパンで負担が少なくクルマを乗り換えることだって可能になります。

 

そこで今回は、新車購入後初めての車検となる、「3年落ち」「走行距離目安1万km〜3万km以内」の時点で、値落ち率が低いと思われる、BMWミニとそのライバル輸入車をランキング形式で大公開したいと思います。

 

なお、このランキングは中古車の業者オートオークションにおける流通データをもとに、3年後の値下がり率を独自予測した結果です。

モデルチェンジなどの要素で日々相場は変化するため、必ずしもこの通りになるわけではありませんのでご注意ください。

 

第1弾はハッチバックとコンバーチブル編です!!

 

第2弾のクラブマン&クロスオーバー編はこちら

 

買取フォームをご利用の方はこちら

 

 

 

そもそのリセールバリューとは?

リセールバリューとは・・・新車で購入した車が3年後にどの位の価値が残っているかを指標化したもので、リセール(再び売る)時の価値(バリュー)を残価率で示しています。

 

出典:IDOM(旧・ガリバーインターナショナル) 

URL:https://221616.com/resale/

 

クルマの場合、買ったものを売る時の価値という意味ですが、中古車業界最大手のガリバー様の定義で「3年後の価値」と決まっているようです。

ちなみに「リセールバリュー」という言葉はガリバー様が商標登録されているみたいです。

ガリバーさんおそるべし・・・

 

 

リセールバリューランキング

ちなみに今回当社で算出したロジック(基準)は下記の通りです。

 

・3年経過、1万km〜3万km時の最初の車検タイミング

・装備やカラーなどでも差が生まれるため、全てを含めたオートオークションの市場平均値で判定

・直近6ヶ月のデーターでなおかつ、事故歴・修復歴なし

※2019年7月28日現在のデータです。

※客観的なデータ抽出を行ってますが、母数が少ない車輌の場合、データに誤差が出てしまう場合がありますので参考値としてご利用ください。

 

「オートオークション 会場数」の画像検索結果

 

日本全国のオークションデータを1件づつ調査し、ライバルメーカーの選定を含めミニの専門店ならではの視点による独自ランキングです!

それでは苦労の結晶をどうぞ〜!

 

 

第3世代BMWミニ3ドア(F56)&ミニ5ドア(F55)

ミニ3ドア F56 2017年

 

【リセールバリューランキング】

ランキングメーカー車名型式グレード新車価格平均買取残価率
1位BMW

ミニ5ドア

XT15クーパーD318万200万63%
2位BMW

ミニ5ドア

XT20クーパーSD382万235万62%
3位BMW

ミニ5ドア

XS15クーパー298万181万61%
3位BMW

ミニ3ドア

XMJCWJCW415万253万61%
5位BMW

ミニ3ドア

「ミニ 3ドア ワン」の画像検索結果

XM12ワン226万134万59%
6位BMW

ミニ3ドア

XN15クーパーD300万175万58%
6位BMW

ミニ5ドア

XS12ワン255万136万54%
8位BMW[

ミニ3ドア

XM15クーパー280万144万51%
8位BMW

ミニ3ドア

 

XM20クーパーS339万173万51%
8位BMW

ミニ5ドア

XS20クーパーS362万183万51%

 

F系BMWミニの3ドアと5ドアの全グレードの残価率を調査してみました。

残価率が約10%以内と大変僅差の結果ではありましたが、見事1位に輝いたのは“ミニ5ドアのクーパーD”でした!

2位は1位と同じく5ドアのスポーツディーゼル車”クーパーSD”

3位は同じく5ドアのガソリンモデル”クーパー”になります。

これは近年のクリーンディーゼルブームと、ミニモデルの中でも一番コンパクトで、なおかつ、5ドアで使い勝手が良いところが相場にも影響しているのだと思います。

 

3位だったのがミニの最上級グレード”ミニ3ドアJCW(ジョンクーパーワークス)”です。このランキングを調査する以前は、個人的にJCWが1位だろうと予想していました。クリーンディーゼル強し!

 

そして、一番予想外の結果だったのが、ミニのエントリーグレードである”ワン”が、スポーツグレードの”クーパーS”を抑え5位と6位にランクインしているところです!

これはワンの新車価格が非常にリーズナブルなところと、クーパーSの新車発売時の人気がとても高く、ワンと比較して中古車流通量が多い部分に要因がありそうですね。

ミニ3ドアor5ドアを中古で購入するなら「クーパーS」がお買い得です!

 

それにしてもミニは本当にグレードの数が多い! 法則がわかれば覚えるのも簡単なんですが・・・。「よくわからない!」って方はiRまでお問合せください(笑)

わかりやすくご案内いたします。

 

【参考】ミニ3ドアと5ドアのライバル輸入車は・・・

ランキング

※参考

メーカー車名型式グレード新車価格平均買取残価率
1位アウディ

A1スポーツバック

アウディ A1 スポーツバック 2017年

8XCHZ1.0TFSI269万160万59%
2位フィアット

500

「フィアット500」の画像検索結果

31209ツインエアポップ229万121万53%
3位VW

ポロ

フォルクスワーゲン ポロ 2018年

6RCJZTSIコンフォートライン227万105万46%
4位BMW

1シリーズ

BMW 1シリーズ 2017年

1R15118i298万127万43%
5位フォルクスワーゲン

ゴルフ

フォルクスワーゲン ゴルフ 2017年

AUCJZTSIコンフォートライン281万118万42%
5位アルファロメオ

ミト

アルファロメオ ミト 2017年

955142コンペティツィオーネ330万138万42%
8位プジョー

208

プジョー 208 2017年

A9HN01スタイル217万84万39%
8位シトロエン

C3

シトロエン C3 2017年

A5HM01セダクション レザー215万82万39%

 

各車、代表グレードで平均買取相場を算出していますので、ランキングは参考程度にご覧になってください。

ミニと同じドイツメーカーの”アウディA1”と、ミニと競合することが一番多いイタリア車の”フィアット500”の残価率がとても高いのが印象的ですね。

昔から中古業界では誰もが知っていることですが、やはりフランス、イタリア車は全般的に値落ち率は大きいようです。

 

 

第3世代ミニコンバーチブル(F57)

ミニコンバーチブル F57 2017年

 

【リセールバリューランキング】

ランキングメーカー車名型式グレード新車価格平均買取残価率
1位BMW

ミニコンバーチブル

「ミニコンバーチブル JCW」の画像検索結果

WHJCWJCW483万302万62%
2位BMW

ミニコンバーチブル

WG20クーパーS397万241万61%
3位BMW

ミニコンバーチブル

WG15クーパー342万178万52%

 

ミニコンバーチブルの1位は、最上級グレードの”JCW(ジョンクーパーワークス)”でした! 大方の予想通り(?)の結果ですね。

 

ミニコンバーチブルはグレード数が少ないですが、もしMTモデルの設定があれば、ATモデルよりも残価率は高くなるような気がします。海外モデルではMTが設定されていますが、日本ではATのみの設定となっています。

ちなみに海外モデルは”ワン”と”ディーゼル”もあります。

メーカー様!せめてMTモデルの導入だけでもしてください!(心の声)

 

【参考】ミニコンバーチブルのライバル輸入車は・・・

ランキング

※参考

メーカー車名型式グレード新車価格平均買取残価率
1位アバルト

124スパイダー

アバルト 124スパイダー 2017年

NF2EKベース400万265万66%
2位フィアット

500C

フィアット 500C 2017年

31209ツインエアラウンジ280万182万65%
3位BMW

Z4

「Z4」の画像検索結果

LL20sDrive20i Mスポーツ596万313万52%
4位BMW

2シリーズ

「2シリーズ カブリオレ」の画像検索結果

1J20220iカブリオレ Mスポーツ576万281万49%

 

こちらもランキングは参考程度に見てください。1位の”アバルト124スパイダー”と、2位の”フィアット500C”は、残価率がなんと60%オーバーという結果でした!

国産車にも言えることですが、コンバーチブルのリセールバリューは以前からとても高く、中々値落ちしにくい傾向があります。

 

コンバーチブルは、そもそも発売されている車種が少ないので比較しずらいのですが、Z4、アバルト共に2シーターオープンになります。

4人乗りのコンパクトオープンカー自体が世の中にほとんど存在しないので、ミニコンバーチブルはその意味ではとても希少なモデルと言えますね。

彼女と2人でのドライブもいいですが、気の知れた仲間4人で乗るオープンドライブはめちゃめちゃ盛り上がりますよ!笑。

 

 

~ハッチバック&コンバーチブル編~ リセールバリューまとめ

いかがでしたでしょうか? 今回はミニハッチバック&コンバーチブルと、そのライバル輸入車をランキング形式で発表させていただきました。

ミニはリセールバリューが高いということは知ってはいたのですが、全グレードを比較してみると、さらにミニの中でもどのグレードのリセールバリューが高いのかが細かいところまでわかりました。

 

BMWミニの購入を検討されている方は今回のブログを参考にして、新車で買った方がお得なグレード、中古で買った方がお得なグレード、なんかを考えながら、リセールバリューという視点でミニ選びをしてみるも良いかもしれませんね。

 

「自分の条件に合うミニで、かつリセールバリューが高いミニが知りたい」そんな時には、ミニの中古車の買取と販売の両方をしているミニ専門店iR(イール)にお問い合わせください。ミニのことなら誰よりも情報を持っています!

 

BMWミニの在庫車一覧はこちら

 

 

「買うか分からないのに、お店に行くのはちょっと・・」というお客様には、お電話やWEBからのお問い合わせもご用意しています。

リセールバリューが高いお得なミニ、5年後に手放すとしたら買うべきではないミニなど、プロだからこそ分かる情報をご案内いたします。

 

それでは次回、「新車で買ったミニは高く売れるの?気になるMINIのリセールバリューランキングを大公開!~後編 クラブマン&クロスオーバー編~」でお会いしましょう!

 


MINI BLOG

2019.07.20

【これだけでMiniが長持ちする⁉】覚えておいてほしいローバーミニとの約束!

 

今日は久しぶりにローバーミニについて取り上げたいと思います。

 

iRでローバーミニを購入するお客様から、「ずっとミニに憧れていた」という声をよく聞きます。ローバーミニに憧れ、いつかは自分も乗りたいと思っているミニファンは多いと思いますが、実際自分で購入するとなると「ローバーミニは壊れやすくて自分じゃ乗れないのでは?」と二の足を踏んでいるのではないでしょうか?

 

iRでは厳選したコンディションのミニを、自社工場のiRメーカースで徹底整備し、普通の車と変わらず快適に乗っていただけるよう気持ちを込めて販売しています。

 

とは言え、ローバーミニは基本設計が古いクルマなので、乗るにあたって守ってもらいたい約束事がいくつかあったりします。逆に言えば、これを守ればもっと安心してローバーミニに乗ってもらえるポイントです。

 

これからローバーミニに乗りたいと思っている方の為に、今日は『ミニのお約束』について解説してみたいと思います。

 

目 次

  1. 暖機運転が必要
  2. オイルの管理が重要です
  3. ミッションの取り扱いは丁寧に
  4. ガソリンはハイオク指定。給油量にもご注意下さい
  5. 路面の段差に注意
  6. 定期点検は必ず受けてください
  7. 最後に
  8. おまけ、クラシックミニマガジンに掲載されました

 

暖機運転が必要

 

1959年の登場から2000年まで販売されていたクラシックミニ。92年にインジェクション化され、97年以降はシリンダーブロックや点火方法の改善など少しずつ進化してきましたが、エンジン自体の基本設計は古いまま。

また、決して工作精度が高いとは言えない作りなので、内部部品のクリアランスを最適化する為の暖機運転が必要になります。

 

最近の若い方は暖機運転という言葉すら聞いたことがない方もいると思います。暖機運転とは、走りだす前にエンジンを温める事。要はエンジンをかけたままアイドリング状態で暫く待つという事です。

 

 

エンジン始動直後は回転数が1,200回転ぐらいでアイドリングします。これが温まってくると800回転ぐらいで落ち着きます。水温計もメーターの真ん中ぐらいで安定するので、メーターの針が動き出すまで出発は控えましょう。お出かけ前には時間にゆとりをもって、暖機の時間も計算に入れて下さいね。

 

特にATは暖機が不足しただけで変速時に滑りの症状が出たりします。続けていると故障の原因になるので、ちゃんと暖機をしてください。

 

余談ですが、ローバーミニの取扱説明書には、『燃費の面から始動後は、すぐに走行を始めることをお薦めします』と記載されています。メーカーがこんな説明していたら、故障が頻発して『ミニ=壊れやすい』と思われちゃうのも仕方ないですね・・・。

 

オイルの管理が重要です

 

ローバーミニはオイル管理次第でコンディションにとても差が出ます。

 

一般的な自動車の場合、MTにはミッションオイル、ATにはフルード(作動油)が使われます。

これに対し、ローバーミニはエンジンとミッションが上下に重なる独自の「二階建て構造」をしており、上下に繋がったエンジンとミッションの両方をエンジンオイルだけで潤滑しています。なので、オイルにかかる負担が大きく、マメなオイル交換がコンディション維持に影響します。

 

具体的には、半年に1回、又は3,000㎞毎に1回。どちらか先に達したところで交換を推奨しています。オイルエレメント(フィルター)交換はオイル交換の2回に1回のペースでOKです。

 

 

また、使用するオイルの粘度が低い(柔らかい)と油膜保持ができないので粘度高め(固め)のオイルをお薦めしてます(10W-40以上ぐらい)。また、安い鉱物油だとエンジン内部を痛める可能性があるので、100%化学合成油がミニにはお薦め。

 

また、油圧が一定以上ないとATを傷めやすいので、劣化して粘度の落ちたオイルをいつまでも入れているのもNGです。オイルは時間がたつと劣化して粘度が落ちてしまうので、ほとんど走らせていない場合も半年に1度を目安にオイル交換するようにお願いします。

 

 

上の写真は、過去にiRメーカースで分解したエンジンのクランクシャフトとメタルの様子。完全に焼き付きを起こしていますが、このエンジンは1万㎞程オイル交換をされていなかったそうです。こうなってはオーバーホールするしかありません。オイル交換代をケチるとこんな高額な代償を払う可能性もあります。ここまでひどいケースは稀ですが、日ごろからオイルの量や汚れをチェックするよう心掛けて下さいね。

 

ミッションの取り扱いは丁寧に

ローバーミニのミッションは非常にデリケートです。特に駐車場内での転換で前進とバックを切り替える際は、クルマが止まった状態で操作するようにして下さい。現代の車なら問題ない(良くはない)ですが、ミニのATは特に繊細なので、車両が停止している状態で前進後退を切り替えするよう心掛けてください。

 

 

また、ATのシフト操作をする際は「Nを跨ぐ時に、Nで一呼吸置く」と機械の負担を減らせます。

言葉だとイメージしづらいですが、要は前進と後退を切り替える際に、ニュートラル(Nレンジ)で一呼吸置いてギヤが抜けるのを確認するという事。車から伝わる振動でギヤの切り替わりがはっきり分かるので、ニュートラルでギヤが抜けたことを確認してから操作します。

 

実際、他店で購入したミニにお乗りのお客様でミッション不良を起こした車両を手放したいとiRへやってきたお客様がいましたが、その方は上記の注意点を守っておらず、どうも販売したお店から何も説明を受けずに納車され、ギヤをDレンジに入れても車が動かない状態まで悪化していました。

 

 

MTの場合も、雑なシフト操作は故障の原因になります。シンクロを痛めてしまうと変速のたびに「ガリッ!」といった手ごたえが出てしまいます。特に減速時の回転が合いづらい低速ギヤ(1、2速)はご注意を。

 

 

ダブルクラッチなど特殊な操作が必要になるわけではありませんが、無駄にカッコつけた高速シフトや力ずくのシフト操作は避けて、クルマの車速に合わせた負担のない操作を心がけてください。

 

ガソリンはハイオク指定。給油量にもご注意を

現代の軽自動車より小さいローバーミニですが、入れるガソリンは生意気にもハイオク指定です。これは欧州と日本のガソリン規格の違いによるもので、日本のレギュラーガソリンではオクタン価が足りないからです(ミニに限らず欧州車は全てハイオクです)。

故障の原因になるので「レギュラーで燃料代を節約しよう」とかやめて下さいね。

 

また、ガソリンは給油する量に注意が必要です。ローバーミニは満タンで34Lの燃料タンクですが、給油口ギリギリまで入れてしまうと、走行時の揺れで漏れてくる事があります。給油口のキャップはゴムパッキンでシールされていますが、鍵穴などの隙間もあるため入れすぎると染み出してしまうんですね。

ドバドバ漏れるわけではありませんが、漏れたガソリンは塗装を侵してしまうのでボディの劣化に繋がります。実際、給油口の下側の塗装が痛んで白ボケた感じになっている車両をよく見かけます。

 

 

対策として、給油口にエプロン(よだれ掛け)を付けている方も多いと思いますが、実はこれも一長一短だったりします。漏れたガソリンがエプロンの裏に入ってしまうと、落し蓋のように押さえつけてガソリンが乾かなくなり、ますます塗装を侵してしまう可能性も。なので、エプロンに関してはデザインパーツと割り切ってもらって、ガソリンの入れすぎに気を遣うのがミニに優しい乗り方です。

 

 

また、ガソリンは入れる量だけでなく、残量にも注意が必要です。燃料計の赤い線(エンプティライン)の時点でまだ10Lぐらいタンクにガソリンは残っています。これをいいことにギリギリまで給油しない方もいるようですが、あまりギリギリまでガソリンを減らしてしまうと不具合を起こす可能性があります。

 

ガソリンをエンジンへ送っている燃料ポンプは、タンクの中でガソリンに浸かって冷却されています。更に一度エンジンへ送られたガソリンは、使われなかった分がリターン側からタンクに戻ってきますが、このガソリンはエンジンの熱で温まっています。

 

・ポンプがガソリン液面から露出し冷却されない

・温まったガソリンでタンク内の温度が上がる

 

こんな状態で走行していると、燃料ポンプが焼き付いて突然エンジン停止、なんて事になる可能性もあります。ギリギリのガソリンで走るのは単純にガス欠するリスクも高まるので、ローバーミニはマメな給油をおすすめします。

 

また、長期間乗らない場合はガソリンタンクを満タンに近い状態で保管することをお薦めします。長期間走らないとタンク内側が空気に触れて結露し、錆が発生します。あまりに錆が進行するとガソリンに錆が混じってしまい、燃料ラインやインジェクター、燃料ポンプに負担がかかり故障の原因になるのでご注意下さい。

 

路面の段差には気を付けて

 

元々の車高が低く、最低地上高も低いローバーミニ。納車整備を行った時点でだいたい13センチぐらいは地上高を確保しています。これだけあれば日常使いで困るシーンはあまりありませんが、困ったことに純正サスペンションのラバーコーンは経年変化で潰れて車高が落ちてきます。

下回りを擦りやすく、特にエンジン下部のミッションケースを万が一ぶつけて割ってしまうとエンジンオイルが漏れて走行不能に。高額な修理代がかかってしまいます。

 

石がゴロゴロ転がっているような山道をローバーミニで走ることはないと思いますが、道路の障害物にはくれぐれもご注意下さい。ちなみにiRでは、車高を調整する為のハイローキットは必須取付パーツとしています。

 

 

上の画像は、左はハイローキット無し、右はハイローキット有りの比較です。ハイローキットの有無とラバーコーンのへたりで最低地上高にこれだけ差が出ます。(※左の車両は長期保管車両なので、普通はここまで落ちる前に点検で見つかります)

 

もし下回りが不安な場合はアンダーガードを付けることをおすすめします。iRでもオリジナルアンダーガードを販売しています。軽量なアルミ製で、整備性も考えた形状なので他社製品よりもメカニックが喜びます(笑)

 

MT:¥18,000(税別)/AT:¥19,000(税別) ※写真はMT用

 

定期点検は必ず受けてください

 

iRではご納車の際には徹底的な整備をした上でお渡ししておりますが、ローバーミニは基本的な設計が50年以上前の車です。現代の車では考えられないようなトラブルが起こる事もあります。そういったトラブルを未然に防ぐためにも最低12ヶ月点検は受けてください。

 

特に水回りを定期交換をしているかどうかが、その後のコンディションに結構影響します。緊急措置的にクーラントが減った分、水道水を足すのはいいですが、そのままだと鉄製のエンジンは錆びちゃいますので必ずクーラントを交換してください。

 

足回りも定期的なグリスアップが必要です。もちろん今どきのクルマには付いていない「グリスニップル」と言うグリスの注入口から足回りの可動部分に注油する事で、足回りがスムーズに動くようになります。逆にコレをサボると足回りからギシギシと音が鳴り、乗り心地も悪化してしまいます。

 

その他にも定期交換が必要な部品はたくさんありますので、きちんと交換整備をしないとせっかく買ったミニの魅力を100%味わえません。

 

一回点検をサボると、次の定期点検で2回分以上の整備代が必要になることもありますので、どんなに調子が良かったとしても、面倒臭がらないで1年ごとの定期点検を受けることをおすすめします。

ちなみに壊れてから直すのと、壊れる前に対策するのとではかかる費用が大幅に変わってきますので、定期点検はオススメです。人間のカラダと同じで、早めの予防で致命的なトラブルを防ぎましょう!

 

 

最後に

今回解説したローバーミニの約束事。結構長くなってしまいましたが、これだけの内容をすべて暗記していただかなくても、ポイントを抑えておけばOKです。

 

iRではご納車する際にもお客様へ大事なポイントだけお伝えしていますが、時間の都合もあってここまで詳しく掘り下げた説明はできません。なので『こんな理由で約束事があるんだよ』、というのをわかってもらえたら幸いです。

 

古いクルマだからと言って怖がる必要はありません。専門店できちんと整備した車両を選んで頂き、ローバーミニならではの注意点を理解していただければ、もっと快適なMini Lifeを送っていただけると思います。

 

 

おまけ

 

2019年7月13日発売の『クラシックミニマガジン VOL.56』でiRで在庫しているローバーミニが取り上げられました。

ポールスミス特集号という事で、ミニ・ポールスミスが登場しております!なんと4ページにわたって!

 

 

 

取材されたポールスミス・ミニはiRショールームに展示しておりますので、実車をご覧になりたい方はお気軽にショールームまでお越しくださいませ~♪

 


MINI BLOG

2019.07.13

ミニにゴルフバッグって乗る?トランクに荷物を乗せて旅行って出来る?これさえ見ればそんな疑問も解決!【後編 第3世代 F系編】

 

ゴルフバックが乗るのか乗らないのか。トランクケースは何個積めるのか?

車を選ぶのに重要視される方が多いとよく聞きます。

iRでも、結構聞かれるんです。この質問。

ただ。。。残念ながらiRスタッフ誰もやらないんです。ゴルフ。

だったら乗るか試してみよう!と始まったこのブログ。

 

 

 

 

と言う事で

後編。今回は第3世代(F系)での検証です。

 

 

前回と同様、使用したのはこちら!

キャディバック:9型スタンドタイプとカートタイプ

 

 

トランクケース:LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

 

 

それではLet’s Go〜

 

F54 クラブマン

 

ラゲージルームの容量は360L。リヤシートを倒すと最大1250L。

なんと第2世代のクロスオーバーよりも大容量なんです!

 

5人乗り

 

 

 

キャディバック

 

リヤシート 4:2:4分割

1個積みならこちら。

 

 

 

2個積み。真ん中のシートも倒せば余裕があります。

 

 

 

リヤシートは広々していて、キャディバックもそんなに気にならないですね。

モデル:間瀬。166cm

 

 

 

運転席もゆったり座れますね。私はもう少しシートを前に出して運転します。

 

 

 

トランクケース

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm) 横積み

 

 

 

縦2個積みも何とか入りました。LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

小さい方が浮いてますが、LMサイズのトランクがガッチリ支えてくれてます。

何か親子に見えてきます。ふふ。

 

 

 

ちなみに社長の積み方は・・・

ワイルドだと解釈しております。

 

 

 

F55 ミニ5dr

 

ラゲッジルームの容量は278L。

5人乗り

 

 

 

キャディバック

 

リヤシート 4:6分割

2個積み

 

 

 

助手席側リヤシートを倒した時の運転席側のリヤシート。

5drはやっぱり余裕ありますね。モデル:間瀬。166cm

 

 

運転席も余裕があります。モデル:間瀬。166cm

 

 

 

トランクケース

 

最初、トランクを立てて2個入ったので、入るじゃーんって思ったら阿部さんが後ろからボソッと一言。

「閉まります?」って。ハッ。。。ガーーーーーン。

後ろに2個は積めないかぁ。としょぼくれてたら、阿部さんがパズルですよ。と。

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

 

なるほどぉ。何事も色んな角度から見られる人間になりたいです。

 

 

 

Mサイズ(65cm×43cm×25cm)は立てても入りましたが、LMサイズ(70cm×48cm×28cm)は縦ではドアに当たってしまいました。LMサイズ(70cm×48cm×28cm)は横に倒して入れるべし。

 

 

 

 

F56 ミニ3dr

 

ラゲッジルームの容量は211L。

4人乗り

 

 

 

 

キャディバック

 

リヤシート分割6:4。第2世代は5:5だったので使い勝手は良いと思います。

1個積みなら右側

 

 

 

2個積みなら左側

 

 

 

リヤシート

モデル:間瀬。166cm。

運転席は166cmの間瀬が座って調整してます。若干狭く感じるかもですね。

 

 

 

運転席。モデル:間瀬。166cm少し余裕ありました。

 

 

 

トランクケース

 

リヤシートをそのままの場合はLMサイズ(70cm×48cm×28cm)1個。

 

 

 

 

運転席側のリヤシートを倒して大小積めるかやってみましたが、積めませんでした。

トランクを2個積む場合は左側のシートを倒して積み込みます。

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

 

 

 

 

 

F57 コンバーチブル

 

4人乗り

 

 

 

キャディバック

 

リヤシート分割 5:5

トランク容量は215L。オープン時160L。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トランクケース

 

 

Mサイズ(65cm×43cm×25cm)は入りました。

イージーロード機能で、ラゲージルームの開口部を広げることができるんです。

 

 

 

開口部を広げていないとこんな感じ

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)を積む場合はR系同様リヤシートを倒して積み込みます。

 

 

F60 クロスオーバー

 

 

ラゲージルームの容量はミニの中で最大の450L。リヤシートを倒せば最大で1,390Lまで拡大が可能。

5人乗り

 

 

 

 

キャディバック

 

リヤシート分割 4:2:4

1個積み

 

 

 

2個積み

余裕余裕。

 

 

 

運転席も余裕があります。

モデル:間瀬。166cm。私には遠すぎるシートポジション。

 

 

 

 

トランクケース

 

2個積みLMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

横に寝かせて積み込めます。

 

 

 

おわりに(間瀬の心の声)

 

今回、第2世代、第3世代で検証してみて改めて

意外と荷物乗るじゃん!やるじゃんミニ!

と惚れ直してる間瀬で御座います。

 

小さくて可愛いミニ。

走りが男勝りなミニ。

そして包容力(容量)もあるミニ。

 

今まで、ミニは小さいから荷物積めなそうだし〜

と思っていたYou〜

今、このブログを読んでミニに心奪われちゃってるんじゃないでしょうか?

Summer is coming soon☀️

迷ってないで Here we go〜

 

夏の納車はまだ間に合います

是非みなさまも体感しに来て下さい!


MINI BLOG

2019.07.06

ミニにゴルフバッグって乗る?トランクケースを乗せて旅行って出来る?これさえ見ればそんな疑問も解決!【前編 第2世代 R系編】

 

ゴルフバックが乗るのか乗らないのか。トランクケースは何個積めるのか?

車を購入する時に気になるリストTOP5に入るんじゃないでしょうか?

 

そしてミニは名前の通り小さいイメージがあると思います。

ミニの形は好きだけど、荷物乗らなそうだしなぁ

と、ミニを検討から外そうとしているあなた!!

ちょっと待った〜!!!

 

今から私間瀬が、iRのありったけの車種を駆使して検証しますので、検討から外す前に見て欲しいです。

いや絶対見て!下さい。

 

 

 

 

前編となる今回は第二世代(R系)と言われる車で実証。

 

今回使用したのはこちら。

キャディバック:9型スタンドタイプとカートタイプ

 

 

 

トランクケース:LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)

 

それでは検証スタート!

 

 

 

 

R55 クラブマン

 

4人乗り

 

 

 

キャディバック

 

2個積み助手席側リヤシートのみ倒したバージョン

少しキツそう。

 

 

 

その状態で右側リヤシートに座るとこんな感じ。分かってます。見にくい事は。

運転席をもう少しさげても大丈夫そうですね。足は間瀬。166cm。

 

 

 

リヤシート全倒しバージョン

余裕ありますね。

 

 

 

リヤシート全倒しバージョンの運転席。こちらも余裕あります。モデル:間瀬。166cm

 

 

 

トランクケース

 

 

2個積み

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)立てても入ります。

 

 

 

 

 

R56 ミニ

 

4人乗り

 

 

 

キャディバック

 

1個積み

若干斜めにすれば入りました。

 

 

 

2個積み

リヤシートを全部倒して斜めに入れました。

 

 

 

運転席は余裕あります。

モデル:間瀬。166cm

 

 

 

トランクケース

 

1個積みMサイズ(65cm×43cm×25cm)

 

 

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)は後ろには収まらず。

どうしてもLMサイズ(70cm×48cm×28cm)も積みたい方はこちら。リヤシートなら立てても入りました。

この場合はトランクケースにシートベルトですかね?

 

 

 

 

R57 コンバーチブル

 

4人乗り

 

 

 

 

キャディバック

 

積めると思いますか??

さぁいざ実証!ジャジャ〜ン!!!

 

 

何と言う事でしょう〜

2本入りましたよ。

※この状態だと幌は開きません。

運転席は若干前に出してますが、さほど窮屈には感じませんでした。モデル:間瀬。166cm

 

 

 

トランクケース

 

Mサイズ(65cm×43cm×25cm)をトノカバーの下に潜り込ませて〜

 

 

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)をリヤシートを倒して積み込みました!

 

 

コンバーチブルで颯爽と成田へ向かいましょう笑

 

 

 

R58 クーペ

 

2人乗り

 

 

 

キャディバック

 

何事もやってみないと分からないですからね。はい。

 

おしいっ!若干バックドアに干渉してしまいます。

でもっ!

助手席にまるで運転手に寄り添う恋人のように積み込めますよ!笑

 

 

おまけ:

打ちっ放しならこれで行けますよ〜

 

トランクケース

 

後ろには

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)1個が積めました。

 

 

 

どうしても2個積みたい場合は、助手席の方に頑張ってもらいましょう。

 

 

 

R60 クロスオーバー

 

5人乗り

 

 

 

 

キャディバック

 

4:2:4分割

2個積み

 

 

 

リヤシートは余裕があります。モデル:間瀬。166cm

 

 

 

運転席も一番後ろに下げても余裕余裕。

 

 

 

トランクケース

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)横積みは1個

 

 

 

縦積みはLMサイズ(70cm×48cm×28cm)、Mサイズ(65cm×43cm×25cm)2個入ります。が。。。

 

 

 

Mサイズ(65cm×43cm×25cm)を縦方向に積むとリヤシートの背もたれが当たってしまうので少し前に出しました。

さほど窮屈にはならなそうです。

 

 

 

R61ペースマン

 

・4人乗り

 

 

 

後ろのシートを片側倒して楽々積込OK

シューズケースや小物等も左側に置けるスペースが十分にあります。

※左側にあるのは社外のCDチェンジャーなので、ないものとしてご覧ください。

 

上に重ねれば3本入ります。

 

 

 

リヤシート

モデル:間瀬。166cm

真上から撮影。足元も多少の余裕があります。

 

 

 

運転席。モデル:間瀬。166cm

リヤシートに人が乗っている前提でフロントシートを少し前に出してますが余裕あります。

 

 

 

 

トランクケース

 

リヤシートはそのままで、何と縦に積みこめるんです。すごい。

 

 

 

LMサイズ(70cm×48cm×28cm)横積み

すっぽり入りました。

 

 

 

残念ながら今回在庫にR59ロードスターだけが無く。

次回入荷したら、そちらも検証しますので、ロードスターをご検討の方、少しお待ち下さい。

 

いかがでしたか?

以外と荷物入るんだ!と思って頂けたと思います。

 

車を実際に見てみたい!荷物を載せてみたい!という方はお気軽にお問合せ下さい。

※ご予約制となりますので、お電話にてご予約下さい。

 

次回の間瀬ブログは7月14日頃。連載です。

【 ミニにゴルフバッグって乗る?トランクケースを乗せて旅行って出来る?これさえ見ればそんな疑問も解決!【後編 第3世代 F系編】 】

です。お楽しみに!


MINI BLOG

2019.06.22

MINIの商品写真はインスタ映えではなくサイト映えを狙え!撮影現場の裏側を極秘公開!

 

イールにご来店いただくお客様より「イールさんは商品写真が綺麗!丁寧に撮影されていている印象を受ける!目を惹かれます!」と嬉しいお言葉をいただくことがよくあります。

ありがとうございます!

 

 

イールでは「写真を丁寧に撮る」ことを常に意識して取り組んでいます。

それは・・・

・MINI専門のスペシャルショップとして、高いクオリティでMINIの魅力を伝えるため

・遠方にお住いでご来店が難しいお客様に対し、写真だけで車両の魅力をお伝えするため

・他のお店の商品車と見比べた時に「イールのMINI」であることが一目でわかるようにするため

 

今回はイールのこだわりであるMINIの撮影方法に迫るべく、仕入れ後の仕上げから、撮影現場の裏側をお伝えいたします。

長年MINIだけを撮影し続けたイールスタッフが、撮影方法やアングルに改善を加えながら今のカタチに辿り着いたiR流。

中古車情報サイトの一覧画面で「映える」撮影方法とは!?

これをみれば、MINI選びの際、商品写真を見る目が少し変わるかもしれません。

 

仕入れ〜仕上げ

撮影する前にまずは車両を美しく仕上げる必要があります。

お客様より直接買取させていただいたMINIは別として、中古車オークションで仕入れた車両の中には汚れた状態で入庫するものも多いため、撮影前の仕上げを行います。

 

洗車

 

まずは洗車。通常は洗車のみで綺麗になるものがほとんどですが、ひどい場合だと泥を被ったように汚れた車両や、コンバーチブルのソフトトップ(幌)に苔が生えていたりすることも・・・そんな車両も徹底的に綺麗にします。

 

 

ホイールの隙間やエンジンルームの中まで、見えにくい部分も綺麗にしていきます。

隈なく綺麗にすることで、細かい傷や凹み、塗装のくすみなどを再確認することができます。

 

加修

 

こちらは中古車オークション会場から到着したばかりの車両。(過去の写真の為、現在は在庫しておりません)

フロントガラスにはオークション会場で車両を識別するための紙が貼り付けてあります。もちろん剥がします。

フロントグリルが社外製の個性的なものにカスタムされています。こういった個性的すぎるパーツはイールスタッフ内で協議し、純正ノーマルパーツに交換することもあります。

ミラーカバーも通常のブラックに戻しましょう。

 

 

こちらの車両には、ルーフにユニオンジャック柄のステッカーが貼られていますので、入庫時に剥がし、シンプルな状態に戻しました。

「加修」の段階では、こういったパーツ交換やノーマル戻しの他に、軽度な傷や凹みをプロの業者に依頼し修復したり、塗装の「くすみ」を磨きのプロに依頼し綺麗に仕上げる、といった作業も入ります。

 

内装クリーニング・仕上げ

内装のクリーニングでは、フロアカーペット&フロアマット、トランクルームのゴミを集塵機で吸って綺麗にしたり、

パネルやスイッチ類に付着した汚れや埃を拭きあげていきます。

 

 

 

 

 

内装はアップにして撮影することも多いので、埃が目立たないようにスキマまでしっかり拭きあげます。

 

 

また白・ベージュ系のカラーの純正レザーシートやCABANAシートカバーは、汚れやくすみが目立ちやすいので、根気よく汚れを拭き取ります。

 

 

最後にミニあるあるでおなじみ、白っぽくなった樹脂に黒くツヤを出すコーティング剤を塗り、前後のナンバープレートにiRプレートを取り付けて完成です。

 

洗車〜内装・仕上げまでを業者に依頼せず全て社内で仕上げた場合、1台あたり2時間〜4時間ほどの時間がかかります。ようやく撮影です。

 

撮影

 

中古車情報サイトを見ていると、屋外の駐車場のような場所で撮影された写真を見かけます。

 

 

もちろん屋外で撮影された写真が悪いというわけではありません。

しかし、背景に民家や関係のない他の車が写っている写真だと肝心のMINIに集中できませんよね?何より「映え」ませんし。

イールでは屋内ショールームの店頭部分に、撮影ブースを設けています。

 

 

そう、「FACTOR.」でおなじみのここです。

ROVERミニのクラシックな雰囲気にも、BMWミニのモダンでオシャレな雰囲気にも合うウッドの背景は、

今や「一目でイールのMINIとわかる写真」に一役買っています。そして「映え」ます。

また屋内で撮影することで、天気や時間に関係なく、同じ環境や明るさで撮影をすることができます。

 

 

個性的な背景の撮影ブースですが、商品車の撮影をする場合の極意は、ずばり「個性を出さない」こと。

あくまで商品車を紹介する写真として、大切なのは全ての車両をなるべく同じ角度、同じ構図で撮影すること。

そうすることで全く異なるモデルのサイズの違いや、似ている車両同士の微かな違いもわかりやすくなります。

また撮影するスタッフによって写真のクオリティににバラつきが出ないようにする狙いもあります。

 

写真ごとの解説

ここではイールで公開されている写真がどのような点に気をつけ、また何を伝えたい写真なのかをいくつか解説します。

 

 

 

 

外装の写真で気をつけることは、対象を中心に合わせ、水平に撮影すること。水平を確認する方法として、FACTOR.のパネルを基準にすることもあります。水平にするのは外観だけでなく、内装のシートやヘッドレストが同じ高さになっているかどうかも重要なポイントです。

 

 

コンバーチブルを撮影する際は、ソフトトップが開いている状態と、閉まっている状態の2パターンを撮影します。

 

 

MINIは水平に設置した場合、ドアとウィンドウの境目であるショルダーラインが、リアに向かって上がっていくデザインになっています。(オレンジのライン)外装側面を撮影する際は、ショルダーラインを水平に合わせてしまうと写真全体が傾斜してしまうのでNG。

 

 

タイヤ・ホイールを撮影する際は、センターキャップのロゴが水平になる位置までタイヤを動かします。タイヤサイズ、タイヤのメーカー、モデル名などもなるべくわかりやすく撮影します。

 

 

エンジンルームも中心と水平を意識して撮ります。ちなみに、中古車情報サイトの統計によると、エンジンルームの写真をチェックしている人が非常に多いとのこと。

 

 

次は内装へ。例えばこちらのアングルは、「助手席に座った人の目線で見る運転席」を意識しています。

この時、ハンドルとエアコンの吹き出し口が正面を向いているか確認します。

なお、内装を撮影する際はメーターパネルのバックライトを点灯させるため、スモールライトを点灯させます。

エアコンもOFFにすると何の表示も無い状態になるので、何かしらは表示させます。

 

 

ナビゲーションを撮影する際は、あえて少し角度をつけて撮影します。

基本的に四角いナビやディスプレイは正面から撮ると、斜めになっていることが目立ちやすいので、最初から斜めで撮ります。

ナビゲーションにバックカメラや地デジ、Bluetooth接続といった付加機能がある場合は、それらを表示した状態で写します。

 

 

 

内装全体を写すこのアングルは、多くの方が必ずチェックする重要な写真。ポイントはAピラーの外側まで入れて撮影すること。

そうすることで内装を広く、明るい印象に撮ることができます。

 

 

他にもたくさんこだわりのポイントはあるのですが、これ以上は企業秘密ということで。笑

 

もちろん、こういった決められた構図だけでなく、車両に装備された特別なオプションなどがある場合は、それらが際立つように個性的に撮影することもあります。

 

 

撮影は基本1人〜2人で行い、撮影時間は30分〜1時間程度となります。

 

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

いつもの撮影作業。結構大変なんです^^; #mini #ir #cooper #世田谷区 #東京

ミニ専門店iR:イールさん(@ir.mini)がシェアした投稿 –

 

360°カメラもイチ早く導入

 

MINIの魅力を伝えるための方法として、イールでは360°カメラでの内装撮影も2年以上前から導入しています。

 

F57ラピス #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

 

これだけで、内装の雰囲気を感じることができる他、オプションのマルチファンクションやドライビングアシストが付いているかどうかの確認もできます。あまり撮影されない床や天井まで、見たい部分を好きなように見ることができると、大変ご好評をいただいております。

 

写真チェック&編集〜公開

撮影が終わったらデータを取り込んで写真のチェックと選別をします。

1台のミニの在庫データ用に使われる写真は40枚前後なのに対し、実際に撮影する枚数は1台あたり150〜200枚前後。

なので1カットごとにベストな写真を選出していきます。

 

 

ベストな写真を選び終わったら、一枚ずつ明るさや色味、角度を微調整します。

最後に車両ごとのオプションを隈なくチェックし、車両データを作成し、写真と合わせて公開します。

 

さいごに

今回、イールの商品写真に対するこだわりについてお伝えしましたが、皆さんにイールの撮影方法を伝授たかったワケではありません。笑

 

例えば、価格が安すぎるMINIを見つけた時、写真が適当に撮られていたり、枚数が極端に少なかったりすると「なにか隠されているのでは?」と不安になりませんか?

イールでは、適正価格のMINIに納得と安心を頂いた状態でご検討いただけるように、しっかりと撮影したものを公開するよう心がけています。

丁寧にMINIを撮影しているショップとして、今後もお見知り置き頂けると幸いです。

 

実は現在、ショールームの撮影スペースとは別に、撮影専用スタジオ設置のプロジェクトが進んでおります。

秋頃には新しいカタチの商品写真をお披露目できるかも!?

イールの写真に対するこだわりはこれからも進化し続けます。

 


MINI BLOG

2019.06.15

神:「あなたが本当に欲しいミニはこのオプションの付いたミニですか?それとも何もついていないミニですか?」BMWミニに安全快適に乗るための必須装備教えちゃいます!

 

先日こんなお客様がいらっしゃいました。

 

「BMWミニの中古車が欲しいんだけど、ネットで見ててもどのミニも同じに見えるんです。iR(イール)さんなら良いミニが見つかるかと思って・・・。とりあえず白か赤だったらいいので紹介してもらえますか?」

 

もちろん色でミニを選ぶことが間違っている訳では決してありません。 でも同じように見えても、実は大きな違いがあったりします。

確かに普段たくさんのミニを見慣れている私達ならまだしも、初めてミニを検討する方にはどれも似たように見えてしまうのも当然かと思います。 

 

ネットで見ててもどのミニが良いミニなのかわからない

 

パッと見で、年式、距離、ボディカラー以外で何が違うの?

 

同じ値段だったらどれも一緒なの?”

 

誰でもせっかく買うのだったら間違いないミニ選びをしたいですよね?

 

そこで今回は、BMWミニの間違いない選び方、お買い得なミニの見つけ方iR流ミニの仕入れ方、までど〜んと教えちゃいます!

是非ミニ選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

ミニは売れっ子輸入車

ミニは日本で売れっ子の輸入車です。豊富なボディバリエーションにお洒落なデザインは、幅広い年齢層やライフスタイルの方に人気があります。走りの方もBMW製エンジンで駆け抜ける喜びもありますし、まさに死角なし!といったところでしょうか。

 

それではそれを裏付けるデータをご覧ください。

 

■2018年輸入車ブランド別販売台数ベスト10
1位:メルセデス・ベンツ  67,531台(99.0%)
2位:フォルクスワーゲン   51,958台(106.0%)
3位:BMW        50,982台(97.1%)
4位:アウディ       26,473台(93.4%)
5位:MINI        25,984台(102.2%)
6位:ボルボ       17,392台(110.3%)
7位:ジープ       11,438台(113.2%)
8位:プジョー       9,881台(119.9%)
9位:ルノー        7,252台(101.9%)
10位:ポルシェ       7,166台(103.5%)

※( )内は対前年比

 

■2018年外国メーカー車モデル別新車登録台数ベスト10

1位:MINI                      2万5983台(102.2%)
2位:VWゴルフ                  2万1316台(93.3%)
3位:メルセデスベンツCクラス 1万8321台(110.6%)
4位:VWポロ                    1万1079台(117.7%)
5位:メルセデスベンツEクラス  1万0454台(78.8%)
6位:ボルボ40シリーズ              8440台(125.7%)
7位:BMW3シリーズ                7997台(70.7%)
8位:BMW5シリーズ                7474台(99.1%)
9位:BMW2シリーズ                7399台(86.1%)
10位:BMW X1                     7249台(95.2%)

※( )内は対前年比

 

輸入車ブランド別ランキング第5位、さらに外国メーカーモデル別ランキングでは3年連続の堂々の第1位となってます!

それまではVWゴルフの天下だった日本のマーケットですが、ここ数年は日本で最も売れてる輸入車モデルがミニという事です。

 

ネットでのBMWミニの中古車探しはけっこう大変

そんな人気のミニですから、2019年6月13日現在、カーセンサーnetに掲載されているBMWミニは全国でなんと4,758台!

現在iRで一番人気のミニクロスオーバーだけでも841台が掲載されています。

 

 

ネットでのクルマ探しの検索方法でやりがちなのが、車体価格を安い順に並び替えて安い方から順に見ていく方法です。

ただここで気をつけなければいけないのは、中古車というのは「一物一価」の商品であり、「安いには安いなりの理由がある」という事です。

中古車は修復歴の有無、機関系の不具合、災害車輌、アフターフォローや納車前整備の内容、など様々な要因で価格は変わってきます。

また、見せかけの価格だけ激安にして付帯するサービスや諸費用がメチャクチャ高いなんてこともよくある手口です。

 

ただ現代はインターネットという大変便利なツールがあり、そういったユーザーを欺くような販売店は必ずあぶり出される世の中ですので、もし欲しいクルマがあってその販売店での購入を考えられるときは、Googleのストアレビューでその販売店の口コミや評価を確認してから購入することをオススメします。

 

 

気になるミニが見つかったら、見るべきポイントはオプション装備!

年式、走行距離、ボディカラー、価格などは、誰でもパッと目がいくところですし、他のミニとの比較検討がしやすい項目だと思います。ですが、その中で同じようなミニが何台もある場合はあなたならどうしますか? 価格?それともお店の場所?

 

ズバリ!見るべきポイントはオプション装備です!

 

 

オプションとは、新車注文時に標準装備に加えて有料で追加ができる装備品のことです。

新車購入時だと高くつくオプション装備も、中古車ならすでに装着されているオプション込みでとってもお得に購入出来ちゃいます。どうせ買うならお得だと思えるミニに乗り換えましょう!

 

 

絶対おすすめ!iRが選ぶBMWミニ純正オプション神8

 

純正レザーシート(シートヒーター付き)

(参考新車時オプション価格 ¥316,000〜¥437,000)

 

まずはこれ! BMWミニにはメーカーオプション(新車製造時)として様々なカラーのレザーシートが選べるようになっています。レザーシートが装着されているだけで、車内は贅沢でワンランク上の空間に生まれ変わります。ホールド性に優れたスポーツシートで、ミニのレザーシートは腰痛持ちの人には一番!と言われるほど。「外観にお金をかけるならまずはシートにお金をかけた方がいい」と言う方も多いほどです。

レザーシートとセットでシートヒーターが装着されているのも嬉しいポイントですね♪ 

 

 

純正メーカーナビゲーション

(参考新車時オプション価格 ¥178,000〜)

 

純正ナビは「ナビゲーションパッケージ」のセットオプションになります。第3世代F系ミニから、今までのBMWミニの特徴であったセンターメーターが廃止され、センターパネルにすっきりとインストールされました。高額オプションではありますが、その実用性とエンターテイメント性に加え、ナビをインパネにスマートに収められるメリットが大きいため、とても人気のオプションです。

ちなみに、F系のミニはワンとクーパーはオプション装備となり、それ以外のグレードは標準装備となります。

 

 

ちなみに純正オプションではないですが、第2世代R系ミニだとこんな感じ

(参考価格 ¥167,400)※ナビ+バックカメラ(工賃込み)

 

過去のブログでも何度か紹介していますが、R系BMWミニはナビの装着が取付け場所などの問題で少々困難なところがあります。特にバックカメラを連動させる為には7型以上のモニターを設置しないといけないのですが、これがまたスペースの問題で難しい・・・。

後から装着することは当然可能ではあるのですが、パーツ代や取付け工数の関係で工賃はやや割高になります。

ですので、初めからナビゲーションとバックカメラが装着済みのミニはとってもお買い得です!

 

 

リアビューカメラ+PDC(パークディスタンスコントロール)

(参考新車時オプション価格 ¥93,000)

 

リアビューカメラとPDC(パークディスタンスコントロール)を装着すると、センターディスプレイに後方の映像と車幅、予想進路のラインに加え、検知した障害物のマーカーが表示されます。

近年ミニもボディサイズの拡大化が進み、F系クラブマン(F54)やクロスオーバー(F60)には、なくてはならない必須の装備と言えます!

iRショールームにはぎっちりミニが展示してあるので、クルマの移動もスタッフ同士声を掛け合いながら四苦八苦。そんな時、この「リアビューカメラ&PDC」装着車を運転している時の安心感は半端ありませんw

 

 

LEDヘッドライト

(参考新車時オプション価格 ¥103,000〜¥148,000)

 

第3世代F系ミニでフロントフェイスのキーポイントになっているのがLEDヘッドライトです。中央のライトを取り囲むようにリング型のデイライトと下部にウインカーが配置されています。LEDヘッドライトのウインカーレンズはクリアなホワイト仕様です。ミニの丸い目をより強調させる特徴的なLEDライトは、F系ミニの数あるオプションの中でかなりの人気を誇っています。だって見てください!オシャレで可愛くないですか?!

 

※標準ハロゲンヘッドライト

 

クーパーとワンは標準でハロゲンのヘッドライトになります。ハロゲンとLEDヘッドライトはデザインも大幅に異なるため、ミニのフロントフェイスの雰囲気がかなり変わます。ハロゲンヘッドライトの顔つきはどちらかというと先代のR系ミニに近い感じがしますね。LEDはモダンなミニ、ハロゲンはクラシカルなミニになる印象ですね。

 

 

コンフォートアクセスシステム

MINI クラブマン F54 イージーオープナー

 

キーをポケットやバックの中に入れていれば、ドアハンドルに付いた黒い小さなボタンを押すことでドアロックの開閉が可能になります。そして、そのまま車内に乗り込みSTARTボタンを押すだけでエンジン始動がOK! 一度慣れてしまうと手放せない快適装備です。

F系ミニクラブマンなら、半径1.5m以内でイグニッションキーを持っていれば、リアバンパーの下に足をかざすだけで自動的にドアを開くことができる「イージーオープナー機能」も備わっています。両手が荷物でふさがっているときなどにとっても便利!

 

 

MINIドライビングモード

(参考新車時オプション価格 ¥29,000〜¥44,000 )

 

MINIドライビングモードは、走りのセッティングをSPORT(スポーツ)、MID(ミッド)、GREEN(グリーン)の3パターンから選ぶことができる機能です。MIDは標準モードとなるため、実際にはSPORTとGREENの2モードがMINIドライビングモードによって追加されることになります。

シフトレバーにモードを切り替えるためのリング状のロータリースイッチが設置され、選んだモードによってアクセルレスポンスやステアリングの重さ、エンジン出力、ATのシフトスケジュールなどが変化します。

クーパーSやジョンクーパーワークスでSPORTモードを体感すれば、きっとあなたはミニの走りの虜になるはず。
 
 

ドライビングアシスト

(参考新車時オプション価格 ¥94,000 )

 

第3世代F系ミニから採用された装備です。アクティブクルーズコントロール(全車追従式のクルーズコントロール)、前車接近警告(歩行者検知機能付き)、衝突回避・被害軽減ブレーキ機能の3機能がセットになったオプション機能で、近年ニュースなどで度々報道されているせいもあり、とても注目度の高いオプション装備になります。

ですが、あくまで万が一の際に衝突しにくい状態にする安全装置なので、絶対にクルマ任せにはせずに安全運転でお願いしますね。

 

関連ブログ

自動ブレーキは当たり前!?BMWミニのアクティブクルーズコントロールについて知っておきたい基礎知識と活用方法

 

 

マルチファンクションステアリング(クルーズコントロール付き)

(参考新車時オプション価格 ¥45,000 )※写真は第3世代F系ミニ

 

マルチファンクションステアリング(クルーズコントロール付き)は実は初代BMWミニから設定されているオプション装備になります。希望の速度を設定すると、アクセルを踏まずに設定した速度のまま走り続けることが出来ます。速度はハンドルスイッチで調整が出来るので、首都高など以外で交通量の少ない高速道路でのロングドライブではとても重宝します。

 

アクセルもブレーキも踏まずにクルマが進んで行くので慣れるまではちょっと不思議な感覚ですが、一旦慣れてしまうとその楽チンさが忘れられないほど。でもいくら楽だからといっても居眠り運転には要注意!

 

 

BMWミニの仕入れ方法をご紹介

iRでは、主に以下の4つの方法でミニを仕入れています。

1)自社サイト内のお買取りフォームやポータルサイトなどからお問い合わせを頂いたお客様からの直接お買取り

2)iRでミニをご購入頂いたお客様からの下取り

3)提携先のMINI正規ディーラーからの業販仕入れ

4)全国のオートオークションでの落札

 

「オートオークション 会場数」の画像検索結果

 

今回お話したいのは在庫車の半数以上を占める「オートオークション」からの仕入れ方法です。

仕入れ担当者が全国のオークション会場の出品車を精査し、iRらしいミニを厳選してオークションに参加します。北は北海道から南は九州まで、会場数はなんと全国約150ヶ所以上! 実際に全国を行き来するのは中々難しいので、オークション自体はインターネットを使用したオンラインでの参加が主となります。

 

 

iR流!最高なミニの選び方

これはオークション会場の検査員が査定をし作成した出品票になります。このような数枚の写真と車輌データーを見て落札したいミニを選んでいくのですが。 何か気づきませんか? そう! オプション装備が全くわからないんです! セールスポイント欄に「スペアキー」とひとつ記入があるだけ・・・。

 

車輌状態は検査員が記入をするのですが、セールスポイントを含む車輌データーは出品店側が出品票に記入をします。装備されているオプション品などのセールスポイントを記入するしないは出品店の判断になります。なぜわざわざ記入をしないかというと、オプション装備を出品票に記入するしないで落札される金額は変わらないからです!

なので、中古車業者は実際にどんなオプション装備かわからない車をオークションで落札をしていくことになります。

 

 

そんな場合でもiRでは問題ありません!

実際に装着されているオプション装備がわからない場合でもiRなら大丈夫! 当社は”BMWクオリティパートナー認定ショップ”なので、車体番号さえ分かれば、BMWのデータベースから新車時の車輌の仕様やメーカーオプションまで検索することができます。だからお客様が求めている本当に欲しいミニが仕入れられるんです!

 

 

出品票に記載なしでも、こんなにたくさんのオプションが!

●20011年式/ミニコンバーチブル クーパーS/ホワイトシルバー/12,000km/

 

★主な装備、オプションなど

・JCWチューニングキット

 スポーツマフラー

 JCWテールパイプトリム

 エア・フィルター

 JCWバッヂ(フロント/リア)

 専用エンジンプログラミング

・JCWスポーツブレーキ(フロント/リア・アクスル用キット)

・JCWストラット・ブレース

・クロス/レザーレイシート

・シートヒーター

・スポーツボタン

・バイキセノンヘッドライト

・レインセンサー

・オールウェイズオープンタイマー

・17インチアロイホイール コニカルスポーク

・クロムラインエクステリア

・HDDナビゲーション 地デジフルセグ DVD再生

・リアビューカメラ

・PDC

・ETC

 

ズラズラ〜っと! オークション出品票にセールスポイントの記載がなくても実際にはこんなにたくさんのオプション装備が装着されていました! なんとオプション総額は約130万円にもなります! もちろん事前にしっかりと下調べをした上でオークションにて落札をしていますよ。

 

その他にもこんなミニが・・・

こちらもセールスポイント欄にはオプション記載が一切ありません。これだけの情報ですと装備が乏しく魅力がない車のように見えますね。しかし、調べてみると実際には下記の豪華オプションが付いていることがわかりました。

 

●20016年式/ミニクラブマン クーパーD/ブリティッシュレーシンググリーン/24,000km/

 

【ペッパーパッケージ】

 純正メーカーナビゲーション

 コンフォートアクセスシステム

 MINIエキサイトメントパッケージ

 マルチファンクションステアリング

 クルーズコントロール

 スルーローディングシステム

 ITSスポット対応ETC車載器システム内蔵自動防眩ルームミラー

【カメラパッケージ】

 リアビューカメラ

 PDC(パークディスタンスコントロール)

・17インチアロイホイール ネットスポーク ブラック

・LEDヘッドライト&フォグランプ

・クロームラインインテリア

・ドアバイザー

 

iRおすすめオプションの、ナビゲーション、コンフォートアクセス、マルチファンクション、リアビューカメラ&PDCが装備され、追加オプション総額は約40万円ほど! お買い得ですね!

 

 

まとめ

一般の中古車販売店ではオプションの有り無し関係なく、車種、年式、距離などだけで売値を決めているケースが多いということ。

装備がしっかり付いているものも、装備がないものも同じ価格であれば、当然オプションが盛りだくさんの方がお買い得ですよね!

iRのWebサイトではミニ専門店ならではの装着オプションアイコンもあるので、どんな装備が装着されているかがひと目で分かります。

 

 

iRではオプションではお客様が必要とされている装備、本当におすすめできるミニを厳選して今後も仕入れを行なっていきます。

ミニ選びに迷ったらぜひお気軽にiRまでお問い合わせください。ミニのスペシャリストがお客様一人一人に合ったクルマをご紹介いたします。

 

それでは!次回のブログでまたお会いしましょう!

 


MINI BLOG

2019.06.08

人とはちょっと違ったミニに乗りたい!自分好みのミニクーパーをかんたんオーダーメイド!【ボンネットストライプ編】

 

iRでBMWミニの中古車をご購入されるお客様の声を聞くと、ミニのスタイルや個性など唯一無二のキャラクターに惹かれて購入する方が多いようです。

以前のブログで自分だけの個性的なMINIを手に入れるという事で、ルーフペイントについて取り上げましたが、今回はボンネットストライプについて取り上げてみたいと思います。

価格的にもお手頃なボンネットストライプは、ワンポイントで個性を主張できる人気のアイテム。今回は新たにオーダーカラーでの取り扱いを開始しましたので、ブログでご紹介させていただきます!

 

目 次

 

 

個性が魅力のMINI!でも実は案外と被っているかも・・・

 

こちらの車両はA様ご成約を頂いたミニクラブマン(F54)。ピュアバーガンディーの深い色合いと、メルティングシルバーのルーフカラーの組み合わせ。ブラックホイールが全体を引き締めており、大人っぽい上品さが漂います。

A様は当初見学だけの予定でご来店頂きましたが、クラブマンのあまりの上品さに一目惚れされ、その場で購入を即決するほどの気に入りよう。

そんな、大満足でご成約頂いたA様でしたが、後日こんなご相談を頂きました。

 

近所に全く同じカラーのMINIが停まっていて、せっかく気に入ったカラーだったのに”もろ被り”。何とかならないでしょうか?

 

流石は日本で一番売れている輸入車のMINI。多数のボディカラーが設定されているとは言え、他人と被る可能性はありますね。

しかも近所で同じ色だと気まずい・・・。

ボディとルーフのカラーを気に入って購入を決めて頂いたA様。

色を変える提案をする訳にはいきませんので、ボンネットストライプでワンポイントの個性を主張しては?とご提案させていただこうと思ったのですが、ここで一つ問題が。

 

純正品では選べないカラーがある!?

普段iRで取り付けているボンネットストライプは、MINI純正ストライプを使用しています。純正品はクオリティーが高く、MINI専用サイズなのでピッタリ装着できますが、選べるカラーやデザインは限られます。

※画像はオプションカタログより抜粋

 

通常、ストライプの色はルーフカラーに合わせるのが一般的ですが、八の字タイプのボンネットストライプは、「ホワイト」、「ブラック」、「レッド」の三種類だけ。メルティングシルバーに合わせるにはどれも違和感がありますね。

 

付けたいカラーのストライプが無い。それなら作っちゃおう!

第三世代(F系)のMINIから追加された「メルティングシルバー」。

純正ストライプでは残念ながら対応できません。ならば作っちゃおう!という事で、一番メルティングシルバーに近いカラーでストライプを製作することになりました。大量の色見本の中から一番合いそうな色を探します。

 

 

実際にメルティングシルバーのミラーと照らし合わせながらお客様のイメージと近いものを探します。シルバー系のメタリックフィルムの中から、3種類ほど近い色が見つかりました。今回は色合いが一番近い、真ん中のカラーで製作をします。

 

 

ちなみに、カラーはこれだけの数に対応しています。これだけあると、逆に一つを選ぶのが大変そうですね。赤色系統だけでも10色ほど用意されています。多すぎて並べるのが大変でした(笑)

これだけあれば、他人と被らないオリジナルカラーのストライプ製作も可能です!

 

オーダーカラーのボンネットストライプ

 

 

 

という訳で、オーダーカラーのボンネットストライプを貼ってみたら、この通り!

『メルティングシルバー』の少しゴールドっぽい微妙な色合いが見事に再現できています!

 

 

さらにA様にはCABANAシートも追加でご注文いただきました。純正シートのグラデーションステッチもお洒落ですが、トフィーをベースにアイボリーのパイピングを組み合わせた、暖かみのある可愛らしいカラーリングをオーダー。内装も好みのカラーにコーディネートして、自分だけの一台に出来上がりました!

※写真は取付作業中の様子

 

カラーもデザインも自由自在!

ストライプはボンネット以外に、ルーフやトランクなど、分けて施工が可能です!更に純正では対応していないフロントバンパーの先端や、ルーフスポイラーに貼ることだって出来ちゃいます。

 

 

上の写真のミニクーパーS 5drハッチバック(F55)、カラーこそブラックのセンターストライプですが、フロントバンパーの先端から、ボンネットフード、リアハッチ、リアバンパー、更に目立ちにくいですがルーフにもつや消しブラックでストライプが入っています!JCWエアロとの組み合わせがとってもスポーティー!細かい部分までこだわっており、他には無い一台に仕上がっています。

 

 

こちらのクロスオーバーは、MINI純正『レイ・パッケージ』のストライプを貼った一台。黒ボディにオレンジがワンポイント。とてもスタイリッシュに仕上がっていますが、こういった2色を織り交ぜたデザインもオーダーカラーで承る事が可能です。

 

 

また、クロスオーバー(R60)の純正スポーツストライプ(センター2本タイプ)は、ボンネットフードのプレスラインを避けるため、錨型の切れ込みが入っています。たまに「ジ○ン軍みたい」と言われたりするデザインですが、オーダーで作れば切れ込みの入らないストレートデザインだって可能です!

センターストライプは入れたいけど、派手すぎる錨型のストライプを敬遠していた方にはうってつけではないでしょうか?

 

ボディラッピングも出来ちゃいます!

また、ボンネットストライプは、専用フィルムをストライプのサイズに合わせてカットしています。という事は、カットしないで貼ればパネル全体をラッピングすることも可能!塗装では難しいマッドブラックや、人気のカーボン柄もオーダー出来るので、ルーフやエンジンフードだけ色を変えてイメチェンを図ることも可能です!!

 

 

純正にはないルーフカラーと、それに合わせたストライプだってOK!

上の写真は、以前にご納車したM様のミニ5drハッチバック(F55)。グリーンのルーフにグリーンのストライプを組み合わせ、限定車のグリーンパーク風に仕上がっています。このような組み合わせもオーダー出来ますので、純正カラーでは満足できない!と言う方はストライプとボディラッピングと組み合わせてみるのはいかがでしょうか?

 

【取付価格】

ボンネットストライプ(ライン2本):20,000円~

ルーフラッピング:100,000円~

 

※価格はフィルムの色や貼り方によって変わりますので、詳しくは直接スタッフへご相談下さい。

 


MINI BLOG

2019.06.01

ネットで見つけた欲しいミニ!でもお店が遠い・・・そんな時あなたならどうする!?

 
イールでは激安ミニの中古車は販売しておりません。
「安ければ多少陸送費が掛かっても購入したい!」と思われる方も多いと思います
 
しかーし!
 
激安ミニを販売していないイールでも、全体の販売台数の20%位は遠方のお客様なんです。
いわゆる通信販売で実車を見ないでご成約頂いております。
では、遠方のお客様がなぜイールでの購入を決めて頂けるのか。
今回は遠方のお客様がイールで購入を決めて下さる理由を探ってみたいと思います。
 
 
 
普通クルマを購入するときは、実際に現車を見てから決めたいと思う方がほとんどだと思います。
でもその欲しいミニの中古車が自宅からかなり離れた場所で売ってるってこと結構あったりします。
 
「実際には見られないけどメチャメチャ気になるっ!」
「まずは問い合わせだけしてみようかなぁ」
みなさんきっとこんな感じでお問合せをされてると思います。
 
そこで今回はそんなお客様との実際のやりとりや、よくお問い合わせいただくご質問等の一部をご紹介致します。
担当はミニのスペシャリスト武藤。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【 延長保証などを付けていただくのはディーラーさんではないので難しいですよね? 】
→正規ディーラーの延長保証は最長5年の為、こちらの車輌は新車の延長保証には加入できません。
ただ弊社ではこちらの年式でもご加入いただける、カーセンサーアフター保証という有料保証をご用意しております。
価格は加入いただく期間により異なり
半年間 ◯◯円
1年間 ◯◯円
2年間 ◯◯円
の3通りからお選びいただけます。
【 自宅まで運んでいただく事も可能ですか? 】
→もちろん可能です。全国どこでもご納車させていただきます。お住まいのご住所をご連絡いただければ陸送費用も含めて乗り出し費用を計算させていただきます。
 

【もう少し検討したいのですがお取り置きしておいていただく事は可能でしょうか?
→もちろん可能です。取り置きの期間が数日間であれば3万円ご入金頂ければ仮押さえが可能です。ウェブサイトも「Reserved」にし、他のお客様のご商談を全てブロックして○○様の商談を最優先とさせて頂きますので、売切れの心配はなく安心してご検討いただけます。
またご購入がほぼ決定しており、お支払い方法の検討やローンの審査などの期間で1週間~10日ほどの仮押さえをご希望の場合は、支払い総額の一割をお振込いただき、確認が取れ次第取り置きとさせていただきます。本当に欲しかったのに検討中に売り切れてしまった・・・と、悲しい想いをされたお客様を今までにたくさん見てきました。私は押し売りや強い営業トークをするつもりではありませんが、もし前向きなご検討であればお取り置きをお勧め致します。

また週末のためお振込の入金確認が取れないので、お振込時の明細などを写真などでお送りいただければ、そちらをもって入金確認とさせていただきます。
お困りのことやご不安も多いと思いますので、○○様の納得のいくまで何でも相談して下さい。
 

【ミッドナイトブラックは青みがかった黒色ですか?また、メタリックが入っている黒色でしょうか?】

→ミッドナイトブラックはメタリックカラーです。それ故、光の当たり方で濃紺が混じっているような違った色味に見えることも稀にあります。が、ほとんどブラックです。
 
【こちらも気になっているのですがこちらはワンオーナーではないのでしょうか?】
→走行距離10,000kmのクラブマン白は、距離は少ないもののワンオーナーではありません。また、喫煙車だったようで車内に煙草の匂いが残っております。ちなみにご検討中の黒のクラブマンは車用芳香剤の匂いが少し残っております。
 
どちらも走行距離は少ないのですが、ボディには洗車傷のような小さな線傷や雨染みなどがそれなりに有ります。
ご納車前の研磨作業&コーティングをすることで美しく仕上がりますので、オプションのコーティングプランがオススメです。
 
【ボディや車内の状態を知りたいので画像を送ってもらえますか?】
承知いたしました。
ボディの傷や室内の状態の分かる画像を添付いたしましたのでご確認ください。
 
全体写真
 
全体写真
全体的には程度も良く、凹み等はありません。
 
ボンネット
 
 
屋根
全体的に細かい線傷や磨き傷のようなものが見られます。
おそらく洗車機などで洗車していた車輌だと予想されます。
全体の研磨とガラスコーティングの施工で緩和し薄くなるかと思いますが、完璧に消えるものではないかと思われます。
 
左リアホイール以外はそれぞれガリ傷がございます。
 
フロントグリル上部に小さな飛び石跡が見られます。
 
右ドアエッジに小傷が見られます。おそらくタッチアップペンで簡易リペアしてあります。
 
右クラブドアの内側に小さな傷が2箇所ございました。何かを挟んで閉めてしまった跡でしょうか。

 
室内シートはキレイな状態で、特に気になるところはございませんでした。
 
ハンドルのスポーク部分の左右に小さな小さな塗装はげがありました。
 
シフトレバーの左側面に塗装はげがあります。ミニには良く見られる症状です。
 
リアシート天井
写真で分かり難いのですが、荷物を積載した時に天井に触れた跡のようなものが、うっすら見られました。
 
以上、厳しく見た部分もありますが、私が気になったところの全てです。
内装は非常に程度が良く、塗装はげ部分はいずれ必ず剥がれる部分なので、あまり気にし過ぎないほうがいいかもしれません。
問題はボディ全体の洗車傷の方かと。現状で○○様の手元に届いた場合、少し残念に思われる状態なのと、現状で洗車したところ水はじきは全くありませんでした。
研磨とコーティングを強くオススメ致します。
 
先日お話しした内容と、コーティングを追加した内容で再度お見積りをお作り致しました。
お送りした写真と合わせ、ご検討の程宜しくお願い致します。
 
気になる点や詳しいご説明が必要であれば、再度お電話でのご対応も可能です。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
とても長文ですが、同一のお客様とのやりとりの一部です。
現車を見られない分、営業マンが気づいた事は包み隠さずお伝えしております。
決してお安い買い物ではないので何度もやりとりをし、お客様が納得してご購入を決心されるまでとことんお付き合い致します。
お車が手元に届いた時に喜んでご満足いただけるよう、出来る限り情報提供しているので安心してご購入頂けるんですね。
 
実際に現物を見られない場合、次に気になるのは営業マンだと思います。
信用出来るかどうか。ここに関しては自信を持ってオススメ出来る営業マンが揃っております。
 
 
【イールの商品ポリシー】
イールでは仕入れたミニは徹底的に品質チェックをして在庫にしております。
つい先日も某オークションで「4.5点(かなりキレイな状態)」で仕入れた車両ですが、iRの入庫チェック段階で「軽微な事故車」であると判断し、小売販売しない判断をしました。
オークションにキャンセルが出来るか交渉中ですが、キャンセルが出来なかったとしてもイールの在庫にはしないと社長の判断。
キャンセルが出来なかった場合、もう一度弊社からオークションに出すのですが、恐らく赤字になるかと・・・
しかし、それでも上質の車両しか在庫にしないと言うイールのポリシーがあるのです。
 
最後に。
イールは上質の商品とお客様の立場に立って相談に乗ってくれる営業マンが揃っているお店です。
もし、弊社のミニをネットで見て気になったら、是非お問い合わせしてみてください。
きっとイールを気に入って頂けると思いますよ!
 
 

MINI BLOG

2019.05.25

iR & iR MAKERS Snapshot!

こんにちは。受付事務の小林(♀)です。

本日は、iR SHOWROOM & iR MAKERSで撮影した日常のスナップをお届けします。

いいえ!決して何を書いてイイか思いつかなかったから楽してるわけじゃございません(-_-;)

 

iR SHOWROOM

 

iR MAKERS

 

ある日のiR定休日。新入荷のミニを一人コツコツと撮影する武藤さん。

 

賑わう週末。商談中の下平さん。

 

ショールーム内に並んでいるHUNTERのチャイルドレインブーツはご購入も可能です♩

 

iR MAKERSのカウンターからの一枚。

新保さんと、弱っていたところを工場長が育てて見事に復活しすくすく育っている植物。

工場長はローバーだけではなく植物のメンテナンスもお上手なようです。

 

iR MAKERS 2Fのサロンスペース。

作業をお待ちいただく間におくつろぎいただけるスペースです。

 

iR MAKERSの所々で気持ち良さそうにしている植物たちは、そんな工場長が救ってきた植物たちです。

行かれた際は様々な種類の植物たちもチェックしてみて下さい。

 

ミニのパーツがずらりと展示販売されているiR MAKERSのショップスペース

 

こちらはiRのカウンター

 

お調子者Kingの阿部さん

 

新しく増えたiRの秘密基地!

今後の展開が楽しみです♩

 

いつもご飯のこと考えてる間瀬さん。

 

晴れてご納車を迎えられたお客様。

いつもミニとお客様の納車写真を撮らせて頂いてますが、たまには担当営業の中山さんも一緒にパチリ。

 

雨上がりのiR MAKERS。

 

こちらも雨上がりのiR。

 

iRのシンボルとも言える「FACTOR」

 

シンボルと言えば、iRのHPでもよく見るこの写真。

これはiRオープンの時に撮影されたiRオリジナルのビジュアルショットなんです!

本当に良い写真♩

 

こちらは武藤さんの一人娘あんちゃん。スタッフを癒すお仕事中。

 

撮影を教える三河くん、教わる久保敷さん。

 

新緑の季節。

向かいの塀にアイビーが生い茂ってどんどん緑化!

 

休憩中にチェロを弾く三河くん。

 

人気のユニオンジャックミラーカバー。

 

新入荷ミニを撮影中の中山さん。

次はどんなミニが入荷するのか、乞うご期待♩

 

コンバーチブルを購入されたかわいいお客さま。

 

スタッフみんなで記念撮影をしようとしている所を撮影。

間瀬さんはピースをしているが絶対食べ物の事を考えているに違いない。

 

スタッフの斎藤くんが撮った一枚。

このローバーミニが欲しくて狙っているのだそう。

 

閉店後のショールーム。ミニたちも仕事を終えておやすみなさい〜。

 

以上、iR & iR MAKERSの日常風景でした♩

 

それでは最後に、普段はプロのチェリストで、8月からチェコに音楽留学してしまうアルバイトの三河くんの

チェロ演奏でお別れです!(注:営業中は奏でておりませんw)

 

 

本日も、そんなiR & iR MAKERSにて皆さまのお越しをミニたちと共にお待ちしております!

 

 


MINI BLOG

2019.05.11

自動ブレーキは当たり前!?BMWミニのアクティブクルーズコントロールについて知っておきたい基礎知識と活用方法

 

BMWミニの第3世代から追加された新機能である、ドライビングアシストとアクティブクルーズコントロール。

名前はなんとなく聞いたことあるけど実際にどういった機能でどうやって使うのか?

装着されている方でもイマイチ使い方がピンときてない方も多いのでは?

最近、自動車事故の悲しいニュースが続いるので、「明日は我が身」と気を引き締め、

安全装置との上手な付き合い方をしっかりと把握しておきたいところ。

今回は知っているようで知らないミニの安全装備の詳細や、気になる自動ブレーキの性能も含め深掘りしてみました。

まずはBMWとMINIの公式動画を交えてその機能毎の説明から。

 

※今回はこの動画で紹介された機能の一部の紹介となります

 

ドライビング・アシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)

ドライビングアシストはルームミラーの裏側に取付けられたカメラで車間距離を測定。

前方車両に近づきすぎたときや、衝突の危険を察知した場合、警告音を発しドライバーに警告。

また事前にブレーキ圧を調整することでブレーキのレスポンスを早め、ペダルを踏み込んだ際にブレーキがかかりやすくします。万が一の際はブレーキ機能を作動させ、被害の軽減をサポートします。

 

 

つまり…

ドライビングアシスト機能がついているミニなら、危険を察知した際に警告が鳴り、自動でブレーキがかかりはじめるよ、ってことです。

万が一の際に衝突しにくい状態にする安全装備、安全性能と呼ばれるものになります。

 

アクティブ・クルーズ・コントロール

アクティブ・ クルーズ・コントロール(ACC)は希望速度を設定しておくと、車両は自動的にその速度を保ちます。

前方走行車両が遅く、車間距離が詰まってしまう場合、許容される範囲で前方車両の速度に合わせ自動的に速度を調節します。

車間距離は段階的に自身で設定が可能。

なおF55、F56、F57、F54初期モデルのアクティブクルーズコントロールは時速30km以下になると自動的キャンセルされ、その機能は停止します。

 

つまり、

時速30km以上でこの機能を設定すれば、前の車に勝手についていきます。アクセルもブレーキも踏まずに。

その代わり、止まるときは自分でブレーキを踏んで止まりましょう。って機能です。

高速道路などで有効活用できそう。これは安全装備というより、どちらかというと快適装備。

 

アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)

 

 

F54の後期型やF60の場合、上記のアクティブクルーズコントロール機能を、時速0kmまで車両が自動制御してくれるようになります。(STOP)

数秒の停車であれば、前車が動き出すとまた自動的に追従再開。(GO) 長い停車の場合は一度機能がリセットされますが、ステアリングのボタン1つで追従が再開されます。

 

つまり、

前の車が止まったら、自車も止まる。動いたら動く。前の車の真似をする自動運転に近い機能です。

渋滞時や街中といった使用の幅が広がり、日常で使える快適装備、いやもはや極楽装備!?

 

※コーディングすることでF55、F56、F57、F54初期モデルにもストップ&ゴー機能が追加できるようです。コーディングの詳細はまた後日!

 

クルーズコントロールとアクティブクルーズコントロールの違い

 

 

第3世代のミニから新たに設定されたアクティブクルーズコントロールと(ノーマル)クルーズコントロール。

前項までの説明で既にお気づきと思いますが、その違いは「自動追従機能」の有無です。

実はクルーズコントロール自体は、第一世代ミニから設定があり、自動追従機能こそありませんが、希望速度を設定するとアクセルを踏まずに設定速度のまま走り続けることができます。速度も手元のボタンで加減速できるので、交通量の少ない高速道路の長距離ドライブなどに重宝します。実際に、この速度設定のみのクルーズコントロールを条件に探されているお客様や、後付けでクルーズコントロールを装備する方も多くいらしゃいます。

 

ステアリングの違い

クルーズコントロール付きステアリング

 

 

第3世代で、スピード設定のみのクルーズコントロール付きの場合、写真のようにステアリング左側手元に円形スイッチが追加されます。真ん中のボタンを押すとクルーズコントロールが作動。RES CNCLボタンを押すと直前に設定していた設定で再開、および中断。+/ーボタンで設定速度を加減速させます。

(LIMボタンは速度制限設定時に使用。クルーズコントロール設定時は使用しません。)

ちなみに第2世代のクルーズコントロール付きステアリングはこちら。

 

 

LIMボタン以外がシンプルな形状で配置されています。第2世代と第3世代でクルーズコントロールのスイッチがステアリングの左右逆に装着されているので注意しましょう。

速度設定のクルーズコントロール機能だけでも十分便利なんですが、もし中古車で自動追従機能付きのミニが欲しい!とうことであれば、次のボタンが追加されているミニを選びましょう。

 

アクティブクルーズコントロール付きステアリング

 

 

ハンドル左側にあるアクティブクルーズコントロールのスイッチに加え、自動追従時に前走車との車間距離を設定する為の小さな丸型スイッチが追加されているます。上が前走車との距離を縮めるもので、下が前走車との距離を広げるためのボタンになります。

 

 

外観の違い

外観でクルーズコントロールとアクティブクルーズコントロールを見分けるポイントはフロントガラスの上部、ルームミラーの裏側辺り。アクティブクルーズコントロール付きの車両は、この位置に、前走車との車間距離を感知する単眼カメラが取り付けられております。

 

クルーズコントロール付き

 

 

アクティブクルーズコントロール付き

 

 

ミラー裏というより、少し上?にある台形の部分に単眼カメラが設置されています。

単眼カメラは自動ブレーキをはじめとしたドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)にも使用されるため、基本的にドライビングアシスト付き=アクティブクルーズコントロール付きとなります。

 

 

自動ブレーキは本当に止まるのか?

damImage.wide.600w.j_1486373530575

 

最後に、安全機能の1つである衝突回避・被害軽減ブレーキについて。気になるのは、万が一の時に止まってくれるかどうか。結果的に言うと国産車の自動ブレーキ機能と比べると、BMWミニの自動ブレーキの性能は発展途上といったところ。これに関しては自動車事故対策機構が2015年に行なった予防安全性能試験の結果が公表されておりますのでご参考まで。

(参照: http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/list_search_mini.html)

 

対停止車両 時速20km

自動ブレーキで止まりました。しかし時速30km以上になると、止まりきれずに衝突。

 

対停止車両 時速30km

 

対定速走行車両 45km

こちらも衝突してしまいましたが、アクティブクルーズコントロールを作動させた状態であれば、車間距離を保ちながら追従しているはずです。

公開されている試験結果は2015年のものなので、ストップ&ゴー機能が追加された後の試験結果がないことや、BMWミニの自動ブレーキの性能自体もこのころから進化しているはず。

本当はiRの在庫車両で最新の自動ブレーキ性能について試してみたいところでしたが、商品車でそれをする訳にはいかないのと、もう少し長生きしたいので今回はご勘弁を。

 

BMWミニの安全機能は年々改良されていき、私たちドライバーを守ってくれる頼もしいクルマに進化していくでしょう。でも最終的に愛車のミニを守るのはあなた自身!完全自動運転とか完璧な自動ブレーキでクルマに頼りっぱなしになるのではなく、ミニぐらいの性能で、もちつもたれつ(?)の方が愛着が湧くよね!?ってことでやっぱりミニって最高って話!


MINI BLOG

2019.05.04

大切なMINIを売るのはやっぱり専門店!?BMWミニ売却を検討中の方必見!最新買取強化車種はコレだ!!

 

iR(イール)ではおかげさまで、毎月ミニの中古車の販売、買取サービスを通して日本全国のお客様にご利用いただいております。そして現在、販売好調中につき在庫車がまだまだ足りていません!

 

今回のブログでは、いま(2019/05/04現在)iRで喉から手が出るほど欲しいBMWミニの高価買取強化対象車種をご案内いたしますので、ミニのご売却や、ミニからのお乗り換えを検討中の方など、ぜひぜひご相談ください。 iRは日本全国の良質なミニを求めています!

MINIの売却はやっぱりミニ専門店で♪

 

買取フォームをご利用の方はこちら

 

 

 

 

BMWミニ買取強化車種を大公開!

ミニなのに5ドア? 今ミニは5ドアワゴンが熱い!

ミニといえば可愛らしいデザインとコンパクトサイズの3ドアハッチバックのイメージが強いかと思います。もちろんそれは間違っていませんし、私も大好きです! ただ近年ミニにも様々なボディバリエーションが登場し、ファミリー向けとなると3ドアで4人乗りのミニよりも、5人乗りでいざとなれば荷室に荷物もたくさん積める5ドアのワゴンモデルに注目が集まっています。

 

【ミニクロスオーバー】 R60(2011年〜) F60(2017年〜)

※対象グレード(クーパーS・クーパーD・JCW)

 

関連ブログ

これでもっと好きなる?!ミニクロスオーバーの魅力とは?メリットからデメリットまで、まるごと全部教えちゃいます!

現行型ミニクロスオーバー(F60)を徹底解剖!先代クロスオーバー(R60)からどう進化したのかCheck it out!

 

ミニクロスオーバー クーパーS (R60)

 

ミニクロスオーバー JCW (R60)

 

1 (840×560)

ミニクロスオーバー クーパーD (F60)

 

 

【ミニクラブマン】 F54(2016年〜)

※対象グレード(クーパー・クーパーS・クーパーD)

 

関連ブログ

超意外な事実が判明!現行型ミニクラブマン(F54)とライバル車種を比べてわかったこと!ボディサイズ比較ランキング!

「ちょいお洒落なファミリーカー」が欲しいなら、車体価格200万円台からの2代目ミニクラブマンはいかが?

 

ミニクラブマン クーパー(F54)

 

ミニクラブマン クーパーS(F54)

 

ミニクラブマン クーパーD(F54)

 

 

春夏秋冬!ミニでオールウェイズオープンドライブ!

爽やかな風、気持ちの良い日差しを浴びながらのドライブは最高に気持ちの良いものです。四季折々の季節の匂いを感じることができるオープンカーは非常に贅沢な乗り物と言えるのではないでしょうか。私も仕事やプライベートで上手くいかないことがあった日は、幌を開けてのオープンドライブで気持ちをすっきりさせていますw

ご存知の通りミニにもオープンモデルの「ミニコンバーチブル」「ミニロードスター」がありますが、非常にタマ数が少ない為なかなか条件に合う一台に出会うことが難しいクルマです。

そんな希少なミニのオープンモデルをiRでは探しています!

 

 

【ミニコンバーチブル】 R57後期型(2012年〜) F57(2016年〜)

【ミニロードスター】 R59

 

関連ブログ

春も夏も秋も冬もEverydayオープンドライブ!MINIコンバーチブルの魅力を知ればあなたも欲しくなる!?

春夏秋冬オールウェイズオープンドライブ!現行型MINIコンバーチブル(F57)の魅力を紹介!人生で一度はお洒落なオープンカーに乗ってみませんか?

不遇のミニ?時代の波に勝てなかった名車「ミニロードスター(R59)」を徹底解剖!

 

ミニコンバーチブル クーパーS 限定車ハイゲート (R57)

 

ミニロードスター JCW (R59)

 

ミニコンバーチブル クーパー (F57)

 

 

自由自在に操る楽しみ!ミニはやっぱりマニュアルで!

ミニ特有のキビキビとしたゴーカートフィーリングを味わうならやっぱりマニュアルじゃなきゃ!なんて方も多いと思います。一度乗るとやみつきになっちゃうなんて声もちらほら。ATでも十分走りを楽しめるミニですが、MTならさらにミニ本来の走りを楽しめちゃいます♪ 輸入車全体で見ればミニのマニュアル比率は高めな方ですが、それでも全体の1割以下です。

そんな今にも絶滅危惧種になってしまいそうなミニのMT車をiRは求めています!

 

全モデル対象 各マニュアル車

 

関連ブログ

【MINIライバル比較】ミニクーパーにマニュアルで乗る魅力!

MINIだからこそあえてマニュアルを選ぶ!その魅力とは!?【MTの販売強化中!】

 

 

ミニクラブマンJCW M/T(R55)

 

ミニコンバーチブルJCW M/T(R57)

 

 

1 (840×560)

ミニクロスオーバー クーパーS M/T(R60)

 

買取フォームをご利用の方はこちら

 

さらにプラス査定のオプションパーツはこれだっ!

純正レザーシート(シートヒーター付き)

 

BMWミニにはメーカーオプション(新車製造時)として様々なカラーのレザーシートが選べるようになっています。レザーシートが装着されているだけで、車内は贅沢でワンランク上の空間に生まれ変わります。

当然革のコンディションが良い方がプラス査定となり、革の切れや破れ、落ちないような汚れはマイナス査定となりますので注意をしてくださいね。

 

 

ナビゲーション+バックカメラ

 

近年必須装備とも呼べるカーナビゲーションとバックカメラ。後から装着することは基本的には可能ではあるのですが、ミニはモデル問わずパーツ代や取付け工数の関係で費用はとっても割高。ですので、初めからナビゲーションとバックカメラが装着済みのミニはその分プラス査定にさせていただきます。

 

 

ドライビングアシスト

 

第3世代F系ミニから採用された装備です。アクティブクルーズコントロール(全車追従式のクルーズコントロール)、前車接近警告(歩行者検知機能付き)、衝突回避・被害軽減ブレーキ機能の3機能がセットになったオプション機能で、近年ニュースなどで度々報道されているせいもあり、とても注目度の高いオプション装備になります。

ですが、ミニのオプションの装着率としてはまだまだ高い方には入りませんので、ドライビングアシスト装着車は高値で買取させていただいております。

 

 

整備履歴がわかる記録簿・メンテナンスノート

 

一般の買取専門業者は整備記録簿はほとんど見ません。実際私も以前勤めていた会社の時はそうでした。次に高く売れるかどうかということが大事で、車の中身(内部のこと)はどうでもいいんです。

しかしiRでは、ミニを買取(下取り)させていただく際、しっかりとした整備記録がある場合はプラス査定にさせていただきます。次のオーナー様に自信を持っておすすめできるかどうかがとっても大事なんです。

 

 

ミニへの愛情♪

IMG_0073 (750x500)

IMG_2008 (750x499)IMG_7116-(750x500)IMG_4684-(750x500)

IMG_4506 (750x500)IMG_4220-(750x500)IMG_0723 (750x500)

 

「点検はMINIディーラーで定期的に整備している」「ボディーコーティングや洗車はかかさず行い、常にピカピカ!」「車内でタバコは絶対吸わないし、いつも綺麗にしている」「急ブレーキ、急発進などはせず、車に優しい運転を心掛けいる」などなど、なんでもかまいません!ミニへの愛情ポイントも最大限プラス査定させていただきます♪

 

買取フォームをご利用の方はこちら

 

iRの買取り額が他社よりも高い理由

理由その1 自社で直接販売

基本的に買取専門店はオークションの落札相場から15万円~30万円くらい下げた金額を提示します。買取金額が低ければ低いほど収益が出るビジネスモデルだからです。(だからTVCMやラジオCM、ネット広告にバンバンお金をかけられます)

でもiRは販売価格を基準にして買取金額を算出します。なぜなら基本的に自社で直接販売するので、余計な流通マージン(陸送費、オークション手数料、買取利益)が掛からない+直接おクルマを査定できるからオークション相場以上のプライシングが可能なんです!

 

理由その2 創業から20年、ミニ専門店としての自信

専門店ならではこそ、装備や細かなオプション、その時売れ筋のボディカラーなどきっちりプラス査定させていただきます。他業者では年式と走行距離だけでほとんど値付けをします。
またあまりミニに詳しくない方でも大丈夫!当社は”BMWクオリティパートナー認定ショップ”なので、車検証に記載されている車体番号が分かれば、BMWのデータベースから新車時の車両の仕様やメーカーオプションまで検索することができます。だから強気の価格提示ができるんです!

 

理由その3 ミニに対する愛情でさらにもう一声

ミニ好きのスタッフ達が働いていて、ミニ好きのお客様達が集まる。iRはそんなお店です。「せっかくだったら、次も良いオーナーに乗ってもらいたいから!」そんな理由で売却される方もたくさんいらっしゃいます。本当にありがたいことです。ご利用いただいたオーナー様のお気持ちをしっかり受け止めて、ミニに対する愛情もさらにプラス査定させていただき、嘘偽りのない適正価格で評価いたします。

 

 

iRが選ばれるその他のポイント

買取専門店のようなしつこいアタック営業はいたしません!

買取比較サイトをご利用した事のある方なら分かるはず!何社からも執拗なまでの営業電話に苦しめられるのはストレス以外何者でもありません。あの手この手の営業トークで、その場で即決するまで帰れないなんてことも日常茶飯事です。

でもiRなら大丈夫!最初から適正な金額を提示し、実際におクルマを査定してプラス査定できる箇所はきっちり加算して査定額の提示を行います。もちろんしつこい電話営業もいたしませんのでゆっくりご検討頂けます。

 

安い金額での買取は禁止?!

一般の買取専門店などとは違い、安すぎる買取は社内で禁止されており、すべてのお客様に対して公平さを保つ為適正価格で買取をしなければならないルールになっています。ちょっと大げさに言えば、あまりに安い金額で万が一買取をしてしまった場合は、担当の営業が会社から怒られてしまうこともあるということです。

 

後日の金額変更(減額)もなく安心

「高い査定金額を出してもらったが、検討する為に一旦持ち帰り、数日後に売却しに行ったら最初に聞いた査定金額からかなり低い数字を提示されてしまった」 中古車買取で日常的に起きるトラブルの一つです。ちなみに業界用語で「高振り」と言います。要は、その場で即決しないお客には、また戻って来てもらう為に「実際は買い取ることができない金額まで高く振っておく」という営業手法になります。

iRでは当然そのようなことはいたしません! お客様との信頼関係があっての商売だと考えております。

 

信頼、確実な名義変更

iRではお買取り後、期間内に名義変更を確実に行います。売却したはずの車の自動車税が届く、駐車違反の連絡が警察からきた、などの、名義変更トラブルなどはありえません!

 

買取契約後のクレーム請求なし

買取専門店などでは買取契約後、後から発覚したクルマの故障や修復歴などによるクレーム請求されるって知ってましたか? (一部の買取専門店では有料でクレーム請求をしないというサービスがあります) 買取業界では減額交渉とも言います。

もちろんiRではそのようなことはいたしません!(瑕疵担保責任は除く)

 

迅速なお振込

「大手の買取専門店だから入金は安心」なんて思っていませんか? 蓋お開けてみたらフランチャイズ店で実は個人経営のお店、さらに中々入金がされずにトラブルに・・・、なんて心配はいりません!

iRではお車と必要書類が全て揃っていれば、なんと最短で翌日のお振込みも可能です! 

(※所有権、残債がある場合は除く)

 

ミニからミニへのお乗り換えがスムーズ

一度ミニを所有するとその次もまたミニに・・・。なんて方が多いのもミニというクルマの特徴です。常時約100台近くの在庫があるiRですから、目当ての車もすぐに見つかり納車と同時に今のクルマと入れ替えるなんてことも簡単にできちゃいます。当店でのお乗換えが4台目なんていうヘビーユーザーもいらっしゃいますよ♪

 

 

まずはお気軽にご相談ください!信頼の高価買取をお約束いたします!

 

直接ご来店の場合

iRショールームにてお車を拝見させて頂き査定額をご案内致します。

※ご来店の前にご連絡をいただけますとスムーズな対応が可能です。

 

tel:03-5797-2288
 

出張査定をご希望の場合

東京都、神奈川県、地域を中心に出張査定も積極的に行っております。(ご予約制)
iRに是非譲っていただきたいと思うミニや、レア車、極上車などは、出張査定エリア外でもお伺いできる場合がございますので、どうぞお気軽にご相談ください。(恥ずかしからずにw)
※スケジュールやエリア等によっては承ることができない場合もございます。
 

出張査定受付電話番号 03-5797-2288

買取担当 阿部宛て

出張査定受付時間11:00〜18:00(定休日:月曜日 祝日の場合は火曜日)

 

買取フォームでの簡単見積もり

買取フォームでのお問い合わせにも対応しております。

フォームに必要事項を入力していただき、後ほど概算査定額を、お電話かメールにて返信致します。

 

買取フォームをご利用の方はこちら

 

お電話での査定問い合わせ

お電話の場合、概算の査定額を算出するために下記情報をお伺い致します。

1.年式

2.グレード

3.ボディカラー

4.走行距離

5.オプション&改造、修復歴の有無

※車検証をお手元にご用意いただきお電話ください。

 

査定受付電話番号

03-5797-2288

買取担当 阿部

営業時間10:00〜19:00(定休日:月曜日 祝日の場合は火曜日)

 

 

ミニ専門のiRだからこそ、BMWミニの買取には絶対の自信があります! しっかりとした教育を受けたスタッフがプロの目を持ってお客様の愛車を査定させていただいております。BMWミニを売却する際は、安心してiRにお任せください! きっと満足していただけるはずですよ。

それでは、ミニオーナー様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 


MINI BLOG

2019.04.26

【MINI中古車購入サポート】販売価格と総額って違うの!?わかりずらい諸経費について徹底解説!

 

ミニに限った話ではありませんが、新車でも中古車でも自動車を購入する際には税金や手数料など様々な費用が発生します。でも、その内訳ってよくわかりませんよね?

「おっ!安い!!」って思って販売店に問い合わせてみたら、最終的な支払総額が想像以上に高い見積りが返ってきて驚いた!という経験がある方もいるのではないでしょうか。

そこで今日は、中古車を購入するうえで必要となる『諸経費』について解説してみたいと思います。

 

目 次

 

 

そもそも諸経費とは?

 

自動車を購入する際にかかる費用のうち、車両本体価格以外を全部まとめて『諸経費』と言っています。ポータルサイトなどでは、『車両本体価格』と『支払総額(乗出し価格)』という2つの金額が載っているケースがよくありますが、この『支払総額』と『車両本体価格』の差額分が『諸経費』となります。

 

『車両本体価格』 + 『諸経費』 = 『支払総額(乗出し価格)』

 

『諸経費』の内訳は、税金などの「法定費用」と、販売店などに対して支払う「販売手数料」に分けられます。

それぞれさらに細分化されているのですが、ポータルサイトのページ内で全て説明するのは困難な為、基本的には詳細な見積もりを依頼しないと内訳はわかりません。では、実際にはどのような内訳になっているか見ていきたいと思います。

 

購入時にかかる法定費用(税金など)

 

自動車税

車を所有している方が年に一度支払う税金が自動車税です。すでに自動車を所有している場合は、毎年4月1日現在の自動車の保有者に対して1年分が課税されます。

 

■自動車税年額

総排気量税額/年

1501~2000cc

39,500円
1001~1500cc34,500円

 

これに対し、中古車を購入する場合は、4月1日時点の所有者(前オーナーや販売店)が1年分を支払済みです。なので購入月によって自動車税を月割り計算してお支払を頂きます。

 

■自動車税月割り

 4月5月6月7月8月9月
1501~2000cc36,20032,90029,60026,30023,00019,700
1001~1500cc31,60028,70025,80023,00020,10017,200

 

 10月11月12月1月2月3月
1501~2000cc16,40013,1009,8006,5003,200
1001~1500cc14,30011,5008,6005,7002,800

 

3月に購入した場合、購入時に自動車税は掛かりませんが、納車後5月頃に納付書が自宅に届きます。4月に購入した場合は、11か月分を購入時点で支払っていただきます。

 

 

自動車取得税

自動車を購入する際に支払う税金です。『取得税=取得価額(課税標準基準額×残価率)×3%』という計算があてはめられるのですが、複雑なので詳しくは割愛します。

なお、取得価額が50万円以下の場合は0円。モデルやグレードにもよりますがMINIの場合は初年度登録から4~5年目まで課税されます。おおよそですが、1年落ちで5~6万ぐらい、3年落ちで2~3万円ぐらいの金額になります。

 

なお、自動車取得税は消費税率が10%にあがるタイミングで廃止されることが決まっていますが、新たに環境性能割が導入される予定です。

 

 

重量税

車検時に支払う税金です。その名の通り、車両重量に対して掛かる税金で、車両重量が重いほど税額が高くなります。

車検が切れている車両を購入する際には、販売時に合わせて支払う必要があります。車検が残っている車両を購入する場合は重量税は掛かりません。

 

 エコカー減税適用エコカー減税適用外
車両重量免税エコカー*13年未満13年超18年超
~1トン0円10,000円16,400円21,600円25,200円
~1.5トン0円15,000円24,600円32,400円37,800円
~2トン0円20,000円32,800円43,200円50,400円

*エコカー:エコカー減税の対象車種で、新車時に免税ではなく減税の適用を受けたことがある車両

 

エコカー減税対象車両で、初回継続車検の前(3年目まで)の車両を買えば、次の車検時の重量税の減免が受けられます。MINIもディーゼルモデルなどはエコカー減税適用です。

ですが、反対に初度登録年から13年以上又は18年以上経過している車の重量税は上記の税額よりも高くなります。ローバーミニは既に18年経過となっていますので、車検時の重量税は25,200円です。

 

※エコカー減税の適用は初度登録年により変わる場合がありますので、詳しくは直接スタッフにお問い合わせください。

 

 

自賠責保険料

加入が義務付けられている保険です。事故などの際、被害者1人につき死亡3000万・後遺障害4000万・傷害120万までの保証されます。

 

加入期間保険料金
25ヶ月25,750円
24ヶ月24,950円

 

自賠責保険は加入していないと車検を通すことができませんので、車検の際は24か月分を支払います。

中古車の場合、車検が切れている車両を購入する際は25か月分を支払います。車検が残っている車両を購入する場合は、車検の残月分を月割りで計算します。

 

 

リサイクル預託金

廃車にする際に必要となり費用ですが、前払いで納めるように決まっているので購入時に支払いをします。売却で手放す際には戻ってくる費用です。車両ごとに金額が異なりますが、ローバーミニで1万円ちょっと。BMWミニは1.5万~2万円程度です(車両の大きさやエアバックの数によって異なります)。

 

 

ナンバー代

前後のナンバープレートの代金です。特に希望を出さない場合、陸運局への届け出順に連番で振られている番号でナンバーを取得します(一連番号)。

ナンバーに希望がある場合は、事前申請することで希望する4桁でナンバーを取得することができます(希望ナンバー)。

なお、ナンバー代は都道府県ごと金額が異なりますのでご注意ください。関東運輸局内のナンバー代は以下の通りです。

 

都道府県一連番号希望ナンバー
茨城県1,520円4,300円
栃木県1,520円4,300円
群馬県1,520円4,300円
埼玉県1,480円4,200円
千葉県1,480円4,200円
東京都1,440円4,100円
神奈川県1,440円4,100円
山梨県1,520円4,300円

 

また、最近では「ラグビーWカップ記念ナンバー」や「東京オリンピック記念ナンバー」といったナンバーも登場しています。費用は東京都の場合で7,000円で専用ワッペンの付く希望ナンバーに。寄付金1,000円以上を支払うと図柄ナンバーが選べます。

 

 

登録印紙代(陸運局手数料)

陸運局に対して支払う手数料です。現金ではなく陸運局の窓口(ナンバーセンター)で印紙を購入して支払うため印紙代と表記されます。手続き毎に費用はことなりますが、車両購入の際にかかる費用としては下記の通りです。

 

登録区分印紙代
移転登録(名義変更)500円
新規登録

2,700円(小型/5ナンバー)

2,800円(普通/3ナンバー)

継続車検

1,700円(小型/5ナンバー)

1,800円(普通/3ナンバー)

 

単純に名義変更をするだけであれば500円。車検切れの車両を買う(新規登録する)場合は2,700円か2800円がかかります。購入する車両の車検残が少ない場合など、名義変更にあわせて継続車検を通す場合もありますので、その場合には「名義変更(500円)+継続車検(1,700円or1,800円)」です。

これら以外にも、一時抹消や車検証再交付、住所変更など、陸運局で行う手続きには印紙代が発生します。

 

 

車庫証明費用(警察手数料)

車庫証明を申請する際に支払う手数料です。車庫証明は警察の管轄業務なので、警察署で申請を行います。(申請方法は過去のブログでも紹介しています)

警察署での手数料は、申請時と交付時にそれぞれ必要となります(東京だと申請時2,100円、交付時500円)。関東圏の手数料は以下の通りです。

 

都道府県手数料
茨城県2,600円
栃木県2,620円
群馬県2,500円
埼玉県2,600円
千葉県2,750円
東京都2,600円
神奈川県2,600円
山梨県2,500円

 

 

購入時にかかる手数料

車両整備費用

納車前に車両整備を行う場合にかかる費用です。

iRでは、ローバーミニは自社工場のiR MAKERSで徹底的な納車前整備を、BMWミニは提携するMINI正規ディーラーにて認定中古車並みのクォリティーで整備をしております。

 

車検が切れている車両では整備が必須ですが、車検が残っている場合は車両コンディションをお客様と相談した上で整備をするかどうか決めます。なので、車検が残っている車両であればその分お得に購入できる場合があります。

なお、iRでは販売時の整備費用は一律金額でご請求しております。実費を後から請求しない明朗会計で、整備もきちんと行いますのでご安心くださいませ!

 

 

登録代行費用

陸運局での名義変更手続き等を代行する費用です。

 

  • 登録関係書類の作成業務
  • 陸運局窓口への届け出業務
  • ナンバー取付(交換)の業務

 

上記の業務に対してかかる費用です。お店によっては上記を別々に請求する場合もあるようですが、iRでは「登録届出代行費用」としてまとめています。

 

 

車庫証明申請代行費用

警察署での手続きを代行する費用です。お客様自身で窓口手続きをしていただければこちらの費用は掛かりません。手続きは駐車場を管轄する警察署で行いますが、申請と交付の2回警察署へ出向く必要があります。

手続き自体は難しくありませんので、iRで購入されるお客様の大半はご自身で申請手続きをされています。(詳しい申請方法は過去のブログでも紹介しています)

 

 

納車費用(陸送費用)

車両を自宅まで運ぶのに必要となる手数料です。上野毛のショールームまで取りに来て頂けれればこちらの費用は掛かりません。大半のお客様はショールームでのご納車をしていますが、遠方で取りに来れない場合などはお届け致します。

輸送方法も、「陸送納車」と「自走納車」を選んで頂けるほか、納車場所も、「自宅」、「職場」、「管轄陸運局」など選んで頂けます。

地域や輸送方法によって金額が異なりますので、詳しくは直接お問い合わせください。

 

 

納車準備費用

納車までに発生する諸手続きや作業の手数料です。

  • 洗車、室内のクリーニング
  • 納車関連の書類準備

といった業務に対する手数料です。気持ちよく納車を迎えて頂くための費用とお考え下さい。

 

 

希望ナンバー申請費用

希望ナンバーを申請する場合に頂いている手数料です。

希望ナンバーは受注生産の為、事前に陸運局のナンバーセンターに届け出て作っておいてもらう必要があります。申し込みが受理され(ナンバーによっては抽選あり)、ナンバー代を支払うと、約3日程で希望ナンバーが交付可能になります。

希望ナンバーはインターネットからも申し込みができますので、お客様ご自身で予約をして頂ければ、こちらの費用は頂きません。

 

 

車検代行費用

車検が切れている車両を購入する際、又は購入時に継続車検を通す場合に頂いている手数料です。陸運局の検査ラインを通過させる為の手数料と考えてください。ラインを通す人件費(混雑時は2時間以上並びます)に加え、ヘッドライトの光軸調整やサイドスリップといった車検項目の調整費用も含まれています。

 

 

管轄外登録費用

名義変更は住所を管轄する陸運局の窓口へ届け出が必要となるため、品川陸運局以外での登録の際に距離に応じて頂いている手数料です。

基本的には陸運局の距離に応じて頂いていますが、直接出向けないほど遠方の場合は、手続きを行政書士に依頼しているので、上限金額は決まっています。北海道や沖縄でも極端な金額になることはありませんのでご安心ください。

 

 

諸経費が変ってしまうケース

 

このように、諸経費は色々な項目に分かれており、お客様の条件によっても複雑に変わります。

しかし、カーセンサーやGooのようなポータルサイトでは、『支払総額』として一律の金額を提示をしています。以下の場合には別途費用が掛かりますのでご注意ください。

 

  • 車両整備をする場合(整備費用)
  • 継続車検を通す場合(重量税、自賠責、車検代行費用)
  • 自宅納車をする場合(納車費用・陸送費用)
  • 車庫証明申請を依頼する場合(車庫証明費用、車庫証明申請代行費用)
  • 希望ナンバーを申請する場合(ナンバー代、希望ナンバー申請費用)
  • 3月から4月にかけて購入する場合(自動車税)

 

 

車両価格が安くても・・・

 

このように、中古車を購入する際には、車両本体価格以外にも様々な費用が発生します。なので『車両価格』と『支払総額』を混同しないようにご注意ください。

 

なおiRではカーセンサーなどのポータルサイトに加えて、自社サイトでも『支払総額』の表示を開始いたします。(5月初旬アップデート予定)

その場合も、『最もシンプルな諸経費で算出した支払総額』を掲載しますので、納車月や納車場所、オプションなどを考慮したより精度の高いお見積りをご要望の場合は問い合わせフォームよりお問い合わせください。

 

以前より中古車業界では、支払総額を掲載しなかったり実際よりもかなり安く表示し、車両価格を相場よりグッと安く設定した上で、諸経費にガッツリ金額を上乗せして利益を出すようなトリッキーなお店もあります。なぜそのようなことをするかと言うと、ポータルサイトなどで中古車を検索する場合、多くの方が車種を絞った上で価格順でソート(並び替え)することを見越して、上位表示されることを狙っているためです。

 

昔から「中古車にお買い得はない」と言われますが、販売店も他社との価格競争のなか適正な価格で販売することが永続的な経営をしていく上で大切な事であり、品質の良い人気商品を相場よりも安く販売するということは何かしらのカラクリがあると思うのが普通です。安いに越したことはないけど安いには安いなりの理由があるということですね。

 

iRでは常に価格調査を行っており、その時々の適正な車輌価格で販売させていただいてます。また諸経費につきましてもお客様に不信感を与えないよう納得できる適正な諸経費を頂戴しております。ですのでどこで購入するにしても中古車(新車の場合も)の見積もりを取る際には「◯◯手数料」「〇〇代行費用」などの内容をよく確認し、この費用は何なのか販売店のスタッフに納得のいくまで説明してもらってからハンコを押すようにしてください。