MINI BLOG

2023.09.10公開 / 2023.09.10更新

新型ミニカントリーマン(U25)発表!一新したのはデザインだけでなくモデル名やグレード名にも新事実が!

 

2023年9月1日、MINIはフルモデルチェンジを果たした新型ミニカントリーマン(U25)を発表しました。

 

現在日本では未発表のため、発売時期はもちろん価格もまだ未公開の状態ですが、発表されたデザインや機能面を見る限り別次元の「未来のMINI」になった印象です。

 

大型化したボディサイズや思い切ったデザインの変更点、EVモデルの追加、新しい機能内容だけでなく、あの親しみのあるモデル名やグレード名にも大きな変化があることを独自調査で発見!

 

まずはプレスリリースで発表されたイメージに沿って、デザイン面、機能面から見ていきましょう。

 

 

 

エクステリアの変更点

まずはボディサイズについて。

全長4,433mm

全幅1,843mm

全高1,656mm

と、現行のミニクロスオーバー(F60)と比べ

全長+118mm

全幅+23mm

全高+61mm

大型化されています。

クロスオーバーに関しては、ミニなのにサイズはミニじゃない、2011年の発表当時からよく言われてきましたが、大型化は留まることを知りません。

 

左から初代ミニクロスオーバー(R60)、現行型ミニクロスオーバー(F60)、新型ミニカントリーマン(U25)。

初代ミニクロスオーバー(R60)がとてもコンパクトに見える!!!

 

フロント周りのデザインも大きく変更されています。

特徴的な八角形のグリルフレームは、選択するトリム(オプション)に応じてアクセントカラーの変更ができます。

例えば、Favored トリムの場合は新色 バイブラントシルバーを採用、John Cooper Works トリムではハイグロスブラックとなります。

 

ラジエーターグリルのデザインも大幅に維新されています。

こちらはフロントカメラとミリ波レーダーでしょうか。

特定の条件下(60km/h以下かつ高速道路のようなルート)では半自動運転も可能で、走行中ハンドルから手を放す事が可能に。

もちろん、すぐにブレーキ、ハンドル操作ができる準備が必要ですが、幹線道路での渋滞などでは非常に重宝される機能ですね。

使い慣れてしまうと、この機能の無い車には戻れない!?

 

ヘッドライトはミニの特徴であったクロムラインが廃止された様子。

クロムラインのヘッドライトリングは、少し「目」が大きく見える事でミニらしい可愛い印象だったために、この変更は個人的には少し残念。

ただ、その代わりに大きく湾曲したボンネットや隆起したボディへ目が行くことで、ミニカントリーマンらしい堅牢性を感じる事ができます。

もう一点今までのMINIにない大きな変化が、ボンネットの開き方。

今まではヘッドライト部分がくり抜かれ、フロントグリル上部を境目に大きく開く形状のボンネットでしたが、今回の新型カントリーマンでは、ヘッドライト上部を境目としコンパクトに開く形状に変化しています。

 

リア周りはよりスタイリッシュにスクエアなデザインが取り入れられています。

 

テールランプは以前より採用されていたユニオンジャック柄を継承。

より細身になる事でミニカントリーマン全体のワイドなスタイルが際立つデザインとなっています。

 

フロントエンド、リアエンド共に、垂直に落ちていくようなフォルム。

ここまでデザインが一新し、サイズアップしたのに、ミニカントリーマンであることは一目で感じることができる仕上がりは流石ですね。

 

インテリアの変更点

外観では多くの変更点が見られましたが、内装に関しても全く別の車になったような変わり様!

注目の変更箇所を見ていきます。

 

まずは運転席周り。

ステアリング前方のディスプレイが無くなり、速度計、タコメーターが無い状態。

あるのは大型のOLEDディスプレイが中央に配置されているだけです。(シンプル!)

タッチパネル対応OLEDディスプレイでは速度計や電動モーター用バッテリー残量の表示から、エアコン設定まで、車両の全ての操作が集約されています。

 

以前タコメーターやデジタルメーターに表示されていた情報は、オプションのヘッドアップディスプレイへ投影されます。

前方視界が広いため、ボディサイズを把握しやすく、運転のしやすさが向上しています。

 

エアコン吹き出し口は真鍮のようなアンティークを感じるデザインに。

また、ニット状に編み込まれたインテリアサーフェスはリサイクルされたポリエステル素材を使用。

日本では吸盤や粘着テープでダッシュボードに取り付けるスマホホルダーやGPSレーダーがよくありますが、この素材だと付けられませんね。

これだけ洗練されたシンプルデザインに、余計なものを追加でつけるのは野暮ということでしょうか。

 

エクスペリエンスモードといわれるモードの切り替えを行うことでインテリアの雰囲気をガラッと変えられる仕様。

以前までのエキサイトメントパッケージから、より没入感の高い演出となっています。

 

省エネ運転のグリーンモードや

 

現在再生されているアルバムカラーの色に応じてアンビエント照明が変更されるビビットモードなど。

特に夜間でのドライブには楽しい機能になりそうです。

 

シフトコラムはトグルスイッチへ集約。

ここでシフト操作はかなり斬新!というより違和感!?

慣れるまでは時間がかかりそうな印象です。

左からパーキングブレーキ、シフトレバー、スタート/ストップキー、エクスペリエンスモードの切り替え、ボリューム調整となります。

 

センターコンソールはシフトコラムがなくなることで収納力がアップ。

蓋付きの小物入れが備わります。

 

シートデザインも変更され、オプションでは新たにマッサージ機能も追加。

 

後部座席は6段階で最大12°の角度調整が可能。

後部座席を倒した場合、トランク容量は460リットルから1,450リットルまで拡大ができます。

 

発表される(予定?)のグレードについて

新型クロスオーバーのグレードとして気になるのは、やはり完全電気自動車(BEV)となったミニカントリーマン E

そしてそこから出力をスポーツグレードに引き上げ、かつ4輪駆動としたミニカントリーマン SE ALL4の2グレードには注目が集まります。

 

また海外メディアの記事を見ると、ガソリンエンジンを搭載したグレード、ミニカントリーマン C、4輪駆動のミニカントリーマン S ALL4、及び高出力モデルミニカントリーマン JCW ALL4も用意される予定とのこと。

ディーゼルエンジンも設定されるアナウンスは確認できますが、グレードは明記されておらずDなのかSDなのかは定かではない状態。

 

事前のリリース情報では電気自動車のみという予想もあったため、内燃機関(ICE)を搭載したミニが発表されたことは今回のニュースであり少し安堵しました。

各グレードの受注開始、納車時期や、各グレードの価格差など、今後も続くであろう続報に注目したいところです。

 

日本では大ニュース!?あの親しみのあるモデル&グレード名に終止符!

見た目の変化だけでなく、今回発表された新型カントリーマン(U25)では、モデル名とグレード名にも大きな変更がありそうです。

ここではiRが独自に調査して判明した事実も含め情報を公開!

日本市場にとっては大きな変化となるので、どういった影響が出てくるのか今後の動向から目が離せません。

 

モデル名はCOUNTRYMAN(カントリーマン)の呼称に統一

今まで2011年のデビューから、初代R60、第2世代F60は本国ではCOUNTRYMAN(カントリーマン)の名称で販売されていましたが、日本では大人の事情でCROSSOVER(クロスオーバー)の名称で販売され親しまれてきました。

事情というのは「カントリーマン」という名称が日本ですでに商標登録されていた為なんですが、インターネット上で現在の商標登録を確認したところ、なんとその商標権がBMWに譲渡されていることを確認!

 

つまり!

新型ミニカントリーマン(U25)は、従来のミニクロスオーバーではなくミニカントリーマンとして日本でも発売されるのではないかということです!

 

グレード名からCOOPER(クーパー)の文言が消える???

もう一点気になった点が・・・

グレード名の説明部分にどこにも「COOPER/クーパー」の文字がありません

今回発表された新型ミニクロスオーバーのリアデザインにも「cooper」のレタリングエンブレムはありませんでした。

本国仕様のみなのか?まだ定かではありませんが、「ミニ=ミニクーパー」だと思っている方が多い日本人からすると、長く愛された呼称なだけに、サラっと無くなってしまうのは少し寂しいですね・・・真相はいかに!?

 

新型ミニカントリーマンが発売開始されたら?

フルモデルチェンジは永く親しまれた前モデルからデザインが一新するので、その変化に違和感を抱いたり発表後に賛否が分かれることは、よくあること。

 

それ故、中古車市場ではフルモデルチェンジ直前のモデルの人気が高くなったり、流通価格が高騰するパターンも珍しくありません。

また中古市場が活発な自動車業界(特にMINIのようにデザインへの想いが強いオーナー様が多い車種)は、家電のように新モデルが発表された瞬間に型落ちモデルが一気に値落ちする、という訳でもありません。

新車登録から1年以内の新古車や未使用車などは新車比較で価格への影響も多少出るかもしれませんが、数年以上経過し価格が落ち着いた中古車への影響はあまり出にくいことが予想されます。

つまり、これから値段が下がる(かもしれない)のを待つというよりは、価格が上がるかもしれないことを考慮すると、現行ミニクロスオーバー(F60)をお探しなら今が買い時かもしれません。

 

ミニクロスオーバー(F60)でお探しの方はこちらから公開中のミニクロスオーバー(F60)一覧をご覧いただけます。

未公開在庫や入庫予定の車両も含めると、現在30台(9月8日現在)のミニクロスオーバー(F60)をご紹介可能です、お気軽にお問合せください。

 

 

全車納車前定期点検整備付
6ヶ月間の無料保証(iRロイヤルワランティ)付帯
※支払総額には購入の際に必要な費用(納車前点検整備費用、保証費用、法定費用、自賠責保険料、車庫証明手続代行費用、リサイクル料金など)が全て含まれています。※掲載月現在、在庫店舗での登録(届出)、店頭納車での価格となります。※お客さまのご要望に基づくオプションなどの費用は別途申し受けます。