iR03-5797-2288iR MAKERS03-3766-3232

MINIpedia - Rover/ミニペディア - ローバードレスアップパーツ

ウッドパネル[ ドレスアップパーツ ]

木製のインストゥルメントパネルのことで、ミニのドレスアップパーツとして人気が高い。元来、ウッドパネルはミニに標準装備されたものではなく、上級版のウーズレー・ホーネットと、ライレー。エルフの装備品であった。前者はセンターメーター回りの楕円部分のみ、後者はダッシュボードすべてに張り巡らされたフルトリム。オリジナルの材質はウォールナット(walnut=くるみ材)だが、ドレスアップパーツとしてはローズウッド(rosewood=したん材)が多く使われている。そして95年のクーパーから、日本仕様は全車に標準装備となった。

ハイローキット[ ドレスアップパーツ ]

ミニのラバーコーンサスペンションに対応可能な車高調整装置。ゴム製のラバーコーンは一般の鋼鉄製コイルスプリングと比べえ劣化が早い。このため、車高のバランスが狂いやすく、とりわけ常時荷重のかかる運転席側(右ハンドル車は右前輪、左ハンドル車は左前輪)に傾く場合が少なくない。これを簡単に修正できるのが、このパーツ。無段階に調整できるので、雪道や悪路走行時には車高が上げられ、一方、サーキット走行時などには車高を下げる等のセッティングが思いのままとなる。

FRP[ ドレスアップパーツ ]

Fiber Reinforced Plasticsの略で、繊維強化プラスチックと和訳される。特殊繊維で補強されたプラスチックで、軽量なため、鉄に代わってレーシングカーのボディ等に使用される。ただ、衝撃にやや弱く高価なため、市販車では一部のスポーツカーを除いて、直接衝撃吸収にかかわりのないエアロパーツなのに使用されることが多い。ミニERAターボのフロントエアダム、オーバーフェンダー、サイドスカートはすべてFRP製である。